2017.03.20(Mon):日々の日記
久々にP5を駆って、Hi-bike練習に参加。
平地練習なので、朝早く起きて藤沢TTコースで1時間みっちり
TTトレーニングした後にゆっくり集合場所のお店へ。

なんと、アルカンシェル様が参加。
しまった・・・・朝練などしている場合ではなかった。
後悔しても後の祭り。

小貝川北上で、すでにちぎられ。
吠えながら追いついてまたちぎられ。
もうギタギタにされた。

2kmTTコースではもうメロメロ。
1km程度で足が止まった。

平地でP5に乗って人をちぎることはあっても
ちぎられることはほとんどなかったので
もう、悔しいやら、興奮するやら、楽しいやらで
訳が分からない状態になった。

家につくと220TSSだった。最大心拍数186bpsが3回。
もう、足も手もがたがたで声も枯れ果ててぐったりだった。
200TSSを超えて、しかも6時間走行?
もう、ダメダメになってしまった。


しかし、やっぱり楽しかった。アルカンシェル様、ありがとうございました。
2017.03.03(Fri):日々の日記
初めてスポーツ刊行誌を買った。
特集は「三浦知良 50歳 まだやるよ」
タイトルだけで買ってしまった。

あぁ、久しぶりに良い雑誌を買った。
そうだ、こういう言葉が聞きたかった。

私とは異種のスポーツをしてはいるが
悩むことも考えることも同じ。
そして、同世代。

ありがとう。たくさんの言葉と元気を。
私もKINGとよばれるようになりたい。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
MAPテスト(VO2MAX test)& CP20テスト(FTPテスト)


今週はレスト&テスト週

2/27
 完全レスト

2/28
 夕方:MAPtest

 20分ゆっくりUPしてから200wをスタートして20wずつ1分毎にRamp Upする。
 結果:
  プチプチとANT+無線が切れるが、ギアとペースを維持。
  340wをクリア寸前にANT+の無線が完全に切れる。
  さすがにタイマーが止まってしまい中断。
3/1
 夕方:FTPテスト。
 20分Up後に、20分TTを実施。280w程度を目標に実施。
 1分おきに10wずつ波打ちで変化させて、270~290wに振った。

 結果:
  14分でダウン。273w。
  心拍は8分程度で180bpsを超えたがきつくはなかった。
  なんとなく最後まで「行ける」感じがしていた。
  13分以降、急激に足が回らなくなる。
  90rpmで回していたのが86rpmレベルまで落ちる感じで
  なかなかキープできない。

  脚:疲労感は感じなかった。痛みももちろんない。

  膝:走行時には感じなかった痛みを走行後に感じた。
    立ち上がる時に痛みを感じるのが長引いた

  腰:痛みはない。
    目視では走行時にはかなり左右に振れる感じがあった。

  呼吸:ゼーゼーというかんじではない。詰まることもなかった。
     13分を超えて少し荒くなってきた。

  心拍:200w程度からいつもより高め。140bps程度。
     緊張から来るものかと想像していた。
     しかし、10分前に180bpsを超えて心理的にきつくなる。
     残り10分持つか不安になった。


自分なりの分析:
 とにかく、走行時の体のブレが大きかった。

 ・FTPを超えるレベルのL4~L5のトレーニングが少ないので
  この領域でのパワーの出し方に慣れていない。
 ・結果として、昔ながらの腰を入れまくったペダリングになる。
  腰が入りすぎるため、テンポが遅れ効率が悪くなる。
 ・効率の悪さが、一番に効くのは弱い腸腰筋で足があがらなくなる。
  腸腰筋のストレス防止に心拍が上がる。
 ・体全体には余裕があるのに、足が上がらなくなり、反対の足で必死に
  足を上げようとする。結果として無駄なパワーが増え体の芯がぶれる。
 ・パワーを上げることができなくなり、システムダウン。
 ・膝の痛みは、最後の方の体の崩れが原因で無駄な力が多数入ったため。

自分なりの対処:
 やはり、260wを超える領域での練習量が絶対的に不足している。

 ・FTP以上のパワーで体のブレをなくする練習をする必要がある。
 ・FTP以上のパワーでも精神的にプレッシャーを受けない練習をする必要がある。

 1)LT少し下の短めのインターバルで楽な状態で目視を重視してペダリング矯正
   短いインターバルに対して回数を増やしトータル時間を稼ぐ
   【まず、集中力養成を重視】
 2)集中した状態を少しずつ長くする。トータル時間は変更しない。
 3)集中して20分継続できる練習をする。
 4)パワー域を上げて1)に戻る。  



登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2017.02.21(Tue):日々の日記


朝:
 AeTベース。20分SST 240w

夕:
 HIIT(AnT:Aerobic Capacity interval)
 5x (6x(30s+30s)+180s):VO2Max 100/50 %
 30-30 6本を3分休憩をはさんで5本 

夜:
 ストレッチ


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

AM、LSD; PM、AeT Test; 夜、ストレッチ

AM:
ゆっくり2時間LSD. 180程度ベース。

PM:
 1時間走行後に AeT test 走行時間は2時間弱。
 ゆっくり走行。240wを目標にしてAeT TESTを実施。

 AeTテスト 結果:
  時間: 20:59
  平均心拍 147bps
  平均出力 242w
  平均速度 20.0km/h

心拍数が高めで計測になってしまった。
20分を過ぎて40分まで実施。
心拍は146~150の間。パワーは240w程度。 

EF(平均出力/平均心拍)は1.646で過去最高。
3時間弱走行後にAeTテストでこの数値はなかなかだった。

それでも240wを40分がぎりぎり。
最後はかなりきついカウントダウンになった。
中断の理由は以下の通り

・手 : 左右の手のしびれあり
・脚 : 疲労感はあったが耐えられないものではなかった
     腸腰筋もハムストも動かない感覚はない。痛みもなかった。
・心拍: 心拍数は最高でも150bps。40分できついレベルではない。
・呼吸: かなり荒くなっていた。心拍から考えて少しおかしい。
・退屈: 退屈感覚はない。

脚が持ち上がらない感覚はなかったので、やはりストレスの
根っこは手のしびれなのだろうか。
今一つピンと来ないのだが、実はこれが本質なのかもしれない。



登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

2017.02.19(Sun):日々の日記
CTL:100TSSを普通にキープできるようになってきた。
200TSSを越えなければ、次の日に大きなダメージを与えることもない。
少し疲労感はあるものの、やる気まで消えるレベルではない。

少しずつ体力がつきつつある。
今のレベルからもう20%トレーニング量を増やす工夫をしてみようと
おもっている。
これが、4月までの目標だ。

まずは、ピーキングで構わないので一時的にでも120TSSに到達する
工夫をしてみようと思う。

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2017.02.16(Thu):日々の日記
朝:
 AeT 1時間半

夕:

 HIIT(AnT:Aerobic Capacity interval)
 4x ( 6x(30s+30s)+180s) :VO2Max 100/50 % 

 6本30-30+3分休憩を4セット。
 合計24本30秒のHIITを実施した。
 これで12分VO2MAXレベルのトレーニングをしたことになる。

 24本はここ最近の記録。
 まだインターバルが空きすぎだが脚はなんとかこなせている。
 心拍は最高で153bpsなので、かなり低め。 

夜:
 風呂後にストレッチ。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

2017.02.08(Wed):日々の日記
夕、10UP 40分AeT(240w) TSS 54.2 右脚膝近くの筋肉の痛みで中断



登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2017.02.04(Sat):スポーツ科学
才能 x 努力 ⇒ スキル;  スキル x 努力 ⇒ 達成
達成に対して、努力は2回、効く。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2017.02.04(Sat):日々の日記
朝、30UP 40分AeT(230w) TSS68.4 左手のしびれ、左右ハムストの痛みで中断

夕、230w 40分 TSS120 膝があがらない、脚全体に疲労 ⇒ ケイデンスダウン

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

朝:
SST(LT:Lactate threshold interval)
 5x(8m+2.5m): LT 88~94/50 %
 4本目で子供の邪魔が入ったが合計5本実施。

夕:
 AeT test 走行時間は1時間弱。
 ゆっくり走行。140bpsを上限にしてAeT TESTを実施。

 AeTテスト 結果:
  時間: 20:00
  距離: 7.073km
  平均心拍 141bps
  平均出力 216w
  平均速度 21.3km/h 

 前のポジションよりは明らかにEFは落ちている。
 とはいえ、ポジションを変更した直後のひどさに
 比べれば格段の進歩。 

夜:
 風呂後にストレッチ。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

2017.01.26(Thu):日々の日記
朝:
 AeT走行1時間半。
 うち20分だけ、SSTを実施。
 Zwiftで一緒に走ってくれたアメリカ人女性に感謝。

夕:
 HIIT 走行時間は40分。
 HIIT(AnT:Aerobic Capacity interval)
 12x(30s+30s):VO2Max 100/50 % 

 正直きつい。
 昨日のハードな練習の後であることとNewポジションで高い強度を
 出すのに慣れていないことが重なって、気持ち悪くなるほどだった。

 前に割と楽にでていた360wはでない。330w程度でお茶を濁す。
 
夜:
 風呂後にストレッチ。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

2017.01.25(Wed):日々の日記
正月から始めたポジションチェンジ。
それにあわせてトレーニングスケジュールを変更して1月いっぱいまで、基礎期に。

今まで、定量化しなかった基礎期の主要パラメータをCTL値に設定。
目標値をCTL=100TSSにしていた。

本日、丁度にCTLが100TSSになった。
去年の11月から、3回目のピーク。
前2回は、100TSSをピークにして定常化できずに
すぐに体調を崩して90TSSまで落ちるをくりかえしている。

今回はうまく維持をできるように心がけたい。

幸い、正月から始めたポジションチェンジの混乱は収束しつつある。
心拍数とパワーの比であるEFも元の数値に戻りつつある。

ポジションチェンジは、空力抵抗の低減を主目的にしていたが
思わぬ副産物を生んだ。
永年のトレーニングの悩みの種であった、左腰痛と左太ももの張りが
消えたことだ。
原因は、骨盤のつまりであることはわかっていて、トレーニング後に
ストレッチでだましだまし対処していたが、目覚ましい改善がみられず
悩んでいた。

サドルを変更して、ポジションを大幅に変えたとたんに急にこの問題は
消えた。トレーニング後のストレッチをしてもほとんど痛みを感じないようになり
同時に左太ももの張りも消えた。
疲労が大幅に軽減された感覚もある。
偶然の産物ではあったが、非常にありがたい結果を生んだ。
やはり、いろいろ試してみるというのは意味があることだと痛感した。

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2017.01.25(Wed):日々の日記
永く更新をさぼっていてしまった。

・私的に忙しくなり日記を書く気持ちの余裕がなかった
・FaceBookに書き込みをしていた
・ポジションの変更をしたせいでパワーが極端に落ちてしまった

の3つが主な原因。
とりあえず、FaceBookに記述したことはこちらに転載しておいた。
やはり、記録は残しておくことが重要なので復活することにしようと思う。

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

2017.01.14(Sat):日々の日記
ポジションチェンジして、すでに1週間。予期しないドタバタがあったせいもあって練習は進まず、ポジション慣れもしていない。
仕方なく、ケガをしたと思うことにする。
低強度でしか走行できないと思い込む。
高強度でバンバン追い込む人を見ながら練習するのはつらい。
仕方なく、低強度で長く長く乗り込む。
ポジションに慣れるにはとにかく長く乗るしかない。慣れるしかない。
朝、すでに1時間走行。エアロポジションではなく、ベースバーを握る。まず、べダルの位置とサドルの位置に慣れなくては。
そのためにはエアロポジションでいきなり漕ぐのはダメ。
体が回転を覚えてから、次に体を傾ける。
その手順を避ければ、間違いなく混乱だけが残る。
固定ローラーは混乱を増長するので、3本のみにする。
とにかくこれで慣れよう。脚の回し方は同じ。
まず、体に慣れさせてから、次のステップに。

例え、100万円を超えるTTバイクでも、自分が目指す走行ができないのであれば、そんなものは粗大ごみしか過ぎない。
何が今自分にできるベストかがすべて。安直な妥協をするぐらいなら自転車など全て辞めてやる。

Magura油圧ブレーキシステム。
個人的には非常に気に入っているアイテムではあるのだが、自分で機材をいじりたいと思うときには単なるお荷物にしか過ぎない。
こういう時に、旧来のワイヤー式は自分で取り回しも整備もできるので非常に楽だ。
これを機会に油圧システムの取り扱いを覚えてしまおうか?

Newポジションで4時間140km完遂。
もちろん、まだベースバーでの走行。それでも前と比べて大分ポジションは変化している。
140kmの走行で少し左足に張りがあるものの、持病ともいえる左腰の痛みは皆無。だから予想外に良く持つ。悪くない。
今痛いのは、やはり手のひら。
ベースバーを握る部分が、前荷重どうしても痛くなる。
Newサドルもいい感じ。股間の痛みが完全に取れたので不快感が激減。
非常にご機嫌だ。
でも、大きく一歩進んだ感じだ。
次は、パワーを戻して最後に前屈。Newポジション完成までもう少しだ。

180km 5時間 完遂。TSSは260を超えた。
もちろん分割休憩をいれてだが。
Newポジションは、腰への負担が小さい。腰がおかしくならないので、左足のツッパリもない。
ストレスが少ないので、量を多くしてもきつくない。
なんか、トレーニングを終わった後の疲労感がまったくことなる。
まだ、EFはあまりよくないが、ボチボチ前のパワーは戻りつつある。でも、この疲労感の少なさは特筆もので、何か新しい可能性を感じさせる。
結果論ではあるが、旧ポジション(ロードバイクポジション)はどうも私の体に合っていなかった可能性がある。あるいは、左右のバランスを崩す要素があったと思うべきか。
全くの偶然ではあるが、Newポジションはそれを解決してくれる可能性がでてきた。瓢箪から駒とはこのこと。
ひたすら与えられたポジションを順守してきたが、やはり、今ここでいろいろ変化を与えてみることが良いのかもしれない。

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

2017.01.12(Thu):日々の日記
それにしても、考えるのは楽しい。
情報を集め、分析し、対策を考えて、実行に移す。
一連の作業は、まるで高度な知略ゲームのようだ。
それが人のことであれ自分のことであれ考えつくすのは楽しい。
人生の全てのことはゲーム。
こう考えると、ありとあらゆる難題は苦労ではなく遊びとなる。
考え方を変え、自分の意識を変え、そして生き方をも変える。
その中に本当の楽しさが見えてくる。
結果を求めるな。目標に向かって真っすぐ進め。
知識を集めろ。自分の状況を把握しろ。
目標に向かった戦略と計画をたてろ。
計画に沿った正しい努力を重ねろ。
ありとあらゆることは、これで解決できる。
この年齢になるまでわからなかったことがわかるようにった。
このわかるようなることがまた楽しい。
さあ、迷わず進もう。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

2017.01.12(Thu):日々の日記
シムが到着。流石ネット通販。早い。
練習マシンに早速取り付けてセッティング。
やはり代替品よりしっくりくる。
これで、ポジションは一応できた。
あとは、慣れるだけ。それまではひたすら地獄か。。。
早く体を順応させて、楽しい時間に切り替えたいものだ。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

2017.01.11(Wed):日々の日記
SATORI Adjustable stem これってBarサイズは31.8mmじゃないか。
25.4mmのクロモリバーはどうすればいいんだ。全く!!!
昨日から5時間以上かけてこの始末。もうどこに怒りをぶつけてよいのやら。

頭をさっさと切り替えよう。
それにしても、ノーマルステムって面白い構造しているなぁ。
メンテナンスが面倒ではあるけれど結構合理的につくられているんだ。
アヘッド化しちゃったけど、ちょっともったいなかったような気分。もう、あまりこの世にない製品だもんな。。

SATORI Adjustable stemを一番低く設定。
サドル上端から、ハンドルの中心までのスタック125mm。
大分これで下がった感じだがハンドルの上にパッドを固定するとすると、新規のLeipheimerポジションよりも2~3㎝高くなってしまう。やはりハンドルの下にエアロバーを設置してエアロバーをライザーで上げてポジションをとるしかなさそうだ。

ビデオで自分のポジションを確認。
パッド下端は丁度フォークにつけてあるクラウンの位置に来ている。
SATORI Adjustable stemを一番低くしてそこにベースバーを設置。
T2+を逆付けすると丁度クラウンの高さににパッド下端がくる。
まるで計ったようにぴったりだ。
エアロバーはハンドル中心から-5㎝程度下げてそこにパッドを設置。
こうするとクラウンが丁度パッドに隠れるかんじになる。
フォーク幅で肘が開くのは許容せざるを得ない。
ヘッド部が邪魔になるかと思ったが、ここは丁度肘と肩の間に埋まるので特にポジションの邪魔にはなりそうもない。
・SATORI Adjustable stem
・アルミ円形ベースバー
・Profile design T2+ アルミ
これで、まずポジションは作れそうだ。

なんとか、シムの代替品を手に入れてLeipheimerポジションを再度実現してみる。
ライザーもなんと倉庫から見つけ出し、これで練習マシンの1次形態は完成した。
UPをした後に20分AeTのトライ。。。。
のはずだったが、とにかく苦しい。息ができない。
心拍も170を優に超える。AeT出力だぞ?どういうこと???
8分なんとか継続できて死にそうになる。
なんというきつさか。
今まで2分だったから4倍伸びたといえば、立派ではあるが
このひどいありさまは一体何なのだ??
ビデオの自分の姿はそんなに悪くない。
今の練習環境だとこんなものだろう。
さて、どうしたものか。。。

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

2017.01.09(Mon):日々の日記
Leipheimerポジションをもっと詳しく見てみる。
時代と乗るバイクによってポジションは微妙に違うが、共通的なポイントがある。
彼の肘下はフロントフォークの延長線上に存在している。
そして、サドルの上端から腕一本分下に位置している。
本日の私のポジションは、フロントフォークの延長線上に肘下は来ている。
ただ、少しサドルの上端から腕一本以上下に落ちている。
少し下がり気味なわけだ。
そして、その分エアロバーが上を向いてしまっていてエアロバーの持ち位置が高くなってしまっている。
少し、エアロバー水平方向に戻さないといけなさそうだ。
パッドのライザーがないので、今一つしっかりした肘置きになっておらずこんな調子になっているのだが。。。
ライザーの到着は24日以降。それまでは、我慢我慢だ。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

2017.01.09(Mon):日々の日記
1時間、AeT強度での走行を実施。
140bps 200w強、変わらず。
各種不具合。
・左右の手のひらのしびれ
・座骨内側の痛み
・局所の陣痛
・猛烈な汗(いままでとは比較にならない)
50分を過ぎてからの痛みは激しく、残り10分はかなりの地獄だった。
昨日に比べて脚には痛みはない。激しい疲れも感じない。
汗のかきかたがおかしい。激しく滴る。眼鏡も外した状態でこいだ。
ボトル1Lも軽く1本消費。やはりちょっとおかしい。


前面から妻にエアロポジションをビデオ撮影してもらう。
P5:旧ポジション
クロモリ:Leipheimerポジション
やはり、頭1つ分小さくなる。
ポジションが正面から見ると腕の中心に腹が見えている。
背中は全く見えない。
Leipheimerポジションは、腕にすっぽり腹から上半身が隠れている。
頭を下げた際に、背中が見える。
これは強烈な違いだ。空気抵抗の差があまりにも大きい。
まだ、慣れないがLeipheimerポジションは強烈な武器になる。
まずこれに楽に乗れるように慣れよう。
普通に3本ローラーでLeipheimerポジションを取るのはまだ怖い。
廊下で左右両方に壁がある環境で技術練習を今後追加する予定。
案外、うまく回りだせば回る感覚もある。
パワー練習に技術練習、そして、ポジション作り。
やることがたくさんになってきてなかなか面白い。

1時間、AeT強度での走行を実施。
本日、3時間100km走行。
やはり、状態はあまり変わらない。
各種不具合。
・左右の手のひらのしびれ
・座骨内側の痛み
・局所の陣痛
・猛烈な汗(いままでとは比較にならない)
150bpsで220w程度でるようになる。
技術練習の成果もあり、3本ローラーでLeipheimerポジションを短時間とることができるようになった。パワーは240~260w程度。時間は極めて短い。
まだまだ、安定してポジションを取り続けることができない。
ただ、昨日のようなどうしようもない感じはない。
脚も回るし、パワーもそこそこでる。ケイデンスも上がる。
何より、いままでのポジションのAeTと違うのは、腰の痛みがほとんどでないことだ。終わった後にストレッチをするとわかる。ほとんど痛みがない。
また、全くうまく使えなかったハムストリングスが使えるようになる。
ペダルを回すときに、踏み込むのではなく、太ももの裏側から引っ張るようにおろすとハムストリングスをうまく使える。
疲労感も前のポジションと同じだ。いい感じで回せている。
踏み込もうとすると、とにかくいろんなものがおかしくなる。
バランスも崩れるしあっという間に太ももの前面の筋肉が動かなくなる。
今までのペダリングと同じように腸腰筋で脚を引っ張り上げて、ハムストリングスで脚を下す。これでOKだ。
とにかく、腕の力を抜きたい。ここが楽になると随分違う。
今は腕の力を抜くと座骨内側がきつくなる。
ここを何とかしたい。

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

2017.01.09(Mon):日々の日記
朝から、ポジションチェックしながらの5時間180kmトライ。
やはり、シートポストをひっくり返すのをやめて元に戻す。
オリジナルのサドルは一番前に設置するとBB上に先端が来る。
このセッティングでOKだ。
少しだけ前に傾斜させて前乗りしても、局所が圧迫されないように工夫する。
うん。これでいい。
脚の動きもかなり落ち着いてきたので、3本ローラにする。
140bps 200w強。少しおちているが悪くない。
痛いところもない。
ベースバーを握る状態で、とにかく足の回し方を気にする。
安定させる。
時々片手だけエアロバーに置くが、やはり体がぶれる。
まだ、少し早い。もう少し慣れるまで時間がかかりそうだ。
午前中、とりあえず1時間連続走行終了。

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

2017.01.08(Sun):日々の日記
考えてみれば。
結構長く自転車のトレーニングをしているわりに、ポジションに関して自分で調べて自分で自分で調整したのは初めてかもしれない。
鬼殿のいうことをきちんと守ってサドルすらも上げ下げしないというのが私のスタンスだったからだ。
レース用の機材を自分で手を付けてしまうと何がなんだかわからなくなってしまうというのが主な理由だったのだが・・・
かなり、自転車のメンテナンスもできるようになってきたし、機構系の仕組みも理解でき調整できるようになってきたので、今年からは積極的にトレーニングバイクはいじってみようと思う。
もう、鬼殿のペダリングを「ブレブレ」などと偉そうに評価するようになってきたことだし、自分で自分のペダリングを評価、チェック、修正できるようになってきたのだから、いいタイミングだろう。
明日、またLSDで4~5時間走行をしてみるつもりだ。
ベースバーを握りながら、時々エアロバーを握る感じで。
とにかくどこが痛いか。なんのせいで練習を中断しているか細かく自分をチェックしようと思う。
練習環境や機材の問題なら即座に手をいれよう。
とにかく、やってみることが何より先決だ。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

2017.01.07(Sat):日々の日記

このポジションだと、SMP chronoはちょっときついか。。。
やはり、TT用の先端の太いサドルがひつようになるかもしれない。こればかりは仕方ないかもしれない。
気に入っていたので少し残念だが。。。。

早速自分のポジションをビデオ解析。
Leipheimerと比べると・・・
Leipheimerは、
・サドル前方に乗っている。
・頭がもっと前。手のひらに近いところに口。
・肘の位置は上。膝は肘の最下点より下。
・肘は上だが、手のひらの位置は少しした。
 要するにエアロバーの角度が少し緩い。
うん、大体こんな感じだ。

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

2017.01.07(Sat):日々の日記
国内販売にProfile designのDHパッドのライザーは存在しない。
高々Padを上げるためのパーツ(アクセサリー)を国外から輸入しなければならない。
Amazonはありがたい。こういう時に世界中から必要なパーツ、既に販売が終了してしまったパーツを探して売ってくれる。
手元に届くのは1月24日以降だそうだ。
ポジションを作る作業はそこまでお休みになるが、それまでにできることは済ませておこうと思う。

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

2017.01.07(Sat):日々の日記
とりあえず、Newポジション完成。
一言。いい、すごく楽にLeipheimerポジションが取れる。
脚も思ったほど窮屈ではない。
腕も思ったほどきつくはない。きちんとしめることができそうだ。
首はいままでよりもむしろ楽になる。
肘にかかる負担もかなり減少できそうだ。
ただ、腹筋&背筋を猛烈に使いそうだ。鍛えないと。
あと、慣れていないために脚が暴れてしまい不安定になる。
とてもこれでは安心してこぐことはできないだろう。
しかし、猛烈に前投影面積は減らすことができる。
頭一つ分、さげられそうな感じだ。
追及する価値はありそうだ。

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

2017.01.06(Fri):日々の日記
市販のベースバー。何故か先端が上にそっくり返っているものが大半だが何故これが必要なのだろう?
これにTTブレーキレバーやSTIをつけるとどう考えても斜め上のそっぽを向いた変な取り付けになる。
空力的に考えてもそんなものばかりだ。
なのに、何故かエンドがこういう処理になっている。不思議だ。
いざとなったら、このエンド部分をスパッとかっとしてやればいいのか?

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

2017.01.06(Fri):日々の日記
「DHパッドを斜めに設置。同時に左右パッドを近接させる。」
これって、機材的にはどうやれっていうことなのだろう?
Leipheimerの前面からのTT写真をみると、ベースバーからスタックしてDHバーを支えている結構長めの支柱が斜めに傾いている。
こんな特殊な支柱ってほとんど見かけない。
市販の機材(できれば安価)でこういうものを構成するには・・・
さて、どうしたものだろうか?
2017.01.06(Fri):日々の日記
Leipheimerのポジションを取るために機材に要求するものを整理
・DHパッドを斜めに設置。同時に左右を近接させる。
・エアロバーの長さを腕の長さに合わせる。
・エアロバーの先端を手のひらに合わせるために
 *エアロバーを斜めに設置
 *Lベントなどを採用(エアロバーの先端をベースバー上方に設置)
 などの対処をする必要あり。
・先端に座ることを前提にしたサドル選択
・スタックはあまり問題にならない。5㎝とれていれば十分。
 10㎝確保して、その後スタック量を増やして調節すればよい。

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

2017.01.06(Fri):日々の日記
Leipheimerのポジションの特徴を列記してみる。
・肘の締めがかなりきつい。
 前方からみると肩と腕で逆三角形の前投影。 
・左右前腕がエアロバーの上で接触している。
・真横からみると、まるで上腕が短いように見える。
 (体の中央にかなり肘を寄せている)
・肘から手のひらまでは斜め上に上げ気味(10~20度程度)
・肘は肩から真下におりる。
・DHパッドは肘の少し上(5~10㎝)程度の部分を斜め上に保持。
・前方からみるとDHパッドの裏面が見える。
 上向きにDHパッドを設置している。
・ヘルメットの先端と手の先が同じくらい。
・顎を引き、両手の親指にくっつく程度、体を前に突き出す。
・首は前下に伸ばすが、背中は水平程度。円弧を描く。
・スタック量は小さい。5㎝程度。
 サドルとDHパッドの落差はあまりない。
・積極的にベースバーからエアロバーをかさ上げしてスタック量を
 小さくしている。
・膝と肘が接触しそうなくらい近づける。
 体を比較的高い位置でコンパクトにまとめている。
・上体を前方に移動していて、かなりの前乗り
・シートポストの延長から外れてサドル先端に座る感じ

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

2017.01.06(Fri):日々の日記
年末年始に家族も自分も体調を崩していて、思ったようなトレーニングができていない。
目標は元旦に立てた。やはりターゲットは5月の利根川TT。
ここまでに必要なCP20の値が目標そのものになる。
パワトレの、セオリー通り計画再立案からスタート。
ざっと、大枠のスケジュールと1月毎のノルマは決定。
あと、細かいところは1ヵ月ごとにたてていけばいいだろう。
あとは、スキルの問題。
こっちは、空力特性の追及をしてみようと思う。
今まで、あまりこの分野は手をつけたことがない。
今年は手始めにてをつけていいだろう。
早速、リサーチ開始。
いろいろ調べて目標を”Leipheimer”ポジションにする。
彼とは身長や体格がほぼ同じで、同じ700CのTTバイクに乗ることを考えるとポジション的に参考になるところが多い。
TTバイクに乗っているところの写真の分析を前後左右あちこちから実施してみる。「凄まじい」という表現はまさに彼のポジションに対して使うものだろう。
これをまず模倣することから考えることにした。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村