FC2ブログ
2013.05.11(Sat):メンテナンス記録
2013年5月11日。

バラライカ号: SPDペダルを交換して、SPD-SLペダルに。
        (PD-A530 → PD-R540)
JaVision号 : フラットペダルを交換してSPDペダルに。
        (フラット → PD-A530)

あまりにもJaVision号のペダルが踏みにくくて、足が痛くなるので交換。
ついでにSPDペダルからSPD-SLへバラライカ号もグレードアップすることに。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2013.05.11(Sat):日々の日記
今日はじめてHi-Bikeさんの初心者ライドに参加した。
もう1年半も乗っていて初心者はないだろうというのは
そのとおりなのだが、集団走行の経験がないという意味では
私は完全に初級者だ。

なので、スーパーバイクが欲しいなどと寝ぼけたことを
言っていながら、初心者講習に堂々と(?)出かけた。

9時過ぎからは雨になる可能性が高かったので
当初6人程度の参加予定者がいたとのことだが、結局
私ともう一人の若い女性の2人で講習ということになった。

Hi-Bikeの店長さんとなおこさん2人のエスコートという
贅沢すぎる構成で洞峰公園の駐車場で練習をした。
練習内容は、抜重の練習と左右の荷重のかけ方の練習だ。

抜重の練習は重心を下にした状態からの前方、後方への抜重
による前輪後輪のジャンプの練習。
左右の荷重のかけ方の練習は地面に置いた小型ボトルを
手で倒す(タッチする)練習だった。

これが簡単そうに見えて難しい。
でも、できるようになると、非常にしっかりと体の
重心をかける運転ができるようになる。

よく考えられたトレーニングだ。
1度できればもう忘れないですよ、といわれた。
なるほど、これは3本ローラーと同じ練習だ。

練習をした後に牛久のパン屋さんへ。
30分ほどパンを食べながら雑談したあとHi-Bikeに
もどり終了。

残念ながら、洞峰公園からさきはずっと雨の状態。
距離は短かったものの走行には随分注意が必要だった。

Hi-Bikeで、初めて藤田選手に遭遇!
思わず感動してしまい、握手をしてもらった後にいろいろ
お話を伺ってしまった。
トレーニングのことが気になってしかたなかったので
しつこく聞き入ってしまった。。。いつもの悪い癖だ。
快くいろいろなことを教えてくれた藤田選手、ありがとうございます。
この場を借りて、改めてお礼を。

本当は今日の午後は私事のイベントがあるはずだったのだが
雨のせいで明日に順延となった。
家族みんなでまたHi-Bikeさんに押し寄せることになりそうだ。




走行時間  : 2:13
走行距離  : 37.7 km
平均速度  : 16.3 km/h
最高速度  : 39.0 Km/h
消費カロリー: 1039 KCal

体重    :68.6 Kg
体脂肪率  :20.7 %
内臓脂肪  :9.5 %
体幹皮下脂肪:13.1 %
BMI   :24.3
基礎代謝  :1588 KCal
骨格筋率  :32.4

今日:  38km
今月: 501Km
通年: 5124Km

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

今でもまだ思う。何故、私は新型Shivに決めなかったのか。
多分、いかにも合理的理由は後から付いてくるのだろう。
・タイムトライアルに使えない
・色合いが今一つ。欲しい色は完成車になっている。完成車は部品の交換が必要。
・ブレーキとシフトのケーブルが結構窮屈。取り回しが難しい。

などなど。
でも、多分最大の理由はかっこよくない、と私の感性が判断したからだろう。
妻の評価も今一つだった。息子は途中までshivかっこいいと連呼していたのだが途中から意見を変えた。Cervelo P5の方がかっこいいと。

でも、私はCerveloはべらぼうに高すぎてターゲットに入っていなかった。
しかも、ブレーキは油圧式だ。これを一見簡単そうだが分岐することはとてもできそうもない。
我が家のベーグルパンダレギュレーション「エアロハンドルにもブレーキをつけないのであれば、エアロハンドル使用禁止」にはとても対応できそうにない。

Shivはフレームで買って全て組み立てるつもりだった。
あまり自信はなかった。できれば、こんなふうに作ってほしいとお願いしてお店で組み立ててほしかった。とはいえ、Shivを扱っている近くの店で買うつもりはなかった。見積もりをお願いした時にあからさまに馬鹿にしたような提案をもってきたことがあり、もう話をしたくないとおもったからだ。

そんなとき、ふと思い出したのがHi-Bikeだった。
早速HPをチェックしてShivを取り扱っているか見てみる・・・・駄目だった。
周りにSpecilizedを扱う店舗が多いことも影響しているのか、Hi-Bikeでは、Specilizedは扱っていない。Giantもだ。メージャーどころは扱わないのか・・・? あれ?Cerveloは扱うんだ、なんだ変っているな。

その時ふと頭をかすめたのが、「フレームを買ってきて、組み立ててもらえないか?」ということだった。すぐに携帯で連絡をとった。お世話になった店長さんは不在だった(この時丁度海外で日本代表のメカニックをされていたとのこと)のだが、店員(間違いなく塚田さん)さん曰く、フレームを買ってきてくれれば対応可能とのこと。

これは!!と、私の心は一気に購入&持ち込みに傾いた。

(つづく)



登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

ebayで運命の入札。
誰も札をいれなければ、私のものになる。
これ以上の資金を投入するつもりはなかったので、誰かがもっと高い金額で入札したらもういいやと思っていた。そのくらい軽い気持ちで。

そして、翌朝。
運命的に数ドル差で、私には落札されなかった。
本当に運命だと思う。このあと、何度もebayをチェックするのだが、このバイク以上に良い条件のものを見つけられなかったからだ。
もし、見つけていたらきっと(よく考えもせずに)落札してしまっていただろう。
運よく、いや、本当は運悪くなのかもしれない(笑)、とにかく手元にスーパーバイクは来なかった。

ここから、延々とshiv探し、shivの検討の時代が始まる。
旧型Shivから、次第に新型Shivに私の興味は移って行った。
Craig Alexanderのコナ優勝は勿論気になった。そのほかにもUCI規定を無視したフレームの作りや、ダウンチューブ内のハイドレーションなど「普通と違う」ところが特に気に入った。

自分がトライアスロンをすることはないだろうと思いながら、レースで使えないこのバイクを買ってどうするのか?というのは確かにあった。
でも、こういう変わったものを欲しいという気持ちは強かった。
いいじゃないか、自分ひとりで早く走りたい。もっと遠くへ行きたい。
普通の人が持たない変わったとんがったバイクに乗りたい。
新型Shivはその条件にぴったりだった。

ebayの中古市場では、最小サイズのXSが出ることは少なくしかも価格は中古の割に結構高かった。
円高の補正もあって、shiv comp rivalの価格は非常に手ごろになった。
付いているコンポーネントははずしてしまってDi2にすればいいか?などとも考えた。
今まで日本では販売していなかったshiv proのフレームセットもでた。これを買って組み上げる方法もある。

ベーグルパンダレギュレーション、「エアロハンドルにもブレーキをつけないのであれば、エアロハンドル使用禁止」は、自分でJTEKのパーツを買ってやってしまえばなんとかなるだろう。
少々不安だけど、自分で組み立てるのはいい経験になるし。

あとは、色とデザインと・・・う~~ん。。。
なんか、、、なぁ・・・・う~~ん。
妻も今一つ、デザインも色も気に入らないらしい。私もそう言われるとそんな感じがしてくる。
う~~ん。いじいじと判断しかねる状態が半年くらい続いた。

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

スーパーバイクが欲しいと思い始めたのは、やはり、クロモリ、バラライカ号でポジション出しをしようとしてなかなかうまくいかなかったからだ。
ロードバイクのポジションで、単純にエアロハンドルを握ろうとすると脚の付け根のポイント、股関節の折れ曲がるポイントが非常に窮屈になる。普通、TTバイクやトライアスロンバイクに乗るときには、サドルを前方に移動して腰を立てるようにして股関節の角度を緩くするようにセッティングする。
サドルを前に出せるように、シートポスト角を変更できるようにしたり、ハンドルを落して前に乗り出せるようにしたり、それはそれはいろいろ手を加えてみた。

勿論、やっているときは楽しい。そして、そこそこのポジションは出せる。
シートポスト角が立てて、しかもヘッドチューブを実質的に短くしハンドルの位置を落とす。
そうでなくても重いクロモリに重いステム角変更のサトリポジションチェンジャーをつける。
どうしても重い。ロードバイクとは思えないほどに。

そもそもそんな風になっている、本物がやはり欲しくなる。

最初に目に飛び込んできたのは、Specilizedの旧型Shiv(2009)だった。
物凄い走りを見せたFabian CancellaraのTTバイク。


このバイクでTTなのにガンガン前を走る走者を抜いていく姿は強烈に記憶に焼きついた。
最初は、これが欲しいと思った。
しかし、すでにこの時には、このバイクはUCIのレギュレーションでTTで走ることができなくなっていた。しかも、新型のShivはこれとは姿形が全く違うものになっていた。


新型Shivもいい。でも、やっぱり CancellaraのTTバイクか?
購入目的はなんだかわからなくなってきていた。いかにも、自転車乗りにありがちなパターンである。
新品を買うのは、資金的にも難しそうなのでebayで中古を買おうかと悩んでいた。
サイズはSでいいだろう。きちんとスタックやリーチの確認などせず、私はきっと1番小さいのがいいはずというわけのわからない理屈で、ebayにエントリーされたバイクを毎晩チェックしていた。

そして、1台。誰も入札していないバイクをみつけた。
残り時間は4時間。値段は2000ドル程度。円高の時だったので16万程度だろうか。
反射的にクリックしていた。ebayで初めての入札をしていた。

(つづく)


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Hi-Bikeさんには過去に一度お邪魔したことがある。
私のパナモリ(パナソニック クロモリバイク)のリアエンド幅135mmの相談をしにいったことがあるのだ。
今の主流のロードバイクはリアエンド幅が130mmのものだ。135mmはいわゆるMTBの規格と言われている。本当に最近になってロード用のディスクブレーキが取りざたされるようになって、135mmは復活の可能性がでてきたが、この相談に行ったときは、全然そんな話はなかったころのことだ。

「大丈夫、クロモリだったら135mmでも130mmのリアホイールは入りますよ」

若い技術者はそういった。出会ったときはとてもこの人が店長さんだとは思えなかった。
リアエンドが135mmと聞いて、「変わったバイクですね?」という人はいたが、大丈夫と言う人は初めてだった。
無理かな?と思いながら事情を話して分岐の相談の電話をかけてみると

「是非、実物を持ってきてください。私も勉強になるのでやってみたいです。」

そう。今思えばこの「勉強」という言葉が私の頭の中で何度もリフレインされた。
こういうことを言う人は少ない。しかも、プロであるのに、だ。
実物を持ち込んで話をすると、一声でやりましょうということになった。
何度も私は自分でやって失敗している。アウターケーブルが折れてしまい大きなフリクションがかかって、分岐した方のブレーキレーバーを引いてもブレーキとして機能しないのだ。

1日預かります。とのことだったが、その日の遅くにはすでに完成していた。
私はすぐに取りに行った。夜の10時くらいだったような気がする。

見事にできていた。すごい。店長と思わずはなしこんでしまった。
技術の話は面白い。いろいろなプロのテクニックを教わった。教わってもすぐに私が真似できるようなものではないが。
しかも、料金はワイヤー代しかとらない。どう考えてもおかしい。この作業は大変だったはずだ。コストがかかっておかしくない。

「いえ、私も勉強になりましたから」

店長は笑って、労働代金を受け取ることをやんわりと拒否した。
Hi-Bikeさんの中村店長との付き合いはここから始まった。
彼の技術力と協力はなかったら、私はスーパーバイクを本当に買おうなどとは思わなかっただろう。

でも、まだこのときはスーパーバイクを彼に頼むことになるとは思っていなかった。


(つづく)

走行時間  : 2:41
走行距離  : 67.9 km
平均速度  : 24.0 km/h
最高速度  : 47.0 Km/h
消費カロリー: 2040 KCal

体重    :69.2 Kg
体脂肪率  :21.4 %
内臓脂肪  :10.0 %
体幹皮下脂肪:13.5 %
BMI   :24.5
基礎代謝  :1594 KCal
骨格筋率  :32.1

今日:  68km
今月: 439Km
通年: 5062Km

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2013.05.08(Wed):日々の日記
友達ができた。すいかの名産地。
というわけで、朝練で何度かお会いしている人と初めて話をすることができた。
名前は教えてもらわなかったので、仮にTISOさんとお呼びすることにする。
話をしてびっくりしたのだが、彼も1年間にとんでもない量の走行をしている。
私は1年で2万kmだが、彼は1年で4万キロなのだそうだ。
1日100km走っても3.6万km。どうやればそんなに走れるのだろう??
私よりかなり年上とのことだが、素晴らしく元気な方だった。

私のことは、GIANTのウェアに時々GIANT Javision号に乗っているというので
覚えていてくれたそうだ。
私のパワーメータも興味津々でご覧になっていた。Power2Maxをそろそろ
自分のGIANTのマシンに乗せるのだそうだ。

なんと偶然だが、彼もまたHi-Bikeさんの常連なのだそうだ。
こっちでもまたお会いするかもしれない。

家に帰って息子に話をしたら、何でもこの前のライドの時に会った人?と
聞かれ返された。そうそう、そうだったそのとおり。

また、会いましょうということでいつもの練習コース半分をお供して
今日は別れた。明日、またあうことになるのかな?(笑)



登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
ベーグルパンダレギュレーション、「エアロハンドルにもブレーキをつけないのであれば、エアロハンドル使用禁止」のお達しは非常にきつかった。
ネットでいろいろ調べたのだが、ブレーキワイヤーを分岐するというのは非常に珍しいケースらしく、殆ど実例がない。
1つのブレーキレバーで2つのブレーキキャリパーを動かすというのはピストバイク等を使っている人の中で経験があるようなのだが、その反対に2つのブレーキレバーで1つのブレーキキャリパーをコントロールするものというのはほとんど例がない。

前に記事で書いたことがあるが、その問題を解決する方法としてJTEKという米国の小さな工場が
DoubleContol cable splitterという商品を売り出している。
これを、直接個人輸入して使ってみることにした。
一見、簡単そうに見えるシステムだが、結構良くできている。
これは、ブレーキワイヤーのアウターの中に割り込んで動作するようになっている。
1つのインナーはそのままブレーキに直結、もう1つのインナー(分岐させるほうのインナー)は、アウターワイヤーに割り込むようしてアウターを拡げ、結果としてインナーを引っ張るようになっている。
なので、アウターがある程度自由に動けないと分岐システムは動かない。

写真をみると簡単に設置できるように見えるのだが、実際やってみると結構難しい。
というのも、このスプリッタ―、5cm程度の長さがあり、これがブレーキワイヤーのある特定の部署を占領するようになる。
しかし、エアロハンドルを使っていると空力の関係上ワイヤーをエアロバー等の中に入れたくなる。この要請と、スプリッタ―の設置位置の要請がコンフリクトするのだ。
つまり、スプリッタ―を設置してうまく動かそうとすると、エアロバーの中にワイヤーを通すのをあきらめないといけなくなる。

こういうことは、頭で考えてもだめで実物を見て取りまわしながら考えないと駄目だ。
やってみないとわからないのだ。
実際、私は旨く設置できなかった。そして、HelpをおねがいしたのがHi-Bikeさんだった。

(つづく)



走行時間  : 0:47
走行距離  : 13.4 km
平均速度  : 15.3 km/h
最高速度  : 32.2 Km/h
消費カロリー: 295 KCal

体重    :68.2 Kg
体脂肪率  :21.3 %
内臓脂肪  :9.5 %
体幹皮下脂肪:13.3 %
BMI   :24.2
基礎代謝  :1574 KCal
骨格筋率  :32.1

今日:  14km
今月: 371Km
通年: 4994Km

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2013.05.06(Mon):メンテナンス記録
5月6日。
バラライカ号、JaVision号、ミント号、Hi-Bikeにて(初)洗車。

かなり汚れていた。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
エアロハンドルを付けたクロモリバラライカ号は、いままでとは別の乗り物になった。
確かにハンドル操作はしくにくくなった。しかし、全身を前に倒して、いわゆる前乗りで走る疾走感というものは、いまままでのロードバイクの感覚とは全く異なる。

なんというか、頭と体にスイッチが入ったような状態になるのだ。
自然に脚に力がが入り、スピードが上がる。
凄く気持ちがいい。

楽な乗り方がしたいと思って始めたエアロハンドルなのだが、当初の予定と異なってスピードを出すことが目的になった。
つけるまでは気がつかなかったエアロバーを握った姿勢と言うのは非常に膝がお腹にくっつくようになって窮屈な姿勢だ。
だから、辛い時に取るには向いていない体勢だ。辛くなってくると状態を起こしてドロップハンドルを握ることになる。本末転倒もいいところだ。しかし、そのおかげでこの新しい楽しさを見つけることができた。

エアロハンドルの1つの非常に大きな問題点は、エアロハンドルを握っているときにブレーキとシフトの操作ができないことだ。
シフト操作は仕方ないとしても、ブレーキがすぐに使えないのは非常に安全面からよろしくない。
妻からは、すぐにベーグルパンダレギュレーションが課せられた。

「エアロハンドルにもブレーキをつけないのであれば、エアロハンドル使用禁止」

これは、非常にもっともだ。私もエアロハンドルにブレーキがないままで走行するのは怖い。
実際あわててブレーキをかけようとすると、一度上体を起こしてドロップハンドルに握りかえそしてブレーキ操作をしなくてはならない。
2~3ステップ、どうしてもかかる。これは急な飛び出しや危機回避の際には致命的な問題を引き起こす。

さて、これはどうして処理したものか?

(つづく)


走行時間  : 2:18
走行距離  : 36.6 km
平均速度  : 15.3 km/h
最高速度  : 38.2 Km/h
消費カロリー: 1121 KCal

体重    :68.3 Kg
体脂肪率  :21.1 %
内臓脂肪  :9.51%
体幹皮下脂肪:13.3 %
BMI   :24.2
基礎代謝  :1581 KCal
骨格筋率  :32.2

今日:  37km
今月: 357Km
通年: 4980Km
(息子:総距離 273 km)

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2013.05.05(Sun):日々の日記
息子と一緒に朝5時から霞ヶ浦1周のツーリングにでかける。
風は全くなく、快晴。5時でもすでに陽は高く明るい。
最高のコンディションだった。

霞ヶ浦に到着して、サイクリングロードを走行。
20Km地点で、急に息子の元気がなくなる。
22Km/h程度のスピードで巡航していたのに
急にペースが落ち始める。

なんとか、33Km地点のコンビニまで到着。
息子曰く
「お腹がだるい」

だるい??お腹が?どういう意味だ?? 私は困惑した。
体の不調は他にはないようだ。お腹を壊しているのでも
熱があるのでも、腹筋が痛いのでもない。
とにかくだるいのだそうだ。

コンビニでトイレに行かせて少し落ち着いたがやはり
回復しないのでリタイヤして帰宅することにした。

私はこの時点で、朝食をちゃんと食べていないことと
寝不足なこととからのハンガーノックかな?と思っていた。
食欲はないというのだが、結構な時間走っていて何も
食べていないと明らかにハンガーノックを起こすので
補給食を無理に食べさせていた。

途中、動けなくなってきて道端の草むらで寝させる。
30~1時間程度。
少し回復したので、そのまま走った。
あと、12Km地点でいつもの休憩場所でトイレ休憩に
行くと、その間に食べた物を戻していた。

家まで少しだったので、携帯で妻を呼び出して
タクシーで帰宅させた。

まいった。うっかりしていた。
相手は小6とはいえまだ子供。
きちんと自分の体の把握はできないことを忘れていた。

急いで私もタクシーを追って家に帰ると、案外ケロリと
した様子で息子は布団に寝転んでいた。
ほっと一息。私もなんだかんだで疲れてしまい午後は完全に昼寝

起きたら17時過ぎになっていた。


う~~ん。子供の日にいい記念になるはずが・・・・
思ったようにいかないものだ。
今回のことはいい経験になった。子供とのトレーニングは
大人のようにはいかないとおもってしなくては。

彼らは大人のようにタフではないのだから。


走行時間  : 4:04
走行距離  : 72.6 km
平均速度  : 17.6 km/h
最高速度  : 46.5 Km/h
消費カロリー: 1853 KCal

体重    :69.0 Kg
体脂肪率  :20.8 %
内臓脂肪  :9.51%
体幹皮下脂肪:13.1 %
BMI   :24.4
基礎代謝  :1594 KCal
骨格筋率  :32.4

今日:  73km
今月: 320Km
通年: 4943Km
(息子:総距離 273 km)

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
タイトルがいつもと違う。
でも、私が大好きでちょくちょく拝見させていただいている方の
ブログの書き方を真似させてもらった。

そもそも、スーパーバイク(TTバイク、タイムトライアルバイク)に
興味を持ち始めたのは、クロモリ、バラライカ号に乗っているときに
長距離乗って疲れた時にハンドルに肘を乗せて走り始めたことから始まる。

ハンドルによたれかかって自転車をこげれば楽なのに
という、非常にダレた目的でDHハンドルに興味を持ち始めた。
このころ興味を持っていたのは、ブルベで、長距離走るには
こんなハンドルバーが必要だろうという、ほとんど根拠のない理由から
このDHハンドル(エアロハンドル)に興味を持ち始めた。

早速購入して試してみたのがProfile Designのクリップオンバーだ。

ベンドタイプ
Profile Design T1+ Aerobar

profile_design_T1.jpg

最初は、自分でいい加減に設置しても壊れないやつということで
頑丈そうで、しかもあまりまえつんのめりにならないものが欲しい
ということでこのベントタイプにした。

これが、2012.04.23のこと。もう1年以上も前のことだ。
そう、ベーグルパンダに角が生えた日のことだ。

このころは、DHハンドルがついているだけで楽しいと思っていたころで
FTP向上を目指してトレーニングなどしていなかったころのことだ。
ま、この程度で遊ぶのも良いだろうと思って、値段もそれほど高くない
こともあり、簡単につけて遊び始めていた。

(つづく)

走行時間  : 4:08
走行距離  : 61.9 km
平均速度  : 14.5 km/h
最高速度  : 32.9 Km/h
消費カロリー: 1713 KCal

体重    :67.9 Kg
体脂肪率  :21.8 %
内臓脂肪  :9.5 %
体幹皮下脂肪:13.6 %
BMI   :24.1
基礎代謝  :1571 KCal
骨格筋率  :31.9

今日:  62km
今月: 247Km
通年: 4870Km
(息子:総距離 215 km)

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2013.05.03(Fri):日々の日記
自転車の洗車のことを調べていたら、偶然みつけたページ。

http://www.goocycle.jp/column_hikita/vol7/index.html

自転車の有名人、自転車ツーキニストでいこう!の疋田智さん。
ロードバイクに乗り始めて結構初期にこの人の本を読んだ。
歯に絹を着せない発言が良いと思って結構好きな本(自転車ツーキニスト)
の作者さんだ。

この人がこのページで述べている話は、自動車に洗車場があるように
自転車にも洗輪場があればいいのに!という記事だ。

うんうん、非常によくわかる。
私は、風呂場での自転車の洗浄の仕方を調べていたのだが・・・

なるほど、確かに洗輪場があるのであればそこでお金を出して
洗輪すればいいのだなぁ。。。

最近、ほとんど行きつけの店になっているHi-Bikeさんはまさに
この洗輪場を提供してくれている。
セルフ洗車、という名目で場所と洗車用の道具と消耗品まで貸してくれる。
この前、息子のロードバイクの洗車のお手本まで見せてくれた。

そっか。自分で準備しようとしないでHi-Bikeさんのところを
貸してもらえばいいのだな。うん、なんて都合の良いところに
すんでいるのだろう。こんな地の利を使わない手はないな。

妻には、この連休中に家の全部のロードバイクの洗車を
お願いされている。
さて、1台ずつ乗り付けて、洗車場所を貸してもらうとしましょう。
ありがたや、ありがたや。

走行時間  : 1:49
走行距離  : 56.8 km
平均速度  : 27.8 km/h
最高速度  : 44.3 Km/h
消費カロリー: 1613 KCal

体重    :67.9 Kg
体脂肪率  :22.3 %
内臓脂肪  :9.5 %
体幹皮下脂肪:13.9 %
BMI   :24.1
基礎代謝  :1568 KCal
骨格筋率  :31.6

今日:  57km
今月: 185Km
通年: 4808Km


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2013.05.02(Thu):日々の日記
朝、天気予報では晴れだったので勇んで朝練に出かけたら
なんと雨。なんでも昼間まで続くそうだ。
結構ぬれてしまって撤退。午後から走りなおすことにした。

昨日、Hi-Bikeにお邪魔して、次期TTバイクの試乗(ろいろな
セッティング、整備&調整はできるようになるのであろう。
でも、この「乗り心地の良さ」までは、とても作りえることは
ないだろうと思う。
ためしのり)
をさせてもらって思った。
これは、「私にはできない」と。
プロの仕事でなければ、できないことだ。

確かに、アマチュアでも何度も訓練すればある程度はい
最高のセッティングができるのは、本物の技術者だ。

今回、Hi-BikeさんにTTバイクのカスタマイズをお願いしたのは
本当に正解だったと思う。
なんだかんだはあったし、紆余曲折はたしかにあったが
最終的には私がまさに望んだものが出来上がった。

これは、やはりプロの仕事だと思う。
モノにお金をかけるのは、私は乗り気がしない。
しかし、プロの仕事にお金をかけるのは悪いことではない。
人の知識と技能と努力にはお金を払う価値がある、私はそう思うのだ。

ロードバイクの世界を最初に見たときにメンテナンス費用
の高さに辟易してしまい、自分でなんとか整備してその費用を
浮かせようとしたことがある。
でも、プロのメンテナンスにお金を投じることは間違いではない。
むしろきちんと整備してもらうことを考えるとその費用と
いうのはむしろ格安なのかもしれないと思うようになった。

同時に、できれば自分でもプロのレベルの整備、メンテナンスが
できるようになりたいともおもうになった。
できるようになること、それ自身が「楽しみ」でもあるからだ。



プロのお仕事、私は評価を変えた。


走行時間  : 5:15
走行距離  : 115.6 km
平均速度  : 21.6 km/h
最高速度  : 48.9 Km/h
消費カロリー: 3603 KCal

体重    :67.9 Kg
体脂肪率  :22.3 %
内臓脂肪  :9.5 %
体幹皮下脂肪:13.9 %
BMI   :24.1
基礎代謝  :1568 KCal
骨格筋率  :31.6

今日: 116km
今月: 128Km
通年: 4751Km


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2013.05.01(Wed):日々の日記
今日はGWモード。
会社も休みをとってのんびりの予定だったのだが・・・
昨晩遅くまで、家族のことで時間をとられ・・・
今日の午前中は会社の仕事の残りをしなくてはならず・・・

あぁ、また走れない。
雨予報だったのが、晴れになったのだから走れたはずなのに。
残念。

午後は妻と娘と一緒にHi-Bikeをたずねた。
・とっておいてもらったエアロスーツの試着
・注文しておいたシューズの熱成型
・借りっぱなしだったサドルの返却
のための訪問だったのだが、どう考えてもTTバイクの様子見だ(笑)

店長も良くわかっていて、現状の説明をしてくれた。
すごいがんばってくれている。なんか無理をいいまくってしまって
本当に申し訳ないなぁとつくづく反省。
でも、もうすぐできそう・・・という感じだ。

今日は未完成ながら試乗できた。これはモンスターだ。
ロードバイクとはまったく違うとんでもない乗り物だ。
店長も試乗して「全然別世界」と表現した感覚は良くわかる。


エアロスーツは、サイズMでぴったり。
妻も非常に良いと感心しきり。一発で決まった。
なんでも売れそうな感じだったのを店長がおさえておいてくれたらしい。
感謝、感謝。これは手に入れ損なったら大きな損害だ。

シューズの熱成型は結構手間と時間がかかって大掛かりだった。
でも、ぴったり感がものすごい。
やはり、店長の手でいろいろやってくれたのが大きい。
自分の足専用に作ったシューズのようなフィット感だ。これはすごい。

サドルは、いろいろ試したがやはり店長お勧めのSMPで決まった。
このサドル以外だと、こいでいるうちに腰の位置が動いてしまい
ポジションが崩れてしまう。
崩れて、元に戻るための指標がない。
今一番大事なことはポジションの熟成なのだから、これでは困る。
というわけで、SMPに決まった。

今日のいろいろなものも、全部一式そろって納車にあわせて
清算&受け取りをする予定だ。
なんとも、大盤振る舞いをしたなぁ~人生初だなぁ~と自分でも
あきれるくらいだ。


でも、不思議なことに「物が(早く)ほしい!」とは思っていない。
「これらをつかって(早く)乗りたい!」と強く思う。
わたしにとって所有には意味がない。つかってなんぼ、楽しんでなんぼだ。

ドキドキしてくる。あの自転車にあのスーツであのシューズで乗り込む
時の感覚を予想するだけで、アドレナリンがふつふつと沸き起こる感じがする。

あぁ、また自転車に乗りたい。
明日はきっちりと走りこみたい。



登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村