FC2ブログ
2014.10.31(Fri):日々の日記
準備期第1週5日目の練習

予定:実)12x(30s+30s):120/50 筋トレ 0.5h
実績:  12x(30s+30s):120/50 筋トレ レスト

睡眠:1
疲れ:2
痛み:1
覚醒:1
全般:2: 軽い乾いた咳が少し残る。


朝、疲れが残っていて走る気がしない。
夕方に3本でトライ。

12x(30s+30s):120/50

2本目で,400w維持がきつくなる。
380w程度で続ける。
5本でかなりダウン。8本目でやめたくなり
10本目で無理になってくる。
11本目がダラダラ。12本目は持ち直した。

体調は悪くないのに疲労が激しい。
やはり、連日のインターバルは疲労を
蓄積してしまうのだろうか?


走行時間  : 0:23
走行距離  : 21.2 km
TSS     : 33
TSB     : 6.1
CTL     : 63.4

今日:  22km
今月: 1156km
通年:15214km


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2014.10.31(Fri):日々の日記

噂に聞くいさはやTT。
11月2日開催ということで明後日。

いつか行ってみたいなぁ~参加したいなぁ~と思いつつ。
遠くて無理だなぁ。。で、いつも終わり。

タイムトライアルジャパンのような新しいレースの場も
できたので、いさはやでなくては!ということも段々
なくなってくるであろうとは思うのだけど。

来シーズンは、下手をすると4月頭でシーズンが終わって
しまうかもしれない。その確率は結構高い。
終わってしまったら5月の利根川を本命にするのは当然。
でも1ヶ月しかない。正直何もできないだろう。

6~8月のタイムトライアルジャパンも近すぎるし。
とすると、このいさはやを後期ターゲットにするのかな。
10月の秋の筑波8耐をターゲットにするわけにも
いかないだろうし。

そうそう、5月の茂木もみんな出るのかなぁ。
来年も利根川と被りそうだし駄目だろうなぁ。。。


等と言っていてはいけないか。
とにかく、2015年4月5日か。そして、6月21日を目標に。
後先考えないで、これにまっしぐら。
よそ見をしたり浮気を考えていたら、振り落とされてしまうね。
きっと。




それにしても。
今の私の計画は結構ちんたらだ。
「本当に間に合うのか?こんなんで」と正直思ってしまう。
もっと加速して、さっさと量と強度上げないとだめなんでない?
と、何度も悪魔の囁きが頭のなかをこだまする。

焦る。本当に焦る。
でも、じゃぁ代替案はあるのか?と問うと答えはない。
じゃぁ、我慢だ。仕方ない。
本当に自制心のスポーツだなぁ。。。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2014.10.30(Thu):日々の日記
準備期第1週4日目の練習

予定:木 L3 20m L4 15m 筋トレ 0.5h
実績:木 L3 20m L4 12m 筋トレ 0.5h

睡眠:1
疲れ:1
痛み:1
覚醒:1
全般:2: 軽い乾いた咳が少し残る。

朝6時おき。
昨日生まれて初めて朝晩のHIIT2セットが心配だったが
問題なさそうだ。疲れはひどくない。

JaVision号でいつもの練習場へ。

ボトルキャッチ:
 左右の脚の荷重を逆で実施。(これが正しい)
 慣れていないので少しふらつくが段々まっすぐ
 走れるようになる。
 当然だが正しい方法なのでかなり屈めるようになる。

スラローム:
 重心OK。。こっちは問題なし。

家に戻ってバラライカ号に乗り換えて3本ローラー。
10分のアップの途中で5本ダッシュ。
整備してもらったバラライカ号は調子がいい。
ギアが1つ軽くなった印象だ。

L3 20分は問題なし。
L4は淡々と実施。4分を超えれそうな雰囲気だったが押さえる。
4分+1分を3本実施。
4本目も行けそうだったが抑えた。
やはり、昨日の疲労具合をきちんと評価するには条件を
同じにする必要があったので我慢だ。

夕方、いつもならトレーニングをする時間的余裕が
あるのだが、今日は早ご飯。うまい。


夜、サーキットトレーニングを実施。

バイシクルクランチ    50回x5セット。
腕立て          20回x5セット。
片足回し上げトレーニング 20回x5セット。

疲れが酷くないので軽くストレッチ。
早寝をした。
これで1日2度のHIITの実施の目処はついた。
非常にいいかんじだ。



走行時間  : 1:10
走行距離  : 30.1 km
TSS     : 64
TSB     : 7.9
CTL     : 64.1

今日:  31km
今月: 1134km
通年:15192km


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2014.10.29(Wed):日々の日記
準備期第1週3日目の練習

予定:水 (実)12x(30s+30s):120/50 筋トレ 0.5h
実績:水 (実)12x(30s+30s):120/50,12x(30s+30s):120/50 筋トレ 0.5h

睡眠:1
疲れ:1
痛み:1
覚醒:1
全般:1: 軽い乾いた咳が少し残る。

咳の具合がかなり良くなってきた。夜寝る前のせきこみも
かなり楽になってきている。いいかんじだ。
3時頃目が覚めてしまうのは、まだ残る。
でもすぐに寝れるので問題なさそうだ。

朝6時前おき。
今日は、中村店長おすすめの坂での実走行の30-30だ。
その前にJaVision号でいつもの練習場へ。

ボトルキャッチ:
 だいぶ感覚が戻ってきた。
 まだ、バイクを倒せる量が戻っていない。
 まだ、ほんの少し車体がブレる。
 これ以上どうやって車体を倒すのかのイメージがない。

 ひょっとして、軸脚というか荷重をかける脚が逆なのか?
 車体を倒す方と反対の脚に荷重をかけるなら多分もっと
 車体を倒せそうだ。トレーニングの目的がわかってないのが
 本質的な問題を起こしていそうな気がしてきた。

スラローム:
 こっちは順調。どんどんいいかんじになる。
 小石でタイヤを弾かれても平気。
 前後に重心が少しずれても大丈夫になってきた。

技能練習後に、新しく発見した練習場に向かう。
30秒高強度、30秒レストを坂の実走行で実施した。
前回の経験で、下りを真剣にやらないと30秒以上の
レストになってしまうので意識しながら実施。

12x 30s-30s (123% / 0 % )
平均411w
最大心拍数164bps

肌寒いほどの気温だったこともあり、汗をかかなかった。
そのせいだろうか、呼吸はかなりハードだったが
心拍数はLT域。全然余裕だ。
ケイデンスも低くない。90~110程度の推移だ。
やはり、実走行だと3本ローラーとは明らかに違う
結果がでてくる。

夕方、疲労がそこそこ癒えていたので30-30に3本でトライする。
いつもどおり、アップの段階で5本ダッシュ。
12x 30s-30s (120% / 0 % )
平均395w
最大心拍数169bps

5本でやめるつもりでスタートしたのだが、10本できてしまい
最終的にいつもの12本まで実施した。
終了後、急ぎストレッチをして冷却。
回復は思いの外うまくいった。
1日2回のHIITは初めてだったが無事こなすことができた。

夜、サーキットトレーニングを実施。

バイシクルクランチ    50回x5セット。
腕立て          20回x5セット。
片足回し上げトレーニング 20回x5セット。

その後、軽くストレッチを実施。

走行時間  : 1:15
走行距離  : 38.4 km
TSS     : 89
TSB     : 11.3
CTL     : 64.1

今日:  39km
今月: 1103km
通年:15161km


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2014.10.29(Wed):日々の日記

また、タイプの話。
やはり人種には2種類タイプがあるようだ。

物事を行うときに、とにかくやってみて失敗してから
考えるタイプと
行う前に考えて、それから物事を行うタイプとだ。


私は普段の生活のキャラクターからすると前者のタイプに
見えることが多いようだ。
が、実際は後者だと思う。勿論、前者だったり後者だったり
時と場合によって考えるのと行動するのとの順序はかわる。


あまり重要でないと思っていることは前者のことが多い。
まぁ、やってみてから考えていいんじゃないかと軽く思っている。
だから、普段の私の生活を見ている人は私の行動のほとんどが
「考えない」で「すぐに行動をする」タイプだと判断するようだ。

しかし、私は重要なことに対しては慎重すぎるほど考え尽くす。
最たる例が、この自転車のトレーニング戦略だろう。
とにかく考え尽くした。これで駄目なら仕方ないと諦めるほどに。

考えて考えて考えた末に、計画をたてて手順を組み立てた。
その後に、簡単な例で実践してみて実施可能なことを確認して
そして取り組んでみる。今その手法を使っている。
考え尽くした計画は一度作ってしまえばもう迷わない、考えない。
自分の計画を思考を信じるだけだ。

11月を迎えようとして、多くの自転車乗りたちが、いわゆるオフに
突入している。
このオフの時期になにをしたらいいのか、よくわからないように
思える行動がよく見られる。


レース時の戦術、戦略にこだわる自転車乗りは多い。
練習時の戦術、つまり1つ1つのメニューにこだわる自転車乗りも多い。
しかしながらトレーニングの長期戦略をこだわる自転車乗りはほとんど
見たことがない。


私が他人に勝ることがあるとすれば、おそらくこのポイントだけだ。
ここは自分と自分の能力を信じてみようと思う。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2014.10.29(Wed):日々の日記

来シーズンの前半部の最大の課題。
それは、「20m+15m:L3/L4」 と「30s+30s:120%/50% VO2Max」
の2パターンを徹底的に「疲労を少なくして」こなすことだ。
前半部の最終段階では、朝晩2回こなすことになる。

この準備期で試しているレベルでは、疲労度の指標である
TSS値を小さく押しこむことができている。
つまり疲労度を小さくしてこなすことができている。

主観的な疲労度もまぁまぁな感じだ。
4時間で完全回復は厳しいが、8~12時間経つとそこそこ
回復している感じだ。
筋肉痛や怪我に相当するような問題も今のところない。

そのかわり、練習後の徹底したマッサージとストレッチは欠かせない。
風呂の最中のマッサージと風呂後のストレッチも必須だ。
普段の社会生活でも、疲労部分のメンテナンスを心がける必要がある。
暇をみつけて痛みを緩和するマッサージを心がける。

食事もだ。
朝練の前は、カフェインだけにしておいて、主要トレーニング直後に
炭水化物と少量のタンパク質をすぐに補給しておく。
家に戻り、トレーニングの30分以内にきちんと朝食を取る。
夜練習も、練習を終えてストレッチを済ませたらすぐに夕食を取る。

トレーニング以外のことを、トレーニング以上にストイックに
継続しなくてはならない。
徹底して疲労した体のサポートをしてやる。
そうしなければ体の回復が次の日までに追いつかなくなる。

でも、そこまできちんとできればどうやらこなせそうだ。
いけそうな目処は立ってきたように思う。

とにかく、無理をしないで全力をつくすことだ。
それ以外に道など無い。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2014.10.29(Wed):日々の日記

「ひとりでグイグイ強くなる悟空タイプと
 まわりにうまい人が居れば居るほど嫉妬で強くなるベジータタイプと
 特に強くはならないが 楽しそうなヤムチャタイプが居る」

妻が、何事でも上の話は成り立つといい
私のことは悟空タイプだと評価した。

なるほど、あたっているかもしれない。
私は人と競争するわけではなく、自分ひとりで自分を相手にするのが
楽しいから。

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2014.10.28(Tue):日々の日記
準備期第1週2日目の練習

予定:火 L3 20m L4 15m 筋トレ 0.5h
実績:火 L3 20m L4 15m 筋トレ 0.5h

睡眠:1
疲れ:1
痛み:1
覚醒:1
全般:2: 軽い乾いた咳が少し残る。

朝6時半おき。少し遅れる。
JaVision号でいつもの練習場へ。

ボトルキャッチ:
 すっかり忘れる。右も左も全然だめ。
 どういう体勢をとっていたのか思い出せない。
 もう一度やり直しだ。
スラローム:
 予想外にうまくいく。体重が乗っている。
 綺麗にコーナーが切れる。いい感じだ。

家に戻ってJaVision号で3本ローラー。
10分のアップの途中で5本ダッシュ。
JaVision号でやるのは初めてでどうもうまく回らない。
とはいえ、150~170程度で回せていた。
また感覚を思い出せばなんとかなるだろう。

L3 20分は無難にこなした。
前ほど厳しくない。淡々とスイートスポットをこなした。
L4は15分は諦めて、4分+1分を3本実施。
もう少し出来た感じはあったが、時間の関係でうちどめ。
体力が段々戻ってきた感覚だ。

夜、サーキットトレーニングを実施。

バイシクルクランチ    50回x5セット。
腕立て          20回x5セット。
片足回し上げトレーニング 20回x5セット。

その後、軽くストレッチを実施。

走行時間  : 1:15
走行距離  : 48.0 km
TSS     : 69
TSB     : 13.7
CTL     : 63.5

今日:  48km
今月: 1064km
通年:15122km


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2014.10.28(Tue):メンテナンス記録
2014年10月27日
バラライカ号、メンテナンス入り

2014年10月28日
バラライカ号、メンテナンス明け。
 BB、チェーン交換。

来月からの基礎期の室内トレーニングを考慮して、今の準備期に
メンテナンスをHi-Bikeに依頼した。
3本ローラーでバラライカ号を使わない日は1日ですんだ。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2014.10.28(Tue):日々の日記

去年秋から今年の春まで、如何にTSSを稼ぐかに注力していた。
TSSの積み重ねに伴ってCTLが増えてそれが自分の体力と直結すると
考えていたから。
とにかく練習時間を多くとって、疲労MAXでCTL:100TSSを目指した。

今はこの全く逆を目指している。
如何に練習をしてもTSSを増やさないかを考えている。
どうやったら疲れないで、高強度なトレーニングをこなしきれる
状態をキープするかに腐心している。

TSSという数値を、これだけ正反対から評価して捉えるように
なったというのは非常に面白いことだと思う。


さて、実際に1時間L3,L4のトレーニングをしたり
HIIT(L5)のトレーニングをしたりすると、TSSは50を超えて60~70
程度に「なってしまう」。
とすると、これを朝晩2回するとゆうにTSSは100やら140やら
を超えてしまう。
一言でいうと、「やりすぎ」になってしまう可能性が高くなる。

さて、どうする?
勿論、100やら140やらに耐えられる体になるというのは
一番良い解ではあるが、そうは簡単に問屋がおろさないはずだ。

となると事前の策は、もっと効率的にトレーニングをして
疲労を少なくする、ということになる。
もっと? 一体どうしろというのだろう。
悩みは尽きない。


トレーニングは、体を変革するには必要。
しかし、トレーニングは体に有害。
故に、トレーニングは、最小限度に抑える必要がある。

至極名言であるが、具体的にどうしていいのかわからない
悩ましい言葉だ。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
25日のハロウィン祭りで
ピンクの妖精の仮装で、似顔絵屋さん出店してた私。

お昼頃、様子見に、ショップのライドに参加したダンナが
家帰り途中に、ちょっと寄ってってくれた。

でも恰好が、思いっきりサイクルジャージに
サングラスに、ビンディングシューズ。

ロードバイクとヘルメットは、自転車置き場に置いてきてたケド
周りから浮いてて「あの人、何の仮装!?」みたいなってた。

ジャージがちゃうケド、「『弱虫ペダル』のコスプレ!?」みたいな。







登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2014.10.27(Mon):日々の日記
準備期第1週1日目の練習

予定:月 レスト  筋トレ 1.0h
実績:月 レスト  筋トレ 1.0h

睡眠:1
疲れ:1
痛み:1
覚醒:1
全般:2: 軽い乾いた咳が少し残る。

夕方、久しぶりにステップアップを実施した。
いままでのようなヘビーウェイトを一気に持ちあげるのではなく
20kg程度の錘を背負って椅子でゆっくり5秒をかけて昇降する
スロトレに切り替えた。

左右、5秒UP+5秒Down 10セットx3

とにかく最初に体を持ち上げるところがつらい。
ここばかりはどうしてもスローにならない。
今の段階では仕方ないだろう。

左右にも大きな差ができた。右はすんなりあがるが
左がどうもぎこちない。パワーが低いようだ。

終わった後、脚の筋肉がどうしようもなく疲労して痙攣をする。
マッサージにマッサージを重ねるはめになった。


夜、サーキットトレーニングを実施。

バイシクルクランチ    50回x5セット。
腕立て          20回x5セット。
片足回し上げトレーニング 20回x5セット。

その後、軽くストレッチを実施。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2014.10.27(Mon):日々の日記

多分、このオフトレーニングの成否を決めるのはこの減量なのだろう。
とにかく、昔からこれがうまくいかない。
そもそも、自転車を始めた理由が減量なのだが、結局最後に
ボトルネックとして引っかかってしまうのも減量だ。

世の中、本当にうまく出来ているものだ(笑)

基礎期は徐々にトレーニング量を増やしていく。
だから消費エネルギーは増えていくはずだ。
食事の量を減らす必要はないはずだ。
過大に食事を取ることをやめれば黙っていても減るはず。

これだけ運動をしていて筋肉量も増えているのに何故
体重が減らないのか。
理由は簡単。それに負けないくらい食事をとっているから。
定常の食事量が多いわけではない。
多いのは、非定常的な食事だ。

週末のドカ食い。出張時の甘味。ストレスを感じた時の
ジャンクフード。

これらが、今の私の体重を維持できている原因だ。
この辺りを抑えれば1ヶ月2kgは困難な数値では「決していない」
トレーニング内容に比べれば明らかに楽なストレスのはず。
うまく「ストレスに対して食欲に逃げるのを避ける」ことだけ
考えればいい。


自分の場合。
疲れを感じた時に、カフェインと甘味を欲しがる癖がある。
疲れさえ抜けてしまえば、食欲に逃げないで済むはずだ。
疲れの対処方法、良いものはないだろうか。

ストレッチ、マッサージ、仮眠。
とにかく、疲れを取る行為に集中して食事に逃げるのを
やめてみようか?

全てのことは、「習慣」から生じている。
習慣に応じた、体と精神が今の私そのものになっている。

今の体脂肪を減らすことができないのも「習慣」から生まれている。
故に、習慣を変えることが自分を変えることの最短距離なはずだ。


原因は明確な気がする。
原因を削除してみよう。削除しやすい環境をつくり
原因を増やしやすい要素をなるべく減らしてみよう。
きっと、それによって習慣を少しずつ変えることができて
最終的に望ましい結果が生まれるに違いない。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2014.10.27(Mon):練習予定・結果
トレーニング戦略(2015)

1ヶ月間、ああでもないこうでもないと散々考え尽くして
組み立てたトレーニング戦略。
先週の周回コースの走りを経験して、改めて正しそうだと
確認ができた気がする。



基本戦略は以下のとおり。
・4月チャレンジレース、5月利根川TT、共に1時間以内のレースが
 ターゲット。故に1時間以上のトレーニングは平日一切しない。
・TSS値をとにかく減らす。
 必要な練習をしながらも疲労を極限まで押さえる。
 体の変革に寄与しないトレーニングを一切排除する。
・レースペースでのトレーニングではL4~L5の高強度の練習が
 どうしても必要になる。また、1時間のトレーニング制約が
 つくことでトレーニング強度は必然的に高くなる。
・L1,L2レベルの練習は平日一切しない。反対に週末のライドでは
 L1もしくはL2のロングを5時間以上実施する。
 この際、ストレスリリースを決して忘れないように。
・週末のライドのもう1日はHi-Bikeの周回コースの練習に参加し
 比較的短い坂を含んだコースの集団走行の練習をする。
 技能練習を主要課題・目的に。パワー練習は基礎期は控える方向で。
・平日のトレーニングの際に、必ず技能練習を入れる。
 ボトルキャッチ、スラロームは必須練習項目。
 3本ローラーを利用する際には、アップの際にスプリント練習を
 必ず入れる。

・11月~1月を基礎期にする。トレーニング量の増加を目指す。
 平日のL3,L4の1時間トレーニングの回数を徐々に増やす。
 朝2回 ⇒ 朝2回+夜4回まで。
 HIITは2回固定。
・11月~1月を基礎期に脚系の筋トレを行う。
 まずはスロー+低重量 少しずつ様子を見て週2回までを考慮。
 重量を増やすことには慎重を期す。

・2~3月の強化期には、トレーニング量を減らして強度を挙げる。
 平日L3,L4の6回トレーニングを徐々に平日4回のHIITに切り替える。
 結果HIITは、基礎期2回から合計6回までに増やす。
・2月強化期に、30秒中心の坂実走トレーニングを
 不動峠3分までのヒルインターバル(HIIT)へ移行。
・3月強化期に、不動峠での3分のインターバルトレーニングから
 CSC模擬トレーニングへ移行。
・2月~3月では、脚系の筋トレを中断することも考える。

・基礎期3ヶ月間の間に1ヶ月に2~3kgの減量を目指す。
 朝トレは必ず、朝食前に実施。
 トレーニング後、30分以内に食事を取ることを徹底する。
 間食、過食、食べ放題を押さえる。糖分、脂肪分の摂取に注意。
・平日の回復走を避ける。
 クールダウンは心拍数が120を切ったら
 すぐに体が温かい状態でストレッチと整体に移行する。
 就寝前にもストレッチと腰の整体を行う。
 トレーニング直後、風呂中、就寝前の3回マッサージをする。
・時間を見つけて昼寝をする。
・疲労がたまっている場合は、躊躇せずに練習を中止。休養。
 主体性が欠如している状態でのトレーニングを一切しない。


最後まで悩んだこと2つ。
1つは、基礎期の減量が本当に可能かということだった。
本当ならHIITをすることで減量を図りたいところなのだが、先に高強度
トレーニングをすることは、燃え尽きのリスクを大きくしてしまう。
また、FTP上昇のチャンスを小さくしてしまう可能性もある。
なので、基本原則であるところの

 トレーニング量を増加 ⇒ トレーニング量を減らして強度を増加

の流れは守ることにした。
また、実レースでの必要な基本技能は基礎期に習得しておいて
強化期には、模擬トレーニングをこなすことで4月のチャレンジ
本番に対処できるようにすることにした。
L3,L4でのトレーニングを主体に行っていて、本当に適切な減量ができるか?
この冬の最大の課題はどうもこれに尽きるような気がする。


もう1つの悩みは、LSD(L2)の排除とテンポ走L3の削減だった。
回復走(L1)の排除は、前々からしたほうが良いと思っていたので
気持よく削除した。問題はL2だった。
今まで慣れ親しんだトレーニングを切るのは非常に不安だし
慣れ親しんだ教科書には、基礎期の基本トレーニングとしている。

しかし、トレーニング時間の制約、疲労回復の制約、そして
必要となるレースペースの強度などから考えても、素人の私が
やってはいけないトレーニングはこのLSDだという結論に至った。
L3も当然減らす。あくまでもL4トレーニングの為の前走か
あるいはスイートスポットトレとして扱う予定だ。




登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2014.10.26(Sun):練習予定・結果
10月27日の週、準備期第1週

目標:
 持久力、筋力、筋持久力

日々の予定
      朝              夜
27日 月 レスト          筋トレ 1.0h
28日 火 L3 20m L4 15m       筋トレ 0.5h
29日 水 (実)12x(30s+30s):120/50 筋トレ 0.5h
30日 木 L3 20m L4 15m       筋トレ 0.5h
31日 金 (実)12x(30s+30s):120/50 筋トレ 0.5h
 1日 土 耐久走5.0h        5x(30s+30s):120/50
 2日 日 集団走3.0h        レスト

10月は移行期、準備期で使いきるつもりだ。
とはいえ、11月からの基礎期に対応できないわけには
いかない。

基礎期の基本パターンの練習を兼ねて準備期を乗り切ってみようと
考えている。

筋トレは、少しづつ復帰。月曜は但しスロトレにシフト。
瞬発的な力のかけ方はやめておく。筋肥大を目指せばOKとかんがえる。
夜の筋トレに脚を入れるかどうかはもう少し考える。
疲労次第だ。

日曜日の集団走行は、Hi-Bikeの新コースを見学に行く予定。
決してレースをすることがないように(笑)

水と金のHIITは、例の坂の実走行をトライして見る予定。
丁度天気も良さそうだし、クロモリもメンテに出すタイミングなので
実走行メインがいいだろう。
火と木はJaVision号で3本ローラーになりそうだ。
セッティングが色々面倒だけれども、仕方ないところだ。



さて、じっくり取り組もうか。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2014.10.26(Sun):日々の日記
移行期の練習
予定:日 耐久走5.0h   筋トレ レスト
実績:日 耐久走4.0h   筋トレ0.5h

睡眠:1
疲れ:1
痛み:1
覚醒:1
全般:2: 軽い乾いた咳が少し残る。

朝、体調は悪くない。
咳はまだ残っているがよく寝た。疲れもとれている。

よし、ということで妻と小貝川を南下する。
藤代付近まで行く。

小貝川は沢山のローディーと出会う。
今はまさにシーズンなのだなと実感する。

妻とのんびりポタリングするのは、私のロードバイクとの
付き合いの原点。忙しかろうがなんだろうがこれは失えない。

2時頃帰宅。一緒に昼食にでかける。
インドカレーをたらふく食べて子供を引き取って家に帰る。

疲れた。もうダメだ。ということで2時間ドロのように眠る。
おきても体が重い。これはまずい。
妻にマッサージをしてもらうも、脚が痛くて泣いた。

予定していた、HIITレスト(30-30 x5)は出来る状態ではなかった。
きっついなぁ。

風呂前に、サーキットトレーニングを実施。

バイシクルクランチ    50回x5セット。
腕立て          20回x5セット。
片足回し上げトレーニング 20回x5セット。

汗だくになる。こんなにきつかったっけ?
風呂でマッサージ、寝る前にストレッチ
ありとあらゆることをしてようやく少し楽になる。

体が弱っているなぁ。。



走行時間  : 3:52
走行距離  : 87.0 km
TSS     : 38
TSB     : 5.3
CTL     : 64.9

今日:  87km
今月: 990km
通年:15048km


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2014.10.25(Sat):日々の日記
移行期の練習
予定:土 集団走4.0h   筋トレ レスト
実績:土 集団走3.0h   筋トレ レスト

睡眠:2
疲れ:1
痛み:1
覚醒:1
全般:2: 軽い乾いた咳が頻繁に。

久しぶりのHi-Bike朝練参加。
今日はラジオをつけて店長の指導をもらう。
昨日までの不甲斐なさから少々の不安を抱えてスタート。
3周の集団走行の後にレース走行。

周回コースまでの間に店長から助言をもらう。
・集団走行時の走行者の走り方の観測
・風の掴み方
・危険な走行(後ろを振り返る、追い抜きで横幅をとり過ぎる)

周回コースでは、人数を絞るためにペースをあげよと指示をうける。
これが・・・・きつい。あがらない。
また、前方で逃げが決まりそうになり追いかけを必要となる場面も。
そこでも上がらない。無酸素域をやたらと使ってしまう。
最終周回で信号にすくわれるもゼイゼイになる。
集団の気が緩んだ隙にダッシュするもすぐに追いつかれる。
なんか体が重い。

最後の坂の1つ前でも踏み込んで先頭を走る。
これも頂上付近で捕まる。きつい。

ラストの下りから登りでちぎられる。
店長がダッシュして中継ぎ。私を振り返るのだが、得意の
平坦でももうぐだぐだ。ツキイチでついていくことすらできない。
最後の上りは脚がつきそうなレベルに。

なんか1年前のレベルに落ちたようなそんな気分だった。

店長には
「オンとオフがわかりやすいくらいはっきりしていますね」
と笑われた。くっそ~と思いながらも反論できない。


家に帰ってTSB、CTLの値を見てやっとわかる。
気がつけば大幅に落ちている。60TSBなんて久しぶりだ。
丁度、去年の11月の数値だ。あぁ、1年前そのものだ。
我ながら素晴らしいピリオタイゼーションだ。わははは。
ここは笑うしかできないだろう。


夜、激しく疲れていたので入念にストレッチを実施。



走行時間  : 0:51
走行距離  : 28.0 km
TSS     : 65
TSB     : 20.2
CTL     : 62.9

今日:  28km
今月: 807km
通年:14865km


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2014.10.25(Sat):日々の日記
2週間の実質的なトレーニングオフで
徹底的に体力が落ちた。
Hi-Bikeの朝練で先頭集団についていくのが
必死だった。情けない。。。。

店長も、「どうしたの?」という表情だったけど
風邪で咳がとまらなかったのだよ~ごめんよ~


どうしようもなく失ったパワー。
でも、得たものもあった。
なんと心拍数95%の20分間の維持。
L5領域を20分?いったいコレはどういうこと??

得たものじゃないか、余計に失ったのか。
いや、この20分の根性は得たものだろう?(本当か???)

やっぱりまだ風邪がなおっていないのかなぁ。。


ま、のんびりいきましょう。
ひとやすみ、ひとやすみ。

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2014.10.24(Fri):日々の日記
移行期の練習
予定:金 10x(30s+30s):120/50   筋トレ 0.5h
実績:金 14x(30s+35s):120/50   筋トレ 0.5h

睡眠:1
疲れ:1
痛み:1
覚醒:1
全般:2: 軽い乾いた咳が頻繁に。

朝、実走行で30+30をやってみる。
30秒で登れる丁度良い坂を見つけてトライ。

10本やったところで別の場所に移動、4本追加。

結果として400wキープできたが、問題は下り。
完全に脚を止めるレペになってしまっているのと
30秒レストではなく40秒近いレストになってしまっている。
従って心拍が上がらない。

もう少し工夫が必要そうだ。
場所と時間はOKそう。安全な場所といえるだろう。


夜、サーキットトレーニングを実施。

バイシクルクランチ    50回x5セット。
腕立て          20回x5セット。
片足回し上げトレーニング 20回x5セット。

その後、軽くストレッチを実施。



走行時間  : 0:51
走行距離  : 28.0 km
TSS     : 65
TSB     : 20.2
CTL     : 62.9

今日:  28km
今月: 807km
通年:14865km


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2014.10.23(Thu):日々の日記
ジャパンカップ、チャレンジも含んではいるが
約10日間のオフから、今日、再起動を開始した。
来年の4月のチャレンジ目指してこれから5か月間の
訓練を開始する。

散々考えた、トレーニング計画もようやく
目的、戦略、手法、手順、量、強度を決めることができた。

やはりそれは、私専用の私の目的に特化したトレーニングに
なりそうだ。そしてそれは私の目標達成の最短距離に必ず
なっているはずだ。

キーワードは、強度管理と疲労管理と主体性確保だ。

まず、目的のレースのタイミングで必要な強度が
きちんと確保できる体にする。
そのためにレース強度の練習をレース前にきちんと
出せるようなトレーニング計画を組む。

次に、疲労を極限まで減らす。
自分の体を目標にあわせた変革する目的以外の
トレーニング(=疲労)を極限まで削ることを考える。

疲労を減らすことの最大のメリットは、毎日のトレーニング
を肉体的にも精神的にもフレッシュな状態ですることができる。
つまり、主体性確保につながる。

主体性の確保のために、マンネリを徹底的に排除する。
意図的にパターンを複数準備してランダムに配置する。
あぁ、火曜日か。またあの練習か、というような精神的に
主体性を欠くような計画を立てない。
また、1回のトレーニングの中にもなるべく変化を入れて
苦しさにじっと耐えるような時間をすくなくする。
精神的な負担をなるべく軽減する方法を取り入れる。

この1年のトレーニングとHIITのトレーニングで学んだ
各種の手法とテクニックを最大限使ってとにかく
主体性を確保しようと思う。

さぁ、再起動だ。

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2014.10.23(Thu):日々の日記
移行期の練習
予定:木 L3:20m L4:15m     筋トレ 0.5h
実績:木 L3:20m L4:4mx3     筋トレ 0.5h

睡眠:1
疲れ:1
痛み:1
覚醒:1
全般:2: 軽い乾いた咳が頻繁に。

再始動ということで、軽くL3を20分L4を15分開始
しようと夜に3本ローラーにのる。
2週間のトレーニングロスと風邪は強烈に効いた。
L320分でヘロヘロになり、L4は4分でインターバルの
はめになった。なんだこれは?

嫌な予感のする再スタートだった。


夜、サーキットトレーニングを実施。

バイシクルクランチ    50回x5セット。
腕立て          20回x5セット。
片足回し上げトレーニング 20回x5セット。

その後、軽くストレッチを実施。



走行時間  : 0:46
走行距離  : 29.8 km
TSS     : 51
TSB     : 25.7
CTL     : 62.9

今日:  30km
今月: 779km
通年:14837km


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

鬼の指導。いろいろ。

「とにかく、実走行でHIITをやりましょう。
 もっと効率的にパワーがだせるようになります。」

「3本ローラーや固定ローラーでは坂のペダリングは
 うまくなりません。もっとうまく筋肉を使えるように
 なります。」

「もっとパワーがでるようになると、もっと練習で
 追い込めるようになります。もっと強くなれるんです。」

「パンダさんは、たった1週間で猛烈に集団走行うまく
 なったことあったじゃないですか。あれと同じように
 坂の走り方もうまくなるんですよ。」


あぁ、これってエコノミーの話をしているんだ。
ようやく分かった。
同じ酸素消費量でも、出せるスピードが違うというあれだね。
自分でエントリーした、VO2MaxとMAP(VO2Max時のパワー出力)
の違いを埋めるものだ。

地脚があっても、パワーがでるとは限らないんだ。

実際、家の3本ローラーで走った時よりもかなり低い
CP値を使って今回のジャパンカップ・チャレンジレース
は走っている。
一般的には坂の方がパワーの数値が出やすいにも係わらず、だ。


実走行、しないと駄目だなぁ。
一体どこを走ろうか?


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2014.10.22(Wed):日々の日記

初めての山岳レース。
下りもほとんど練習せず、登りの3~5分走もしないで。
減量もダメダメで、風邪で咳がでていて。

「集団レースの練習ですよ」

店長には、何度も念を押された。
リザルトが重要なのではない。経験こそが重要なのだ。
わかってはいる。そんなのは十分承知。

しかし、それにしても・・・だ。
遅い、あまりにも遅すぎる。
結局Yさんには2分以上の差を付けられていた。

山が苦手なのは自覚していたし、結果も予想はできた。
でも、この状態はとても受け入れられるものではない。

「くやしい!!!!」

レース後何度ホゾを噛んだことか。
自分のベストを出せていないこともそうだが
平地であそこまで走れるのに、何故坂で走れないのか?


数日後、Hi-Bikeに出向いた。
店長は、来年の春のチャレンジに太鼓判を押してくれている。
「このままの調子でやれば行ける!」と。

「体重(脂肪)を減らすことができれば、その分内蔵の負担が
 減ります。回復はもっと早くなる。
 パンダさんはそもそも回復が早いけれど、もっと練習できる
 ようになる。」
「坂の実走行をしてみて。坂を登るときの筋肉の使い方と
 3本の高強度負荷の時の筋肉の使い方は違う。
 坂のあのネットリとまとわりつくような感覚にあった
 走り方を覚える必要がある。
「その走り方、筋肉の使い方も覚えればTTでももっと強くなる。
 平坦だけではダメ。別の走り方も覚えて」
「下りが怖くなかったのは収穫。それまでの練習の賜物。
 パンダさんは、積み重ねた練習がきちんと成果に出る。」
「つくば8耐の時のあの逃げ、追いかけは明らかに一歩
 ステップを上げた走り。あそこまで行けるなら春は怖くない」

うん。そうだ。
店長、いやあの鬼コーチの言っていることがずっと正しい。
彼の言うようなトレーニングをしてみて失敗したことはない。

やるしかない。とにかくやるしかないのだ。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2014.10.22(Wed):日々の日記

前回の試走の時にも苦労させられた、ゴ-ル前の坂。
これもきつい。
キープしてきた集団も一気に壊れる。

1分:300w

まだ、最初の坂のダメージは回復していない。
この程度の坂、なのだけれどもスピードは思い切り下がってしまっていた。
ヒーヒー状態でようやく山頂。

そして短いダウンに併せて2周目。
また、来る。あの坂だ。樹に覆われて暗い平地を縫って2度めの
5分坂に突入。

5分43秒:240w

これはいくら何でも酷い。
最後の方はヘロヘロで歩いたほうが早いのではないかと思うほど。
閾値ペースでも走れないなんてなんて弱いんだろう。

既に山頂では集団は壊れてしまってバラバラ。
下りで先行する選手は、ダウンヒルが苦手らしくオーバーラン。
スピード的には余裕で抜けるのだが・・・
前の選手の挙動が予測できないのでぶつかりそうで怖い。

3回ほど「行ける!」という瞬間はあった。
でも、一瞬子供たちの顔が頭をかすめる。
「ここで1人抜いても所詮大したこと無い」

仕方なく最後までローペースではしった。

平地に入って勢い良く抜いていった若者について走る。
集団走行を促して10人程度の集団を作る。
いいかんじだ。

若者は下りの先の走行で無理をしすぎたらしい。
何度か「大丈夫? 行ける? 変わるよ?」
声をかけたのだが、小さな坂で落ちていってしまった。

最終週といっても2周目なのだが、これはショートカット
コースになる。コンビニの前から一気にまっすぐゴールだ。
しかし途中途中に小さな坂がある。そこでペースダウンする。

もうワケガワカラナイ状態でゴールに雪崩れ込む。
最終ポイントで、Iさんらしき人に

「パンダさん!頑張れ!」

と声をかけてもらった。でも振り向く余裕はなかった。
単独でゴール。

思わず、一緒に集団走行をした何人かと握手をしてしまった。
ゴホゴホ咳が止まらない。
他のメンバーは?と頭が回るまで10分くらいかかった。

そのうちYさんに出会う。
お疲れ様~~。 2人共内容はあまり良くなかった感じなので
成績を見るのは後にした。

OPENにでるIさんを応援して、後はまっすぐ帰宅の途についた。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2014.10.22(Wed):日々の日記

当日10月18日10:00:

集合場所から、スタート地点に移動するときにももたもた
してしまい、本当に最後尾になってしまった。
店長には、「前に行け、前に」と散々いわれていたのに。

もうこの時点で、とにかく完走すればいいやという気持ちになっていた。

スタート3分前。なんか緊張が足りない。
つくば8耐の方がドキドキしていた感じだ。
やはり、坂が気になって仕方ない。

前回の試走でかなりキツイ経験をしていて、たった5分だと
わかっていてもなんか気が引けてしまっていた。

スタート。

一斉に前は突っ走っている。
最後尾はゆっくりスタートだ。この時点でもうかなりの差がついてしまう。

平地の走行は集団密集でぬかすなんてことはできない。
勿論パワーには十分余力があったのだが前に行けない。
坂があるし行きたくない。

小さな登りの後に、とうとう坂だ。来た!
そこそこの集団で登る。ペースは思ったよりも早い。

4分、平均309w。

最初の40秒で400w平均で突っ走りそのあとダラダラ
だらけてしまっていた。
皮肉なことにこの40秒の走りがCP値の更新をしていた。
最後の頂上付近1分は260w。これは閾値ペースだ。
なんとまぁ、持久力がないことか。

下りは7人ぐらいのグループで走行した。
ライン取りはみんなうまく、私はそれについていくで十分と判断。
後半の平均速度は52km。最高速度は64km。
みんなよくぶっ飛ばすものだ。

下りに入った瞬間に腰を後ろに引いて重心を低くした。
空気抵抗云々よりも、この位置に重心がないと危ない
そう感じた。

ターンは思ったよりもうまく重心移動できる。
良かった。やはりスラロームの練習をしておいて。
下りながら楽しくて笑ってしまう。
ダウンヒルは結構楽しい。

平地に入ってからも高速は続く。
何故か、周りのメンバーは集団走で回そうとしない。

つくば8耐の経験が効いた。

「一緒に走ろう! 回していこう!」

声をかけながら平地を走る。集団が出来上がる。
ローテを組んで早く走る。前の集団に追いつく。

平地は怖くない。こんなの楽勝だ。
問題はやはり坂だ。



登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2014.10.22(Wed):日々の日記

当日10月18日:

5時起床。
有り難いことに、ホテルの朝食は6時半から。
7時にホテルを出れば8時前にはレース会場に余裕で付く
計算だったので、おにぎりをやめてホテルのビュッフェへ。

予想外に朝のビュッフェは量も種類も多く、しかも美味しかった。
プレートを大盛り食べて、ご飯と味噌汁はお替わりするくらい。
たった20分の朝食だったがこれも非常にGoodで落ち着いた。
ちなみに客の7~8割はレース参加者だったようだ。

チェックアウトしたあとは、一目散にレース会場をめざす。
宇都宮市街地に入り信号で待ち合わせると、私と同じように
会場を目指すメンバーが多数。

かなり早かったが、列車に乗せてもらう。
気持ちいい。思わずニコニコしてしまった。
集団走行は楽しい。
この前1人で来た時は、車が怖くてしかたなかったけど
今回は即席のなかまといっしょ。気分も楽だった。

かなり走行も早かったので余裕で入場かとおもったら意外にも
7時45分着。既にチャレンジレースの受付はしていたので
さっさとすませる。

会場で待ち会う予定のYさんは、見当たらず携帯で連絡をとったら
まだ走行中とのこと。あらら、おじゃましてしまった。

時間もあるので、場所取りをしてその後に車体とジャージに
ゼッケンを貼り付けた。
15分遅れでYさん到着。受付後にまったりとする。
トイレは予想通りの混雑。なるべくホテルで済ませておいて正解だった。

チャレンジレースの前にフリー走行があり、そこに多くの
UCIチームが参加。ファンサービスとコース見学を兼ねてか。
チームSKYまで来ていて思わず興奮してしまった。

30分前からスタートに並ぶ。先発チームに一応並んでいたら
なんと、私の後発チームは別の場所に集合とのこと。
しまったと思ったが既に順番は最後尾。大失敗だった。

待っていたら、O君やIさんと出会う。
やっぱり知っている顔があると安心する。
でも、同じ時間帯(後半グループ)では、私一人だった。
やはり寂しい。

思わず携帯に手を伸ばして妻と子供の声を聞いてしまった。。。



登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2014.10.22(Wed):日々の日記

前日10月17日:
仕事を休んで前日に宇都宮入りした。
自走100km。昼の10時に家を出た。
荷物が山のようだった。70kmくらいから肩に食い込んで
つらくなってきた。
やはり、荷物は極限まで減らしてしかも自転車に乗せるのが正解だ。
大荷物を背負ってはいけない。

非常にゆっくりと走ったがそれでも疲労はかなり残った。
風邪の具合も思わしくない。ラスト1週間を完全に休みにしても
咳が止まらない状態だった。
医者にもらった薬~抗生物質&咳止め~は、ほとんど効かない。

ホテルに付いたのは3時。
有り難いことに前輪を外した状態でJaVision号を部屋に入れることを
許可してくれた。ホテルは満室。これも幸いな事にツインにアップグレード。
ほんの少しだが広いので助かった。

5時まで疲れを取るための昼寝。ホテルは気温が25度。高すぎだった。
湿度も低いので咳が辛い。
することがないので、調べておいたラーメン屋に向かう。
ラーメン屋はなかなかうまかった。野菜大盛りのラーメンはホッとした。
店員の愛想も良く緊張感が和らいだ。

帰りに少し離れたコンビニに寄る。
明日の朝、食い損ねた場合を考えておにぎりを購入。

夜は9時に床に付く。
しかし、部屋は暑く興奮気味で寝られない。
朝の5時までに2時間おきに目が覚めてしまう。

それでも、当日100km走行するよりはマシな感じだった。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2014.10.18(Sat):日々の日記
ジャパンカップ・チャレンジレース。

内容は全然冴えなかったけれど、とにかく無事帰還。
初めて直前に風邪を引いたり、初のお泊りだったり
初めての本格的なレースだったりと、いろいろあったけど
当初の目的はきちんとこなすことができた。

今日の練習、完了だ。

とりあえずこれで私の今シーズンは終わった。
これから、1週間オフをとって、再起動。
さて、これからが本番だ。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2014.10.16(Thu):日々の日記

筑波8耐の後、ちょっと風邪をこじらせてしまっている。
咳が止まらない。

本当は、中村店長の助言どおりにL4~L5の練習をしたいのだが
ちょっと無理そうだ。残念だ。

繰り返しだが、週末のチャレンジレースはあくまでも集団走行「練習」
本番ではない。無理をする必要はない。慌ててはいけない。
優先順位を間違ってはいけない。


さて、そんな中ふと思うことがあった。
私の好きな鈴木真理選手のブログのあるエントリーを読んで、だ。


彼も、自分の戦績を将来妻になる彼女に伝えたらしいのだ。
その時の反応は・・・・



私は、圧倒的に恵まれている。
妻は、私の戦績を私以上に喜んでくれる。
カッコいい、惚れちゃうと褒めてくれる。

私は、自分の褒め方がヘタクソだと思う。
もっと心の奥底から自分を褒めていいと思う。
でも、なんとなくだが自分を手放しで褒められない。
子供の時、そんなふうに育てられたからなのか
なんか、自分を手放しで褒めることに躊躇してしまう。

でも、妻は手放しで褒めてくれる。
嬉しい。
妻がするように、私は私を手放しで褒めていいと気がつく。
もっと喜んでいいと解る。
嬉しい。

Hi-bikeの中村店長には、「目標」をもらった。
妻には「自分の褒め方」を教わった。

次のオフシーズン、きっとうまく乗りきれる。
やれるはずだ。


P.S.
妻へ。本当にいつもありがとう。
応援感謝しています。愛している。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2014.10.14(Tue):日々の日記
調整期第1週2日目の練習
予定:火 5x(30s+30s):120/50   筋トレ 0.5h
実績:火 5x(30s+30s):120/50   筋トレ 0.5h

睡眠:2
疲れ:1
痛み:1
覚醒:1
全般:2: 軽い乾いた咳が頻繁に。

日、月と完全休養。
家族みんなが咳をしている。
私もご多分に漏れず、咳がついてしまった。

今日は休息日のHIITを選択した。

夕方に3本でトライする。
ウォームアップで、5本スプリント。
うん、感覚は狂っていない。

5x(30s+30s):120/50

400wはコンスタントにキープできた。
イマイチの体調の割にはパワーが出る。
悪くない。


夜、サーキットトレーニングを実施。

バイシクルクランチ    50回x5セット。
腕立て          20回x5セット。
片足回し上げトレーニング 20回x5セット。

その後、軽くストレッチを実施。



走行時間  : 0:20
走行距離  : 35.8 km
TSS     : 83
TSB     : 73.4
CTL     : 13.3

今日:  36km
今月: 290km
通年:143348km


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村