FC2ブログ
2018.11.29(Thu):日々の日記
今朝、恒例のZwiftライドをしているとZSGでおなじみの
Luckmanに出会った。
私がAeTでISP状態でのんびり走っていると後ろから
ダッシュしてきておいついた。

「お、Luckmanじゃん」

彼はASIA120(昔はASIA100、もっと昔はZSG100)の頃からの
ボランティアリーダーだ。
早いし、持久力もあるし、そこそこ人情に篤く
英語もうまい(当たり前)のだが
いかんせん、堪え性が足りない。ムラッ気が多い。

私とも20分並走していたら
「んじゃ、レース行ってくる!」
と、さっとワープしてしまった。

朝っぱらから元気がいいなぁ、と思いながら私は黙々と
AeT走行を続けた。
10分もすると・・・・どこかでみたユニフォーム。
あれ?Luckmanじゃん?
どうも彼はレースが乗り気ではなくさっさとリタイヤした
ようだった。

また、一緒に走る、走る・・・・
だが、どうも一定ペースで走るのは嫌いらしい。
時々パワーを上げたり下げたり、落ち着かない。

そろそろ娘を起こしに行く時間だなぁ、とおもっていたら
ササっと4秒前に行ってしまった。

「ま、いいかぁ、もうすぐあがりだし」

と思って差がついたまま淡々と走っていた。
時間が来て、100m程度差がついただろうか。

自転車を降りて

「あんがと、Luckman」

といったら

「え?お前を待っているよん?」

とのこと。

「すまんね、娘が待っているんでね」

と答えると

「そっか、じゃまた次回走ろうね」

と、英語で話をして終了。
相変わらずの落ち着かないけど憎めない奴だった。



さて本題。
私は彼と一緒に走っているときもひたすらISPをキープ。
決して競争もしないし、彼についていくこともしない。
自分のペースで淡々と走り、手と脚と腰と心拍と喉を
常に注意しながら走っていた。
IPS状態をキープできていたので、退屈でもつらくもない。
自分で自分をコントロールしていた。

でも、おそらくLuckmanはIPS状態ではないはずだ。
あのムラッ気、落ち着かなさ、不安定さは退屈の裏返し。
きっとでたらめに走っているのだろう。

まるで自分の1か月前を見ているようで思わず笑ってしまった。
彼にも今の私のトレーニング方法を教えてあげたいとは
おもうのだが・・・・まぁ、説明しても彼は聞かないだろうし。

というわけで。
IPS状態の練習は淡々と実施中。
効果は非常に地味ではあるが、明らかに今までの練習の状態とは
全く異なった状況(肉体的にも精神的にも感情的にも)に
変わってきている。変化は本質的に楽しいものだ。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2018.11.28(Wed):日々の日記
IPS状態をキープするトレーニングを継続して気がついたこと。

・体の痛み(脚、股、肩)は激減する。
・かなりの量のTSS値のトレーニングをしてもヘルペスが
 発症しない。
・がっくり来る疲労感が消える。
・夜の途中覚醒が減少する。

昔良くあった、「頭はやる気があるんだけど体がついてこない」
という疲労状態に似ている。
感情と精神は明らかに落ち着いていて疲労感は少ない。

但し、あまり劇的な改善がみられないものもある。

・いざ体を動かしたときの疲労感は変わらない。
  Fitnessが向上しているわけではないのでこれは当然の結果だ。
・トレーニングを開始する前の嫌々感もあまり減らない。
 実際に動き始めればすぐに嫌悪感も消えるのだが、最初の
 一歩がかなりしんどい。

これから寒くなることを考えると、なんらかの有効な
対策が必要になりそうだ。
Fitnessが徐々に改善してきたらまた状態は変わってくるのだろうか。
期待しよう。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2018.11.26(Mon):日々の日記
Zwiftのライドで毎度のこと言われる"Keep smile"
聞いたときは馬鹿馬鹿しくてとてもやっていられなかった。

しかし、これはやってみると違う。

人間の意識は非常に少ないBit処理しかできない。
ゆえに2つの感情を同時に持つことはできない。

もう一つ。
人間の感情は人間の顔の表情と強くリンクしている。
顔に感情が表れてしまうのは普通で、人の顔をみれば
その人の感情がわかってしまう。
人は良く間違えるが、このリンクは

 感情(原因) → 表情(結果)

ではない。

 感情(原因&結果) = 表情(原因&結果)

で対等なリンクになる。
実際試してみればわかる。
顔をにこやかな状態にして起こることはできない、もしくは
非常に難しい。
周りの人が笑っているので、思わず自分も笑ったふりをしなく
てはと思って顔を緩めるとなんか楽しい気がしてくる。

感情と表情はリンクしている。
感情を楽しい状態にするのは実は簡単で笑った顔をすればいい。
笑った顔をすると本当に楽しい気持ちになる。

さて、話を戻そう。
最初に口と頬を笑った時の形にしよう。
そうすると表情が原因になって、感情は笑った気分になる。
人間の意識は2つ以上の感情を持つことができないから
怒っていようが、不機嫌であろうが、一度楽しい気持ちになると
不愉快な気分をキープできなくなる。

だから、"Keep smile"は大事なわけだ。
子供に大人が伝える「笑ってごらん」は本質的に正しい。

トレーニングはストレスだ。
ストレスを過剰に受け取ると人は不愉快になる。
不愉快な気持ちになったら、まずは"Keep Smile"だ。
心が少し喜びを感じたら、次に、感覚に集中する。
感情から生じる、あるいはストレスから生じる不快感にではなく
自分の体の感覚に集中する。
そうすると、自分の意識は感情から生じる妄想から
自分の感覚を取り戻す。

1.まず笑った顔をする。
2.不愉快な気分から切り替える。
3.意識を感覚に集中させる。
4.感覚を重要視して、不愉快な刺激に対応する。

長時間のストレスに対応し、トレーニングを積む方法はまずこれだ。
感覚に意識が行っている状態はすでにフロー状態(IPS状態)だ。
なるべく多くの時間をこのIPS状態で過ごす。
これがFitnessの上達の王道だ。




登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2018.11.25(Sun):日々の日記
Zwift ASIA120
なかなか手ごわい耐久ライドだが、IPS状態で
完全に完走でした。
工夫をしたのが、燃料切れ対策。
マルトデキストリンとスポーツドリンクのミックスで
カロリーを調整。
飲み物だけで3時間持つようにしてみた。
これはいい。

それ以上にIPS状態にしていると「キツく」ないし
どこか痛いところ、具合の悪いところができない。
なにかに耐えながら走るというのがないのがいい。

2時間20分〜3時間30分まですべて更新。
3h 214w はCP曲線の特徴点になった。

身体的な疲労感はあったが、精神的にがくんとくる
いつものパターンはない。
やはりIPSトレーニングは本質的に優れたトレーニングだ。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2018.11.22(Thu):日々の日記
IPS状態でトレーニングをし続けるとどうなるか?
前から疑問に思っていたことを実際にしてみる。
1日のトレーニング量4時間半。Watopiaの距離換算で160km。

条件
・最長で1時間半。集中が切れたところで休憩
・走行出力はAeTベース。単独走行。
・音楽は聞き続けるがビデオは見ないでZwift画面に集中。
・周囲の走行者は気にしない。
・手、足、腰、喉、心拍全てに注意。
・痛み、不快感には早急に対処。
・Watopia1周に3箇所チェックポイント。
・チェックポイント通過ごとに達成感を表現
・走行していて気持ちが良くなったら笑う
・集中力が切れてきたら目を少しだけ瞑る。
 その後目を開けて再度集中

結果
・210TSS程度のトレーニング量。
・疲労感が殆ど無い。まだ練習が足りない感じ。
・4時間以上練習した際によく起きていた
 頭がぼーっと熱くなる感じがない。
・練習後手、足、腰に痛みがない。喉の乾きもない。
・練習後妻に軽くマッサージしてもらったが、いつも
 トレーニング後にひどく痛む箇所がほとんど痛まない
・食欲が湧く。
・ぐっすり眠れる。珍しく途中覚醒もなく6時間弱ぐっすり。


とにかくいい事だらけであった。
深夜の覚醒も実はトレーニングで起きる感情と精神への
ストレスの結果として起きている可能性があることがわかった。
なにより、妻にマッサージをしてもらっているときの
痛みが殆どないことが驚きだった。

IPS状態だと、自分の体の感覚に敏感になるために
こまめに運動を修正できるようになる。
結果として、体で起きている現象、特に良くない現象に対して
正のフィードバックが即座にかかり修正される。
その結果、正しいフォームと動きの運動を継続することになるために
疲労が減り、より多くのトレーニングをこなせるようになる。



今一度、サイエンティフィックに考えてみよう。
仮定として、肉体のトレーニングの量(例えば数値的にはTSS値)
がその人の持久的Fitnessを決定するとする。
そしてその人のトレーニング量は、トレーニングによって受ける
ストレスとリカバリーによって減じることができる
ストレス回復量によって平衡が保たれる。

トレーニングによって受けるストレス総量が

ストレス総量=感情ストレス+精神ストレス+肉体ストレス
回復量 =感情ストレス回復量+精神ストレス回復量
     +肉体ストレス回復量
1日から1週間でこのストレスと回復量は均衡が取れていないと
人間の体は不具合を起こす。

この中で、肉体ストレスだけを増やしたい。
なぜならこの肉体ストレスこそがFitnessを決定付けるから。
そうした場合、感情ストレスと精神ストレスを最小にして
回復量を最大にすると最も効率がよくなる。

トレーニングを真面目に行っている人の場合
その人が1日に受ける各種ストレスの最大のものは
トレーニングそのものである可能性が高い。
だとすれば、トレーニングそのものの性質と効率を
良くしなくてはならない。
つまり、トレーニングをしているときに肉体ストレスを
増やしつつ、感情ストレスと精神ストレスを最小化
することが望まれる。
つまり、それがIPSそのものになる。

いままで単純に
1日のトレーニングストレス=1日のTSS量
という捉え方をしていたが、この考え方を一度やめて
自分がいかに感情、精神、肉体にストレスをうけているのか
というのを意識するようにしてみると、持久的トレーニングの
質が変わってくるのかもしれない。

とにかく継続してやってみようと思う。
何が出てくるかは、出てきてから評価をしてみればいい。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2018.11.20(Tue):日々の日記
理想的な心理状態と呼ばれる「ノっているときの気分」
この状態は、精神的に楽しい状態。
苦痛が少なく楽しくて仕方ない状態。

一方、何かの目標を持ってそれを克服するための練習は
意図的な練習と呼ばれる。
これは必ずしも楽しいものではない。よくいえばチャレンジだが
失敗が多く成功は少ない。トレーニングは厳しいもので楽しくない。

レベル的にいえば意図的な練習の困難さはIPS状態の困難さよりも
少し上のものらしい。
自分の能力と釣り合った挑戦こそがIPSのは発動条件だと思えば
更に上のレベルに到達しようとしている意図的な練習は
厳しいものになるのはその定義から当たり前なのかもしれない。


そんな中ふと思うことがある。
「なるべくIPS状態が多いような練習を繰り返したらどうなるのか?」

精神的なストレスはIPSの楽しさ故に少ないものになる。
要は、練習が嫌いになることはない。
肉体的なストレスはそれほど高くない。だから量をこなさなくてはならない。

IPS状態が続く限りトレーニングをして、集中が切れたところでこまめに
休みながら、とにかく量を沢山こなして肉体的なストレスを増やしたら
どうなるだろう?

ストレス総量=感情ストレス+精神ストレス+肉体ストレス

なわけだから、感情ストレスと精神ストレスをIPS状態をキープ
することで少なくして、その分肉体ストレスを増やす。
いわゆるきつい練習が感情ストレスや精神ストレスを同時に
増やしてしまうことから考えてこれはうまい戦略なのではないか?


いわゆる高強度トレーニングが引き起こす頭打ちに対して
長期のLSDトレーニングとピリオタイゼーションがこれの
ブレイクスルーになる理由の一つにこのストレス総量の
理論のバックグラウンドがあると思うようになった。


先日1時間しか続かなかったIPS状態は今1時間20分に伸びた。
集中して自分が自分の体を全部把握しきれていて楽しい状態を
なるべく長くできるように、今はトレーニングをするつもりだ。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2018.11.15(Thu):日々の日記
人の脳は、様々かつ多大な情報を処理している。
なのに人が意識して処理できる量は極端に少ない。
例えば、1つのことを考えながらほかのことを考える
ことはできない。

だから、脳は意識に持ち上げないで処理している
情報があまりにも多数存在している。
つまり、人は意識して自分の体を正しく認識できない。

人の生命を守るために、しばしば人の意識は
緊急の情報のみを見つけては緊急に意識に割り込みをする。
つまり、「もうこれ以上、運動を続けられない」
という情報だけを意識に持ち上げる。
そして、人は運動をやめる。


細かい情報を脳は意識に持ち上げないということは
何か運動をやめなくては、という意識が上がったときに
一体何がその妨げになっているのかを理解できない可能性が高い。


よくある例として、水分がある。
特に歳をとると、自分がのどが乾いていることに気が付かない
ことがある。
夏に大量の汗をかいているのに、のどが渇いたと意識できない。
結果、体内の水分が大幅に減ってしまってから、運動ができなく
なってしまってからのどが渇いていることに気が付く。

だから、こまめに水分補給を、と注意をするのは
人が良く水分が足りなくなってしまっていることに気が付かない
意識に上らないことをいみじくも表している


今、トレーニングをしながら、特に集中してトレーニングを
しているときに気を付けていることがある。

・今、どんな気分か。調子がいいか、悪いか。
・調子が今一つなら、何が悪いのか。
 筋肉に痛みがあるのか、呼吸が苦しいのか、心拍数が高すぎるのか
 尻に痛みがあるのか、のどが渇いているのか、暑すぎるのか
 エネルギー不足を起こしているのではないか
・今自分は何をターゲットにしているのか
・そのターゲットは達成できたのか
・ターゲット達成時に成功を体で表現しているか
・達成し終わった後のターゲットは何か

自分の意識と自分の感覚を研ぎ澄まして、自分の今の体と気持ちを
始終把握しようとしている。
案外できるようでできない。難しい。

自分の感情と精神へのアラームを聞き取り、それに正しく対処する。
まずは、集中のポイントをここに置くことにしようと思う。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2018.11.14(Wed):日々の日記
最近読んだ著書から強烈なメッセージを受け取った。

「トレーニングは、肉体に対してだけ行うものではない。
 感情と精神とに対してもおこなうものだ。
 肉体にストレスを与え、その回復によりより強くなるように
 感情と精神にもストレスを与え、その回復からタフになる
 必要がある。」

「タフになる訓練は、あくまでも後天的なものでトレーニングで
 対応できる。」

「肉体と感情と精神とバランスを取った強化が必要で
 多くの選手の場合、感情と精神のトレーニングができていない」


単語をきちんと定義しなくてはならない。
感情とは「怒り」や「苛立ち」や「焦り」などをいう。
精神とは「集中」や「ビジュアライゼーション」や「思考」などをいう。

それぞれに、ストレスと回復がある。
人はこの3つからストレスを受ける。そしてそれぞれから回復を得る。


あぁ・・・・と、ものすごく納得する。

平日の仕事で、強い怒りが沸き起こったときに夕方のトレーニングが
できなかったことがある。
感情のストレスが貯まりすぎて、肉体のストレスを受け入れられなかったのだ。

トライアスリートがヨガや瞑想を積極的にする。
肉体的な疲労と直結しないこうした行動を何故するのか、なかなかわからなかった
のだが、ストレスという共通通貨で支払いをしていたと考えるとよく理解できる。

テニスプレーヤーや野球選手やバレーボール選手が、プレーの後と前に
いつも特定の決まった動作をする。
気持ちの切り替え、回復、リラックス、再集中のプロセスを定式化して
ストレス状態から回復し、そしてまたストレス状態へチャレンジする
準備をしている。あれはインターバルトレーニングと同じだ。



今朝、トレーニングで30−30のHIITをやってみた。
いつもは、ONの30秒のためのトレーニングだった。
今日は、OFFの30秒のためのトレーニングをやってみた。

OFFの始まりに何の行動をとるか。
OFFで感情をどうするか。
OFFで感情と精神の回復をどう図るか。
OFFの終わりにどのように感情と精神をチャレンジ状態にするのか。

頭でかんがえるのではなく、テニスプレーヤーや野球選手やバレーボール選手
がやるような、一連の動作とあわせて自分をコントロールしてみる。

あぁ、違う。そうか、インターバルトレーニングで鍛えるべきは
肉体だけなのではなく、感情と精神なのか。

トレーニングで重要なのは、ONだけではない。
OFFのあり方を同時に学ぶことこそが重要だ。
OFFのあり方をトレーニングすることで、ONの集中の度合いが変わるのだ。

いつもならば
「あと、何本もある。。。あぁ・・・きつい」
と感じるだけの苦痛の時間が
「さぁ、今はこれ。リラックス、回復して、さぁ、時間、集中して」
に切り替わる。違う。全く違う。

いい本に出会えた。
これからインターバルトレーニングをする際の脳の状態はあきらかに
かわりそうだ。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2018.11.11(Sun):日々の日記
P5 Amo号でHi-bike小貝川参戦。
いつの間にか若くて早いメンバーが増えて
平坦なのに苦しい。きつい。

2番手について368w、184bpsで走らされて
あえなくダウン。
先頭は400wを超えているはず。
N氏はなんであんな時間持つのだろう?

家に帰ってみて気がつく。最大心拍数が更新されていて193bps。
なんとも元気のいいことだ。
ここ数週間で最大心拍数もVO2maxも両方更新。
私は若返っているのか?
老いのサイエンスの常識は私にはどうも当てはまらないようだ。

午後、食事後1時間ぐっすり昼寝して
子供と公園で自転車の練習。片手運転から補給食とボトルの
受け取りの練習。怖がってなかなかやらなかったのに
あっという間にできるようになっている。
なんとも嬉しいと同時に羨ましい。

夕方、WBS100に参戦。
あれ?このライド結構きつかったのに。
1時間10分楽勝でついていける。
やっぱり高強度をやると低強度ロングは気分的に
らくになる。時々高強度の刺激は役に立つものだ。

今日はフルリカバリーしなくては。
また週の初めでダウンしてはしょうがない。
まずは、マイペースだ・


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2018.11.08(Thu):日々の日記
パワーをとるかエアロポジションをとるか?
まるで宗教論争のような議論は頻繁になされている。
私はこの議論をいつもナンセンスでつまらないとおもっていた。

Faster Time Trialing with Justin Rossi:
https://www.youtube.com/watch?v=qsfgnz0FOow

5分あたりからの議論を聞いてほしい。
Justin Rossiは、US National TT 2位の実力選手だ。
「ベストなエアロポジションを作り、あとは
 "Plactice,Plactice,Plactice"だ。」

彼は週に1回かそれ以上TTバイクに乗るそうだ。

「私はTTerだ。TTバイクが好きだし、好きでなくてはならない」

50歳位に見えるがまだ38歳。体脂肪4〜5%だからか。
FTPは350〜360Wだそうだ。

カッコいいなぁ〜と久しぶりに聞き惚れた。
ナンセンスな議論をしている暇があったら、Justin Rossiを
見習って、"Plactice,Plactice,Plactice"だ。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
2018.11.07(Wed):日々の日記
Bagle Pandaがバージョンアップした。
前のバージョンが3.0だったので、マイナーチェンジだ。

しかし、3.0から3.1は非常に大きな変化だ。
確か、どこぞのOSも同じような気がするが。(古)

今までのダメダメPandaを卒業して
イケイケPandaに脱皮したという変化だ。

妻に言わせると私は練習の度に
「だめだ〜だめだ〜」というので
ダメダメPandaという別名がついていた。

もうこの「だめだ〜だめだ〜」をやめようというわけだ。
「いけるぞ、いけるぞ」に切り替えてイケイケPandaに
変わろうと思うのだ。

いいじゃないか。この歳でP_VO2Maxが6%増加したんだ。
IMPOSSIBLE IS NOTHING(不可能なんて無意味だ!)



IMPOSSIBLE IS JUST A BIG WORD THROWN AROUND BY SMALL MEN WHO FIND IT
EASIER TO LIVE IN A WORLD THEY'VE BEEN GIVEN THAN TO EXPLORE THE POWER
THEY HAVE TO CHANGE IT.
IMPOSSIBLE IS NOT A FACT. IT'S AN OPINION.
IMPOSSIBLE IS NOT A DECLARATION. IT'S A DARE.
IMPOSSIBLE IS POTENTIAL.
IMPOSSIBLE IS TEMPORARY.
IMPOSSIBLE IS NOTHING
By Muhammad Ali

というわけで、Bagle Panda Ver.3.1である。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村