FC2ブログ
2014.05.15(Thu):日々の日記
目標レースが終わって一休み。

本にも書いてあるがこういう休みはやはり大事だ。
ずっとテンションをあげっぱなしだと、ぷつんと切れてしまう。
時々、緩める必要がある。

今は、したいことだけしている。
筋トレは、徐々に復活中。基礎期3に向けての準備ができてきた。
屋外は、時間と天候の関係でできないことが多いので家でのんびり
3本ローラー。

時々、踏み込みたくなったときだけ踏み込んでいる。

好き勝手にやるのは週末まで。
こういう時間は大切に使おうと思う。




そうそう。
一応、学問をある程度修めたものとして一言。
トレーニングのことを知りたくて運動生理学の教科書や
最新の論文などをさらりと読んだのだが。。。

この分野は、まだどう見ても原始の科学だ。
科学とはいいにくく生理学というよりも整理学に近い。
つまり、天文学で言えば暦の読み方や星座の観察レベル。
植物学で言えば植物の分類と性質の観察レベル。

人間に与える負荷とそれに耐えうる継続時間の統計情報と
動物実験からわかる運動と筋組成の変化の観察をしている感じだ。
ホルモン分泌や遺伝子の活性化の話もないわけではないが
因果関係や成長のシナリオに関しては予想と、観察の域をでない。

生体の時間的なダイナミックな変化を時間的に継続的に計測する方法が
確立していない現在、できることは上記のレベルになってしまうのだろう。

ゆえに、トレーニングはどうしても経験則に従って、多くの成功体験(と失敗
体験)に基づくものしか生まれてこないことになる。


まぁ、サイエンスというのものは最初にこの観察と経験則が先にあって
その法則を説明できるように論理だてられるものなので、何度も確認
され歴史的に精錬されているその経験則自体は間違いではないことが多い。

しかし、信じるべきは経験則だけであって、経験則をいかにももっともらしく
説明しているかのように見える似非理論は信じると危険だ。
ネットに氾濫している似非理論、注意が必要だと思う。


私は、歴史的に検証されているトレーニング方法だけ、信じることにしている。
あくまでも、「方法だけ」だ。

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/1105-9fd6bc9b