FC2ブログ
2014.08.20(Wed):スポーツ科学
今週から取り入れたHIIT。
ネットで有名なTABATA protocolほどきつくはないVO2Maxレベルの
トレーニングなのだが・・・・・
やはり、きつい。猛烈にきつい。

ほんの数分のエクササイズなのだが、永遠につづくのではないかと
思うほどにきつい。

時間効率云々は、私はそれほど気にもしない。
寧ろ疲労の方が大事だ。
ジャンクマイルがなくなるのは非常に良い。
無駄な疲労がなくなるのは非常にwelcomeだ。

しかし、この強度だと成功率が低くなるのはいかんともしがたい。


今までのL4付近のトレーニングだと、なんだかんだあっても
ある程度こなすことはできる。
その後に大量の疲れが残ろうが、それは休養日を確保して
休めば治るという感じだ。

一方HIITだと、容赦無い。
メニューがこなせなければ「失敗トレーニング」になってしまう。
いい加減なごまかしが効かなくなる。

大量の疲れという感覚ではないが、結構筋肉や関節にダメージが来る。
L4の重い疲労の感じとは対照的に、L5の場合動けない動かないという
機能障害レベルの疲労が起きる。
動きづらい動きたくないではなく、動けない感じだ。

HIITのTSSは低い。しかしダメージが大きいので完全にフレッシュな
状態まで次の日に回復していないと、次の日のメニューがこなせない。

なかなか厄介だ。

とはいえ。
私はこの新しいトレーニング方法が結構気に入っている。
中途半端が無くて、OKかNGかしかない。
こういうバッサリ切れるのは気持ちいい。

とにかく、故障に注意するのとなるべく心身をフレッシュな状態で
トレーニングに望むのを心がけてみようと思う。

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/1277-225635db