FC2ブログ
2014.08.21(Thu):スポーツ科学
HIITのメニューをトライしてわかったこと。

あくまでも私の場合。
とにかく長いインターバルはきつい。
強度が強くても30秒なら我慢できるけれど
強度が低くても5分は我慢できない。

だから、頻繁に休憩が入るインターバルはたとえ回数が
多くてもそれほど苦にならない。
いままでのL4のトレーニングもそうだった気がする。
強度がそこそこでも長いインターバルは駄目だった。
精神的に「もうだめ」となってしまうのが多い。

脚が痙攣をおこしたり攣ったりしたことはない。
呼吸が最大心拍数に近づいたこともない。
単に、辛いからもういやだ、ダメだになってしまう。

精神的に駄目というのは情けない。。。。
ヘタレって簡単にいうけれど、自分の姿を
本気で振り返るときには結構敗北感が大きいものだ。


一方、短い時間なら
「きついけどもう少し。我慢できる、いける!」
になる。
筋肉量の影響なのだろうか。

VO2Maxレベルだと、今現在は1分が境のようだ。
これでいけるか、いけないかが決まってしまっている
そんな感じがする。

個人的にはこのHIITは結構気に入っている。
短期集中型のトレーニングは、若い頃から好きだ。
ひと冬、これで超えてみたらおもしろいだろうか?
夏は暑すぎだけど、冬にはちょうどいいかもしれない。

VO2Maxが20%も増加したなどという驚異的な報告も
(ラグビーの場合だけれども)あるようだ。
そんなに増えたら楽しそうだ。楽ではないけど(笑)

14日間のトレーニングには、まだロングインターバルが
複数入っている。
いままでの傾向だと、この手のものは代替で違うものを
いれこむてもありそうだ。
パフォーマンスは落ちるけれど、失敗率が下がり
モチベーション維持が楽になるならそれほど悪い
選択ではないかもしれない。

急ぐことはない、まだHIITなら試す時間は沢山ある。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/1279-e36d2e51