FC2ブログ
2014.09.19(Fri):スポーツ科学

ここのところHIITトレーニングを学び初めていろいろ
わかってきたことがある。
散々教科書には書かれていることなのだが、すっと読み飛ばして
しまっている記述がある。

それは、これ。

「トレーニングはいつも目的を持って実施しなさい。
 そのトレーニングも何のためにしているのか
 しっかり意識して実施しなさい」

なんというか、軽く読むと当たり前でちゃんと読まない文章だ。

今まで、いろいろな人のブログを読んでその人が

 「今日のチーム練習では、○○○W *分 どこどの坂出だした!」

なる記述を読んでは、
「すごいな。こんなパワーが出るんだ。
 こんな風にパワーを出すような集団練習をしないと駄目なのかなやっぱり」

などと、漠然と考えていた。
事実、練習パートナーを探そうとか試行錯誤したこともある。
幸い私はそういうことができなかった。そしてできなくてよかった。

今、私は上記のブログを読んでこう思うようになった。

「この人の能力(過去のCP値からの推計)で、この記事にある
 何分何Wのトレーニングをしても、それほど現在の運動能力を
 向上させる刺激になっていない可能性が高い。
 チーム練習での爽快感や達成感はあるだろうが、このままでは
 能力向上はじきに頭打ちになるだろう。」


何故か?
冒頭の話が重要になってくる。

「何のための練習なのか?」この疑問にチーム練習を取るという
選択はきちんと答えることができるのであろうか。
「○○○W *分」という練習は、パワー領域のどこをどのように
増やそうとしていて、それは適切な強度と量なのだろうか。

「目的が明確ではないトレーニングは、トレーニングの焦点を
 ボケさせて能力向上を妨げてジャンクマイルと疲労を増やす
 だけになる。」

教科書にある、この言葉は強烈かつ適格な指摘をしていると
私は思うようになった。

(つづく)




登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/1324-00d70c42