FC2ブログ
2014.09.23(Tue):日々の日記
昨日、完全回復日の間にほんの少しの怪我をした。
1歳の娘を抱っこして、ふっと持ち上げようと背中を
のけぞらした時にウッと痛みが走った。
それ以来、背中の筋肉が痛く熱を持っている。
今も氷で冷やしているところだ。

妻に
「トレーニング、やり過ぎだよ」
と忠告されてふと気がつく。

確かにここのところ休息が少なかったように思う。

ちょっと気になって確認してみた。
HIITトレーニングを開始したのが8月18日スタート。

週末に1度妻とのロングライドが入るがそれ以外は
ずっと高強度トレーニングをしている。
週末のロングライド、Hi-Bikeの集団走行を休みと
考えない場合、なんと

8月18日~9月21日の34日間に完全休養は
9月5日のたった1日

だけだ。
妻との週末のロングも6~7時間が普通で3時間
程度で済ませたのはたったの1日。
これは、アクティブリカバリーに入れるのには
さすがに無理がありそうだ。

TSS値が低いので疲れを感じないとばかりに、調子に
乗りすぎている。

HIITの教科書には、14日分のトレーニングで既に
オーバーリーチ状態のはずと忠告している。
既に2サイクル回している私は十分にオーバーリーチ
のはずだ。

となると。
今のこの背中の怪我は、まさに疲労から必然的に生じた
ものとかんがえるべきなのだろう。
5週間にも渡るハードな練習の先に休養週を入れるのは
間違いではなさそうだ。


良くも悪くも、軽度に脚や腰ではなく背中の怪我をしている。
この痛みが引けるまではとにかく休もうと思う。
自転車から離れて、完全休養をしよう。
多分、この痛みが消える頃にオーバーリーチ状態からは
回復をしているはずだ。



今週のスケジュールも柔軟に変更することを考えたい。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/1333-2b41517a