FC2ブログ
先日、Hi-Bike中村店長の帰国にあわせて
JaVision号のギアセッティングを見てもらいに
Hi-Bike店に行った。

つくば8耐では、単独走になる可能性が高いと踏んで
ゼンティスバトンで参加することにしている。
スプロケットがshimano製でリアメカがSramなせいで
どうもアウタートップの具合が悪い。
自分で調整してもいまいちなのでプロの目で見てもらった
のだが、結論はどうやってもダメ。
カタカタ音がでてしまうのは仕方ないという結論になった。

前々から気になっていた、HIITの相談をしてみた。
今は強化期だからHIITを続けても問題ないだろう。
しかし、この後の冬のシーズンどうすべきなのか
このままHIITを続けていいのか。
自分がずっと悩んでいたことを聞いてみた。

店長は、私の顔を見て一言。
「今の練習を続けていられるのであれば、そのまま
 やってもいいですよ」

ええええ???ちょっと思わず聞き返してしまう。

「ベーグルパンダさん、回復うまいじゃないですか。
 整体とかで自分で調整していますよね。
 今、疲れが蓄積している様子もないし
 そのまま続けて大丈夫ですよ」

あぁ、それで私の顔を見ていたのか。

「それよりも・・・・
 今、L5と言っている強度はまだ本当のL5の強度では
 ないですよ。
 今のペダリングでの体の使い方でのパワーの出し方
 では、本当の追い込み方ができていないんです。
 段々、ペダリングがうまくなってきて正しい体の
 使い方ができるようになると、本当の強度で練習
 できるようになります。追い込めるようになるんです。
 だから、今のままでいいですよ。」

って・・・・いや、強度は十分L5だって・・・・
十分追い込んでいると思うけど???

「やっぱり実走でL5インターバルをやらないと。
 固定ローラーじゃだめですよ」

うんうん、3本でやってるよ、固定はダメだと私も思うから。

「3本ローラーですか。固定よりはいいですが。
 やっぱり実走で、ですね」

って、おいおい実走でL5追い込んだら危険じゃないの?
どこでやれっていうの?

「追い込んでも大丈夫なように練習しないと。
 疲労でフラフラになっても、しっかり意識をもって
 しっかり走り切れる練習をするんです」

んなもんできるかぁ~~~!!!


というわけで。
中村店長は、どうしてもL5領域を実走で練習させたいらしい。
やはり彼は前々から感じていた通り「鬼」だ! 

しかし、今回なんというかすごく自信をもって
L5をHIITを継続していいといわれた。
なんかよくわからないが、続けてみようと私も思った。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/1355-b12cb6d5