FC2ブログ
2015.01.19(Mon):日々の日記

基礎期の終わりに合わせて強化期の練習方法を詰める
段階になった。このレスト週に考えるのが最も適切だ。

大まかな方針は、去年の10月に立てている。
強度と量のバランス、そしてレース特性に合わせた専門化
練習の強化がこれから2ヶ月半の基本戦略になる。

去年の10月の段階で予期できなかったことは2つ。
1つは、基礎期のトレーニングが予想以上に順調にこなせたこと。
もう1つは、修善寺CSCで必要となるW/Kgの情報が手に入ったこと。

あまりにもバカバカしい話なのだが、10月の段階では
まさか、基礎期のあのトレーニングをこなせるとは正直
思っていなかったのだ。でも、意外にもこなせてしまえた。
完全ではないけれどもかなり良い成績でだ。

基礎期を終えた段階での自分の実力と、最終的に春の
修善寺でのレースに必要になるパワーを比較してみると
減量さえうまくいけば、ほぼ対応できることがわかった。

まだ完全にチェックを終えたわけではないが、今の能力を
もう少し長時間継続できるようになり、同時に体重があと
7kg程度おちればまともに戦えることがわかった。

能力を大きく伸ばすのではなく、能力をほとんど落とさない
ようにして減量をきちんとすればいい。
筋トレの減量期、ボクサーの試合前の減量と同じことだ。
筋力量を増やしてパワーや力や速度を上げて、それを落とさない
ようにして余分な脂肪を落としていく。

筋トレの場合は、どうやっても1回のトレーニングで消費される
エネルギーが小さいので厳しい食事制限が不可避になるが
自転車の場合、トレーニングで消費されるエネルギーが大きい。
そしてコントロールできる。
だから、食事制限は厳しいというよりも統制、制御さえできて
いればある程度楽にこなすことができるはずだ。

自分のエネルギー収支に関しての考察はできた。
実際に数日間やってみているが、予定通りの数値がでている。
恐らく計算に大きな間違いはない。

修善寺CSCのW/Kgの情報はどうだろうか?信頼できるか?
過去に修善寺CSCを走ったときのパワーと上記の情報はかなり
良い一致を見せている。
単純に言えば、パワーはそこそこあったけれど、重量が重すぎで
とても必要なW/Kgを出しきれなかっただけだ。
だから登り数回でくたびれ果ててちぎれてしまった。
当然の結果だ。

W/kgの分子のパワーを上げるのは一苦労だが、分母の重量を減らすのは
私はそれほど難しくないはずだ。余分なものがいっぱいついている。
7kg減らした数値で、生活をしたこともある。
そんなに酷い状態ではない。寧ろ丁度バランスの良い体型になるくらいだ。

いける、のか?本当に計算はあっているのか?
何度も何度も読み直し、計算しなおしている。
多分あっている。あとは信じてまっすぐ進むだけだ。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/1529-3f0400c2