FC2ブログ
2015.06.12(Fri):日々の日記
自分のやっていることが正しいのか、間違っているのか。
時々人は自分に自信がなくなって、他人のやってることを
覗き見る。

覗き見た人のやっていることは、良くも悪しくも自分の
評価に影響を与える。

良いケースはこうだ。
・自分のやっていることへの刺激になりやる気が増す。
・自分よりも良いやり方が見えて、自分のやり方を
 改善することができる。
・他人の失敗例を自分の反面教師として利用する。

悪いケースはこうだ。
・自分と他人のレベルが違いすぎて気分的に落ち込み
 やる気が失せてしまう。
・自分のやっていることと他人のやっていることが
 同じで安心してしまう。改善すべきところがみえず
 自己肯定にハマってしまう。
・自分のやっていることと他人のやっていることが違い
 自分のやっていることに自信がなくなってしまう。
 結果として、人のやっていることに引きづられ
 一貫性が崩れてしまう。

人の作業を覗き見ることは、決して悪いことではない。
あらゆることと同様に良い面もあれば当然悪い面もある。

ロードバイクのトレーニングに関してはどうだろうか。
目的も、身体的特徴も、現在の状態も、置かれている環境も
なにもかにもが違う中で他人のトレーニングと比較することに
どれだけ意味があるだろうか。

トレーニングにおいてもっとも怖い病気は「停滞」だと
私は考えている。
この病気を引き起こしかねないのであれば、他人のトレーニングを
見ることは避けたほうが無難なのかもしれない。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/1717-fb3db366