FC2ブログ
2015.08.14(Fri):Zwift
トレーニングの経過を見るのにもっとも必要な物は
やはりテストだ。これは避けては通れない。

にもかかわらず、休息週にテストをしないことが多い。
自分の今の実力をきちんと知ることはある意味「痛い」からだ。

どうすればいいだろう?
ちょっと思いつくことがあった。
Zwiftのタイムトライアルを使ってみてはどうだろうか。

Short Anartobic 20-90 sec      スプリント区間 20sec
    Anartobic 120-300 sec     山岳区間    120sec
    Aerobic  600-3000 sec    1周       1200sec
Long Aerobic   3600-30000 sec

大体だが、トップを狙おうとすると、右側程度の時間で
Maxスプリントしないといけなくなる。
まさに、丁度Zwiftのそれぞれの賞に当たるではないか。

だとするなら、タイムトライアルをZwiftをみながらすればいい
ということになる。この区間でだせる能力の限界までだしてみる。
ま、平たく言えばトップを狙ってみればいい。

そうすると必然的にGoldenCheetahがCPmodel値を計算するのに
丁度のデータがでることになる。
一石二鳥。いや、ストレスが少ない分非常にいいかもしれない。

屋外と違って、風や道路環境によらないし
かといって屋内の単調すぎるきつさは緩和される。

なるほど、将にタイムトライアルをやるのには絶好の環境と
言えそうな気がする。
3週間に1度のテストは是非このZwift環境でトライしてみよう。
なにも10秒、5分、20分だけが全てではない。
要は、必要な情報が取得できればよい。
GoldenCheetahの計算方法に合わせたデータ取得をねらってみよう。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/1777-95ba170c