FC2ブログ
2015.08.17(Mon):スポーツ科学

さて、話題のWKO4。
このソフトの基本アルゴリズムは、以下のたった
3つのパラメータで自転車の運動能力を評価している。

・Pmax
・FRC (Functional Reserve Capacity)
・Modeled Functional Threshold Power(mFTP)

この数値とトレーニングストレスとはざっくり言えば
上2つが、Anaerobic Stress
下1つが、Aerobic Stress
と関連しているといえる。

Anaerobic StressとAerobic Stressを上手にレベルアップ
させて、上記3つのパラメータを上昇させる。
生態的な因果関係は、未だ明らかになっていないが
上記パワメータと数値と運動能力の高い相関は、各種多数の
データからみえてきている。
ならば、因果関係の微に入ることなくこのパラメータをあげること
だけに集中していれば必然的に能力は向上するのではないか?

未熟な人類の想定する因果関係よりも大事なのは
データに裏付けされた相関関係だ。
何という原因が非常に高い確率で結果を引き起こすかに
注目すればよい。

今、Anaerobic Stressは偶然高い数値を出している。
Aerobic Stressはいい感じで上昇している。
この2つの数値をまず過去最高値までキープしてみる
ことに挑戦してみようと思う。

Anaerobic Stress(LONG) を80へ。最終的に120へ
Aerobic Stress(LONG) を1.7へ。最終的に4.5へ。

まず近々にこれを目指してみよう。



登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/1782-7a06ac6a