FC2ブログ
2015.11.01(Sun):スポーツ科学
大脳の機能とコントロールの関係:


後頭葉:視覚形成の中心
側頭葉:言語、記憶、聴覚
頭頂葉:感覚モダリティーから感覚情報の統合 
    空間感覚と指示の決定を担っている。
    体性感覚野と視覚系の背側皮質視覚路を構成
    体性感覚野:
     体の各部位から体性感覚の入力を受け取る領域
    背側皮質視覚路
     視覚対象が空間のどこにあるのかを理解する空間認識
前頭葉:ドーパミン系コントロールの大半
    報酬、注意、長期記憶、計画や意欲
    現在の行動によって生じる未来における結果の認知や
    より良い行動の選択、許容され難い社会的応答の無効化と抑圧
    物事の類似点や相違点の判断に関する能力
    課題に基づかない長期記憶の保持

(1)コトバで確認する。 ラベル貼り
 精神状態、体調の2つを言葉で正確に確認する。

 ⇒ 側頭葉を活性化

(2)カラダの感覚を意識する。
 視覚に頼らないで他の感覚(動き、接触、痛覚など)を意識する。
 体の状態を意識して、自分自身の体の状態を把握する。

 ⇒ 頭頂葉の体性感覚野を刺激・活性化、背側皮質視覚路を活性化

(3)アタマの中を分類する。
 3つの分類を確実にする。 (貪欲、怒り、妄想)

 ⇒ 前頭葉の活性化



登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/1859-c6af7185