FC2ブログ
2015.12.04(Fri):日々の日記
ネットで検索をしていたら、ふと目にした記事。

為末大の悩み相談室:
http://president.jp/articles/-/16544

「僕の母は・・・(中略)「陸上なんていつでもやめていいのよ」と
 いつも言っていました。(中略)そう言ってもらったおかげで
 母に認められるためではなく、自分がやりたいから陸上を続けて
 いるのだという自覚を持てたのだと思います。」

あぁ、なるほどと思う。
この人が陸上という分野で成功した理由はまさにこれなのだと。

モチベーションは常に自分にある。
小さい子供は、発達が未成熟な故に自分の外にモチベーションを
求めてしまう。
子供は成長に応じて大人になり、大人は自分自身の中に
モチベーションを持つようになる。

成長して歳を重ねているのに、未だに自分の中にモチベーションを
持てない人は発達が未成熟なままの人なのだ。



http://president.jp/articles/-/16406

「人生をこまめに予実対比していると、計画と実績のズレに
 早めに気付いて補正していくこともできます。
 ただ、この方の場合は計画と実績にズレがあったというより
 そもそもの計画が無かったことが問題のように見えます。」

「陸上競技のトレーニングでは目標達成のためにあらゆることを
 数値化し、目標が達成されたところを繰り返しイメージします。
 漠然と「こうなりたい」と思っているだけだと結局流されて
 しまいます。」

これもなるほどだ。
日記をかけとか(定量的な)目的を立てろだとか
計画を立てろだとか、そういうことはこの予実対比の為にしている。

だからこそ、目標がない計画がない毎日確認していない
そういう状態こそが失敗への道を作ってしまっている。

やはり、小さい子供は自分で明確な目標を持ちにくい。
ましてや計画を立てることもできない。
幼い子供は先の見通しが悪いわけだ。

成長に合わせて、自分で明確な目標を持ち計画をたて
予実対比ができるようになる。
そして、先の見通しが立つようになる。

これができないということは、つまりは
成長が進んでいないという状態だということだ。



登録してみました。よろしかったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/1885-fdb360e5