FC2ブログ
2015.12.09(Wed):日々の日記

最近のわけーもんは、なんて言う年齢になりたくはないと
おもっていたけれども。

さいきんのわけーもんは、全身全霊で頑張るのはカッコ悪いと
思う人間が多くなっているのだそうな。

失敗するのが怖くて、最大限頑張るのをやめてしまうのだそうな。
全力でやってダメな時のショックが大きいのではないかと
思うその気持ちはわからないではないけれど、それは取り越し苦労だ。

やってみればわかる。最大限やってみてダメだった時というのは
ショックがでかいというよりも、清々しい気持ちになるものだ。
だから、ヤル前に「やりたくない」という気持ちを正当化するために
頑張るのをやめる理由をさがしているのだ。

「カッコ悪い」「キモイ」

なんて言う言葉は、意味もなく何かの価値を落とそうと試みる
ものに過ぎない。
そんなこと言われたら言い返せばいい。

限界まで努力しないほうがカッコ悪いと。キモいと。

私はそう思う。

最近、練習が終わると上の娘にいつも聞かれる。

娘:「お父さん、今日は勝ったの?」

娘は私がレースをしていると思っているのだろうか?
それとも、私が今日のノルマをこなしているとおもっているの
だろうか?
いずれにせよ、答えは勿論いつもほぼ同じだ。

私:「ううん、今日も勝てなかったよ。
   いつも勝てないじゃない。今日も勝てなかったよ。」

そうすると、娘は面白いことをいう。

娘:「そうじゃないよ。お父さんよく勝っているよ。
   私知っているもん。」

ノッポさんが言っていたけれど、5歳の子はもう
「子供」ではない。「ちいさい人」だ。
なんとも、気の利いた泣けることを言ってくれる。


さて、今日も限界までやってみようか。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/1895-c6bd9906