FC2ブログ
2016.07.04(Mon):日々の日記
家庭内の都合で、練習どころではなくなってしまっていた。
仕事のほうにも影響がでてしまうほどで・・・大忙しだった。

なので、計画的なトレーニングをする余裕はなく終了。
やはり、ルーチンにもっていかないとトレーニングは難しい。
こういう難題もうまくクリアできるようになりたいものだ。

実際、忙しい中にも休みを取ることはできた。
このドタバタの最も大きな収穫は2点。

1.AeT 4時間の実施
 なかなか連続して実施することが難しいAeTトレーニング。
 30分⇒45分⇒1時間⇒2時間と増やし、とうとう4時間達成。
 もちろん、途中で水分補給の休憩やトイレ休憩を数分はさむが
 ほぼ連続して4時間できるようになった。
 これは非常に大きい。

 とにかく、痛みを消すことが何より大事で不快感を少なくすれば
 体力的には4時間をこなすことができることを証明できた。

2.体重のかけ方と切り返しのポイント(低ケイデンス走行)
 60rpmと110rpmを交互に10分ずつこぐ練習をしながら
 切り返しのタイミングと、体重のかけかたのコツがつかめてきた。
 
 感覚的に言うと、上死点付近でほんの1瞬だけ体幹と足の
 筋肉に力を入れるようにしてペダルに全体重をかける感じにする。
 このとき腕はほとんど体重を支えておらず、腰も浮かしはしないが
 単にサドルに接触しているだけの感じにする。
 その力の入れ方を1瞬だけ行って、重心を切り替える。

 こうすると、低ケイデンスで心拍は少々上がるが足の疲労が
 大幅に減り、パワーをAeT上位でキープできる。
 
 この感覚で110rpm程度の高ケイデンスに切り替えると
 いい感じで体の重さをペダルにかけるペダリングが
 可能になってくる。

「客観的な物理現象を主観的な心理現象に置き換える」

つい最近読んで、あぁと気が付いたことを練習に組み込んでみようと
おもう。
まだまだ、実践に使えるレベルではないのだが
長い基礎期の今の時期にこなしておくと有意義なものばかりだ。
このままキープしてみるつもりだ。




登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/2020-9dc5f9fb