FC2ブログ
2017.01.06(Fri):日々の日記
Leipheimerのポジションの特徴を列記してみる。
・肘の締めがかなりきつい。
 前方からみると肩と腕で逆三角形の前投影。 
・左右前腕がエアロバーの上で接触している。
・真横からみると、まるで上腕が短いように見える。
 (体の中央にかなり肘を寄せている)
・肘から手のひらまでは斜め上に上げ気味(10~20度程度)
・肘は肩から真下におりる。
・DHパッドは肘の少し上(5~10㎝)程度の部分を斜め上に保持。
・前方からみるとDHパッドの裏面が見える。
 上向きにDHパッドを設置している。
・ヘルメットの先端と手の先が同じくらい。
・顎を引き、両手の親指にくっつく程度、体を前に突き出す。
・首は前下に伸ばすが、背中は水平程度。円弧を描く。
・スタック量は小さい。5㎝程度。
 サドルとDHパッドの落差はあまりない。
・積極的にベースバーからエアロバーをかさ上げしてスタック量を
 小さくしている。
・膝と肘が接触しそうなくらい近づける。
 体を比較的高い位置でコンパクトにまとめている。
・上体を前方に移動していて、かなりの前乗り
・シートポストの延長から外れてサドル先端に座る感じ

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村



登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/2096-e625eda6