FC2ブログ
2017.01.09(Mon):日々の日記
1時間、AeT強度での走行を実施。
140bps 200w強、変わらず。
各種不具合。
・左右の手のひらのしびれ
・座骨内側の痛み
・局所の陣痛
・猛烈な汗(いままでとは比較にならない)
50分を過ぎてからの痛みは激しく、残り10分はかなりの地獄だった。
昨日に比べて脚には痛みはない。激しい疲れも感じない。
汗のかきかたがおかしい。激しく滴る。眼鏡も外した状態でこいだ。
ボトル1Lも軽く1本消費。やはりちょっとおかしい。


前面から妻にエアロポジションをビデオ撮影してもらう。
P5:旧ポジション
クロモリ:Leipheimerポジション
やはり、頭1つ分小さくなる。
ポジションが正面から見ると腕の中心に腹が見えている。
背中は全く見えない。
Leipheimerポジションは、腕にすっぽり腹から上半身が隠れている。
頭を下げた際に、背中が見える。
これは強烈な違いだ。空気抵抗の差があまりにも大きい。
まだ、慣れないがLeipheimerポジションは強烈な武器になる。
まずこれに楽に乗れるように慣れよう。
普通に3本ローラーでLeipheimerポジションを取るのはまだ怖い。
廊下で左右両方に壁がある環境で技術練習を今後追加する予定。
案外、うまく回りだせば回る感覚もある。
パワー練習に技術練習、そして、ポジション作り。
やることがたくさんになってきてなかなか面白い。

1時間、AeT強度での走行を実施。
本日、3時間100km走行。
やはり、状態はあまり変わらない。
各種不具合。
・左右の手のひらのしびれ
・座骨内側の痛み
・局所の陣痛
・猛烈な汗(いままでとは比較にならない)
150bpsで220w程度でるようになる。
技術練習の成果もあり、3本ローラーでLeipheimerポジションを短時間とることができるようになった。パワーは240~260w程度。時間は極めて短い。
まだまだ、安定してポジションを取り続けることができない。
ただ、昨日のようなどうしようもない感じはない。
脚も回るし、パワーもそこそこでる。ケイデンスも上がる。
何より、いままでのポジションのAeTと違うのは、腰の痛みがほとんどでないことだ。終わった後にストレッチをするとわかる。ほとんど痛みがない。
また、全くうまく使えなかったハムストリングスが使えるようになる。
ペダルを回すときに、踏み込むのではなく、太ももの裏側から引っ張るようにおろすとハムストリングスをうまく使える。
疲労感も前のポジションと同じだ。いい感じで回せている。
踏み込もうとすると、とにかくいろんなものがおかしくなる。
バランスも崩れるしあっという間に太ももの前面の筋肉が動かなくなる。
今までのペダリングと同じように腸腰筋で脚を引っ張り上げて、ハムストリングスで脚を下す。これでOKだ。
とにかく、腕の力を抜きたい。ここが楽になると随分違う。
今は腕の力を抜くと座骨内側がきつくなる。
ここを何とかしたい。

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村



登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/2105-0d2d0521