FC2ブログ
2017.05.14(Sun):日々の日記
「お前は強くなるために一番嫌いな奴に頭を下げたことがあるか?」
by Kuroda, Yowamushi pedal

スポコンものでよくでるシチュエーションで目新しいものではない。
いかにもありそうなエピソードで、それを乗り切った選手に新しい
能力が備わる予兆シーンのようなものだ。


これをトレーニングの目で見てみよう。
トレーニングは、同じことをくりかえすことで体が適応して
能力が向上する仕組みだ。
ある程度同じことをしなくてはいけないが、ある程度以上同じことを
してもパフォーマンスの向上は頭打ちになってそこで止まる。

トレーニングを行うのは人だ。人であるがゆえに好き嫌いがある。
好きなトレーニングは、人は繰り返し実施する。
ゆえに、初期の段階では能力は向上する。
そして、いずれどこかで頭打ちになる。

一方、嫌いなトレーニングは人は実施しない。
「意味がない」「自分には向かない」「他の人もやっていない」
そんな理由をやまのように探し考えて、そしてトレーニングをしない。
ゆえに、そのある種の技能や能力が向上しない。
そして、その技能が能力が向上しないことによって
最終的に求めるパフォーマンスが向上しない。

人の心の持ち方が、すなわちそのまま、トレーニングの偏向を生み
その偏向がそのままパフォーマンスに反映される。
そう、パフォーマンスの限界を決めているのは他ならない
自分の気持ち・心・信念だ。


次に心理学的に脳科学的に「気持ち・心・信念」を見てみよう
そして、この気持ち・心・信念は、日々あっという間に変わる。
変わらないなんてことはない。毎日変わる。
自分は変わりようもないと思い込む人が多い。
それは客観的にみて明らかに間違いで、自分の気持ち・心・信念
そしてそれを総合する性格は、容易にそしてあっという間に変わる。
脳はそういう風にできてきる。

新しい能力が備わる予兆 = 嫌いなものに取り組む 
嫌いなものに取り組むことは、自分のパフォーマンスを向上させる
王道だ。



そして、それは人生の生き方、小さくは人生の成功にも直結する。
「自分はこういう人間なのだ。こういう主義で生きてこそ自分だ。
 だから、たとえ取り組まなくてはいけないことがあっても
 自分の嫌なことだけはしない。それこそ自分の生き方で自分の
 アイデンティティだ」

私もそんな風に考えていた幼稚な時期があった。
それをカッコいい生き方だと勘違いしていた時期でもあった。

そして、その考えは正しくない。
自分が、心の中ではしなくてはいけないと思いながら
「嫌だからしない」と避け続けていることこそが自分の制約になり
自分の限界を作っている。

だからこそ、積極的に自分が避けて逃げていることにとりくま
無ければならない。
人は必ず変わる。変わらないなんてことは決してない。
だからこそ、積極的に変わらなくてはならない。



登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/2152-133f267f