FC2ブログ
2017.05.16(Tue):日々の日記

・サドル前方に座る
・腕をくっつけて締める。
・ひじより少し上をベースバーのパッドにあてる。
・膝とひじの干渉をさけるぎりぎりでひじの位置をきめる。
・ひじのいちの真上に肩が来るように体をたおす。
・頭をたれて、腕のくるぶしのところに目線をおく。
・限りなく、手と頭(ヘルメット)をくっつける。

・上体は少し上向きでよい。無理に背中を丸めない。
・体を倒して、頭も自然に落とすかんじ。
 頭を腕に近づけるには、肩を突っ込ますしかない。

・腕を引く。肩をつっこます。結果前のめりになる
・最後にその腕にあわせて、エアロバーを短くセットする。


1.サドルの座る位置を決める。
2.脚の軌跡がきまる。(足首を無理しない)
3.脚の軌跡のぎりぎりにひじをセット。
4.ひじの長さにあわせてエアロバーセット【これで上体がきまる】
5.ひじの上に肩がくるようにつっこむ
6.頭を自然に垂れて、腕に接触するまでに下げる。
7.ヘルメット最後部と肩が滑らかに連接しているか確認する。

Leipheimerポジションできあがり。

お尻を軽くサドルの前に乗せて
体重を前の肘にのっけてしまって
ひたすら足でダンシングをする感覚でこぎ
背中の筋肉を使って体重をペダルに乗せる。

これが真骨頂。さて行ってみよう。

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/2157-b31e6632