FC2ブログ
2018.01.23(Tue):日々の日記
1月22日の週: 基礎期2 第1週 2日目

【バイタルサイン】
睡眠  :1/3 5時起床
疲労感 :1/3 なし
活性度 :1/3 高い
ヘルペス:2/3 普通
全般  :2/5 良い

朝:
LSD
1.5h HR:130bps 180w target

夕:
AeT
1.5h HR:140bps 200w target

まだまだペースは上がらない。
CTLはとうとう60TSSを切った。
かなりペースが落ちている。
少しずつ回復していくしかないだろう。
もう、どうしようもないので高強度をすべて切り上げて
低強度で長時間兎に角乗ることに集中する。

室伏浩二氏の「ゾーンの入り方」本を読む。
非常に面白い。
トレーニングに共通する問題点を超一流選手がどのように
切り抜けてきたかのエッセンスが書かれている。
トレーニングに共通する問題なので、私のようなものにも
十分意味がある助言が多い。

なかでも面白かったのがハンマロビクス。
反復運動に不規則な刺激を感覚に与える方法だ。

1.単純な反復運動をさせない
2.不規則な動き
3.体を慣れさせない
4.感覚が常に内在する
5.即興的に対応する運動

これは、脳的には「感覚」を常に使い同時に身体的には
「体幹」を使うという高度な反復トレーニングだ。
実際、自転車で片手をハンドルから外して前後に歩くように
振るとこんな感じになる。
不安定でかつ集中力がいる。動きが不安定で不規則になる。
この動きに対応できるようになると、静止した状態で
非常に安定する。

面白いことに極度に集中するのに疲れを感じにくい。
身体の疲労も実際少ない。
ワンパターンな動きをすることによって生じる筋肉が硬直する
痛みがない。常に動かすので却って楽になる。
結果として集中力が養われ、練習量が増える。

勉強でも仕事でも同じ姿勢で同じ動きしかしないと
筋肉が硬直して非常につらい状態になる。これが消える。

室伏氏は、このハンマロビクスを見つけ出すとともに
ありとあらゆる反復練習方法を考え編み出したのだそうだ。
これは見習うべきことが多い。早速使おうと思う。

どうせ、CTLも落ちるところまで落ちているので
いろいろな練習方法を試してみるにはいい機会だ。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/2234-94b78ce6