FC2ブログ
2018.02.26(Mon):日々の日記
イメージがない。
ふと気が付いた。

小さい子供たちの文字を書く様子をみて気が付く。
人は先に文字の「イメージ」見る。
イメージを見て、イメージを頭に描く。
そのイメージを今度は手を動かして紙に書く。

一番下の娘は、見たイメージを明らかに頭に描いている。
その描かれたイメージを年齢不相応な器用な手で文字を
描いている。

ゆえに、一番下の娘は綺麗な文字を書いている。


一番下から2番目の娘は、見たイメージが頭にない。
だからイメージがいい加減なままで手を動かす。
手で書いたものと、自分の頭のイメージを合わせこもうと
してもそもそも頭の中のイメージがない状態で
合わせこみができない。

だから、いつまでたってもきれいな文字が書けない。


私は、日本語の文字が汚い。
しかし、英語の文字は美しい。
同じ手で書いている。なのに明らかな違いが生まれる。
これは、手先が器用とかそういうものではない。

私は、小学校の時に倣った日本語の文字のイメージが実は
きちんと存在しない。
一方、中学校になってから英語の文字のイメージはきちんと
存在している。

だから、英語は美しく、日本語が汚い。


あぁ、そうなのか。
私には自転車の乗り方のイメージやペダリングのイメージが
頭にないのだ。
小学校の時に雑に覚えたイメージがそのまま残っていて
きちんとした美しいライディングやペダリングのイメージがないのだ。
だから、具現化できない。


最初に必要なものは頭の中でのイメージつくりだ。
イメージ。まずはイメージを作るべきなのだ。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/2242-f32739de