FC2ブログ
2018.03.12(Mon):日々の日記
振り返ると、年末年始のトレーニング量の減少は大きなインパクトがあった。
本人としては、Tabataのような高強度トレーニングを継続してやっていたのだがら
練習量全体がおちてもなんとかなると思い込んでいたのだが、大きな誤りであった。

失敗の反省:
・Tabataのような高強度トレーニング+低強度Longの双極化トレーニングを選択
・Tabataは、持久力不足から実は完全にやりきれておらず、同時に継続しても
 トレーニング内容の向上は無かった。停滞していた。
・高強度トレーニングの「失敗」が継続しつづけて、同時に停滞した。
・高強度トレーニングの結果、次の日の低強度トレーニングが疲労で継続
 できなくなった。
・低強度トレーニングも量の面で失敗を繰り返し、しかもそれが継続した。

⇒ 高強度トレーニングの失敗が低強度トレーニングの失敗を引き起こし
  双極化トレーニングの成功率を非常に下げた。

⇒ 体力が落ちた。


失敗はわかった。
では、今の状態はどういうことなのだろう。

現在の分析:
・高強度トレーニングを一切やめて、低強度トレーニングに切り替えた。
・無理のないぎりぎりのラインの練習量の増加を目指した。
・練習量的には年末年始前のレベルにもどりつつあり、低強度トレーニングの
 成功率は非常に高くなった。

⇒ 低強度トレーニングの成功が持久力の回復を促し、結果として
  中強度のソーシャルライドに復帰できた。


さて、総括するとどういうことになるか。
一言でいうとこうなる
「トレーニングの成功率こそが、Fitnessともっとも相関の高いものになる」

世の中に数多存在する「トレーニング理論」
恐らく一般的な手法、教科書的な手法は、かなりの一般性をもっている。
トレーニング理論は正しいのに、Fitnessが上がらないのは「成功率」が低いまま
だからだ。成功率を上げることこそトレーニングの結果を得るのに必要な
要素はないことになる。


今後のことを考える時に大事な命題を整理してみる。

1.明確な目標を立てる。
2.正しい練習計画を立てる。
  正しい練習計画は成功率が高くできるようにしなくてはならない。
3.練習計画の成功率を上げるための最大限の努力をする。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/2246-b19aba8e