FC2ブログ
2018.03.22(Thu):日々の日記
高強度トレーニングをやめて低強度長時間トレーニングを
開始して早1カ月。

明らかに持久力の改善はみられるのだが、良いことばかりではない。
CTL85TSSを超えてからきつくなってきた。
疲労感がとにかく続く。

LSDのような低強度トレーニングにもかかわらず
その強度でも継続できなくなってくる。
睡眠も栄養もリカバリーもきちんとできている。
にも拘らず、継続できない。途中で止まってしまう。

これは、いったい何なのだろう。


いくつかこのトレーニング阻害状態になると
共通しておきることがある。

・全身で感じる疲労感
・バランス感覚の欠如
・楽しい感覚の欠如
・持続力の欠如
・集中力の欠如
・やらなくてはいけないという義務感
・物事をする前の緊張感

ふと、気が付くことがある。
遠い昔、これと同じ経験をしたことがある。
懐かしい「受験」だ。
あの時の感覚によく似ている。

とにかく毎日山のように覚えて、解いて、考えた。
毎日毎日それこそ狂ったように。
好きでもないことを延々とやり続けたあの時の感覚。

時々、もうどうしようもなくやりたくなくなり
我慢できずTVゲームを徹夜でやったりしたことがあった。
あれは、1~2か月に1度だっただろうか。


あぁ、そうだ。あの時のあの感覚だ。

あの時、どうやってあの襲い来るストレスに対抗したか?
あの時と同じような受け流し方ができないか?

1つ、離脱方法があった。
それは、「やっていることを変えるのではなく環境を変える」
だった。
毎度毎度、同じ環境で同じことをすると飽きがきてしまう。
飽きは余計にストレスをためる。
だから、環境を変える。そうすると気分が変わる。

Zwift+3本ローラー

今の環境はひたすらこれに終始している。
この環境を時々変えるということが大事になる。
さて、どうしたものか。
まだまだ、考えることと工夫をすることはあるようだ。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/2252-03b643e0