FC2ブログ
2018.11.15(Thu):日々の日記
人の脳は、様々かつ多大な情報を処理している。
なのに人が意識して処理できる量は極端に少ない。
例えば、1つのことを考えながらほかのことを考える
ことはできない。

だから、脳は意識に持ち上げないで処理している
情報があまりにも多数存在している。
つまり、人は意識して自分の体を正しく認識できない。

人の生命を守るために、しばしば人の意識は
緊急の情報のみを見つけては緊急に意識に割り込みをする。
つまり、「もうこれ以上、運動を続けられない」
という情報だけを意識に持ち上げる。
そして、人は運動をやめる。


細かい情報を脳は意識に持ち上げないということは
何か運動をやめなくては、という意識が上がったときに
一体何がその妨げになっているのかを理解できない可能性が高い。


よくある例として、水分がある。
特に歳をとると、自分がのどが乾いていることに気が付かない
ことがある。
夏に大量の汗をかいているのに、のどが渇いたと意識できない。
結果、体内の水分が大幅に減ってしまってから、運動ができなく
なってしまってからのどが渇いていることに気が付く。

だから、こまめに水分補給を、と注意をするのは
人が良く水分が足りなくなってしまっていることに気が付かない
意識に上らないことをいみじくも表している


今、トレーニングをしながら、特に集中してトレーニングを
しているときに気を付けていることがある。

・今、どんな気分か。調子がいいか、悪いか。
・調子が今一つなら、何が悪いのか。
 筋肉に痛みがあるのか、呼吸が苦しいのか、心拍数が高すぎるのか
 尻に痛みがあるのか、のどが渇いているのか、暑すぎるのか
 エネルギー不足を起こしているのではないか
・今自分は何をターゲットにしているのか
・そのターゲットは達成できたのか
・ターゲット達成時に成功を体で表現しているか
・達成し終わった後のターゲットは何か

自分の意識と自分の感覚を研ぎ澄まして、自分の今の体と気持ちを
始終把握しようとしている。
案外できるようでできない。難しい。

自分の感情と精神へのアラームを聞き取り、それに正しく対処する。
まずは、集中のポイントをここに置くことにしようと思う。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/2295-1dac2ea3