FC2ブログ
2019.05.15(Wed):日々の日記
1日の睡眠と活動を客観的に計測するためにFitbit inspire HRを導入した。
従来、他のシステムも使っていたのだが、他のシステムとの連携が
今一つで、いちいち人が手で入力をしなくてはいけないのがうんざりして
データ連携の良いFitbitを選んだ。

トレーニングは
・トレーニング計画
・トレーニングの実施
・トレーニングの評価
・トレーニング結果の長期評価
・トレーニング記録(日誌)
だけではない。
・体調管理
・体重管理
もある。リカバリーも重要で
・睡眠モニター
・リカバリモニター
・食事管理
も大事だ。
これらのサービスは従来ばらばらの計測器で計測されて
それを人がいちいち手でメンテナンスする必要があった。

しかし、スマホという非常に小型で高機能なコンピューターが
多彩な通信機能を持つシステムがインフラ化したおかげで
一気にネットワークサービスの連携として情報の一元化が可能になった。

今回のFitbitはそれをいち早くとらえ、センサーを小型軽量化し
面倒な機能を全部スマホにまかせ、データ管理をWeb上のクラウドに
もっていく戦略をとった。
このおかげで、データ連携が非常に容易になり「買い替え」需要すら
手に入れるようになった。

サービスの良いシステムは、簡単にサービスの悪い旧来のシステムを
乗り越えて蹂躙してしまうわけだ。
過去に栄え、もてはやされた各種インターネットサービスがあっという間に
凋落するのと同じことが関連した分野でも起きるようになってきている。


自転車メーカーもいろんなことに手を出しているが、私はこの手の
インテリジェンス化こそが今後の発展のキーになると思っている。
自分たちは剛性が大事だ、軽量化が大事だ、エアロが大事だなどと
勘違いしている輩は頭を切り替えないとあっという間に化石化するだろう。
こういうものをいい加減にとらえて馬鹿にしているメーカーや
コンポーネントメーカーは、後発の良いサービスを提供する
メーカーにあっという間に追い抜かれるに違いない。
囲い込みで生きる時代など、もうかび臭い風習で悪いサービスに
なっていることを早く自覚するべきだ。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/2400-6692a35e