FC2ブログ
2019.08.22(Thu):スポーツ科学
近年、人のストレス反応を計測する手段としてHRVが注目を浴びているが
このHRVの値の解釈には少々サイエンスの知識を必要とする。
単純に数値が上がった下がったを議論するのは誤解を生む可能性がある。

以下、https://simplifaster.com/articles/interpreting-hrv-trends-athletes/
より翻訳引用。

【長期的トレンドでHRVは観察すべき】
全体的な傾向を観察するという観点では、HRVの傾向の増加は良好であり、
前向きな適応またはフィットネスの増加を示しています。
減少傾向は悪いものであり、疲労の蓄積または「オーバートレーニング」と
パフォーマンスの低下を示しています。

例外:
【短期的なHRVの変動はパフォーマンスとは複雑な相関関係をもつ】
・興奮や不安のレベルが高まった結果、競技前のさまざまなアスリートで
 HRVの低下が観察された。
・HRVは通常、パフォーマンスが低下する前に変化を示すため、疲労の
 蓄積の早期警告の兆候として機能する場合がある。
 通常、HRVは最初に減少傾向で応答し、過負荷期間が維持されると
 パフォーマンスの低下が続きます。
・トレーニング中のHRVトレンドの増加は必ずしも良いことではない。
・有酸素運動は副交感神経の変調に刺激効果を及ぼす傾向があり、これは
 翌朝のHRVスコアで観察できます。
・高強度トレーニングは、より多くの代謝要求の結果として、恒常性を
 より破壊します。
 この状況では、疲労レベルの有意な増加がないにもかかわらず、HRVの
 漸進的な減少が発生する可能性があります。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/2415-ba277150