FC2ブログ
2019.08.22(Thu):スポーツ科学
前々から意識していた、肉体的なストレス(トレーニング)と精神ストレスの「総負荷」
に関して、記事があったのでまとめてみた。
https://www.trainingpeaks.com/coach-blog/the-whole-picture-an-introduction-to-total-load/
から5回の講座を一部引用・要約した。

【外部負荷】
外部負荷は、トレーニングおよびトレーニング中に実行される物理的な作業を表します。
外部負荷測定には、電力、速度、距離、持続時間、頻度などの従来のトレーニング
メトリックが含まれます。
 * Acute:Chronicトレーニング負荷率
【内部負荷】
内部負荷とは、外部負荷に対する身体のストレス反応を指します。
 * 心拍数測定(安静時HR、 HR回復、および心拍変動またはHRV)。


【近年の研究】
私たちの体の恒常性もストレス応答も一定ではないため、古い一般適応症候群モデルは
あまりにも単純すぎる。
心拍数変動(HRV)などの全体的な測定が、トレーニングの量と強度だけでなく、身体が
知覚する内部負荷全体をよりよく反映できるため、有用。

【外部負荷と内部負荷】
外部負荷(つまり、「アスリートは何をしたか?」)は、固定ではなく、その特定の時点での
アスリートの状態に依存する応答(内部負荷)を生成します。
外部負荷と内部負荷の両方を急性および慢性的に測定して、いつ安全に負荷を増やすか
いつ戻るかを理解することが重要です。

【精神ストレス】
トレーニングによるストレスよりも精神的ストレスが最大のストレッサーになる可能性が
非常に高い。

・精神的ストレスの高さとトレーニングに対する反応の悪さとの関連性
・高レベルの精神的ストレスが創傷治癒と手術の回復を遅らせる
・ストレスの多い生活上の出来事に続く運動経済(economy)の低下

自律神経系は私たちの感情状態の主要な調節因子であるため、心拍変動(HRV)
は精神的ストレスレベルの有用な指標になり得ると提案しています。


【精神ストレスとの付き合い方】
私たちが経験するストレスは、私たちの期待とそれらのストレスに対処する能力に対する
私たち自身の認識の違いであることを認識することも重要です。

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/2416-ab693556