FC2ブログ
2012.09.08(Sat):日々の日記
先日のバラライカ号のシフトケーブルの調整後、恐らくケーブルに
初期伸びがあったのだと思うのだが、シフトがうまくいかなくなった。

朝の練習を終えた後に再度調整をしてみた。
最初はめちゃくちゃになって、トップとロー両方のギアが入らなくなったりして
半分パニックっていたのだが、メンテナンス本の通りに調整してみたところ
ビシッと一発で調整できた。

わからずにものをいじってはいけないものだ。
当たり前のことなのだが、私のようなアホな素人は意味もわからず、いじりまくって
最後には修復できなくなってしまう。
これはどういう原理になっているのかきちんと理解しないでいじるからこうなる。

今回の調整でわかったこと。
トップのギアは、シフトケーブルが完全に緩んだところできちんと入るように
セッティングされていなければいけない。
だから、トップ調整ボルトを廻して、プーリーがトップギアの下にくるように
セッティングしなくてはいけない。

このとき、パンタグラフは上に持ち上げると、プリ―とギアの位置がほぼ
高さ的に合う。位置の感覚がわかるのと正しく変速されることがわかりやすくなる。

この状態では、シフトワイヤーがたるんでいてもOKになっている。
シフトワイヤーがどの程度張っているべきなのかは、シフトレバーの引き上げと
プーリーの位置の変化との関係を調整する必要がある。
それをコントロールするのは、アウターアジャストボルト。
初期の引っ張り量を調整する。

(今回はロー調整ボルトはいじる必要がなかった。
 なお、パンタグラフを押して入らない場合はこれをいじることになる。) 

どたばたしたが、最終的には綺麗に調整しきれた。
原理さえわかってしまえはそれほど難しくはないのだが・・・
焦ると何が何だかになってしまう。
涼しく落ち着いた環境で作業をするのが何よりだ。



ところで・・・
先日開始したファストペダルとテンポ走のトレーニング。
今日は、こんなメニューを実施した。

ファストペダルを連続 15分
リカバリー LSD   15分
テンポ走連続     30分
リカバリー LSD   15分
テンポ走連続     30分
リカバリー LSD   105分

こうやって書いてみると大した練習量ではないように見える・・
のだが、やってみると結構きつい。
ファストペダルは心拍数は150bpmを超えるし
テンポ走は、走行スピードが36~42km/h程度になる。

最後のリカバリーはかなりゆっくり走って
なるべく疲れを取るようにしてみた。


午後になって、少し時間ができたので走ろうと思ったのだが
今日はまだ90km程度しか走っていないのに、脚に疲れが残っている。
そう、これ以上の運動は明日までに回復できそうもない。

なるほど、流石にトレーニング本はよくわかっているなと感心してしまう。

明日は、妻とロングライドの予定だ。
1日かけてリカバリー走をするつもりだ。
脚の今の疲れがどの程度残っているのか?
今後のトレーニングにも重要な知見なので注目したいと思う。



走行時間  : 3:07
走行距離  : 96.0 km
平均速度  : 29.3 km/h
最高速度  : 44.6 Km/h
消費カロリー: 2921 KCal

体重    :71.0 Kg
体脂肪率  :21.5 %
内臓脂肪  :10.5 %
体幹皮下脂肪:13.7 %
BMI   :25.2
基礎代謝  :1624 KCal
骨格筋率  :32.2

本日:  96Km
今月: 497Km
通年:15169Km


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/325-53907c16