FC2ブログ
2012.10.04(Thu):日々の日記
Specilized shivが欲しいと思うようになってから久しい。
例によってネットでいろいろ調べているのだが、同じ
フレームなのに随分、カッコよさ、イメージが違う車体を
何台もみかける。

私にはカッコよく見える車体にはどうやら共通点がある。

1.エアロハンドルの伸びる方向が真横に近い。
2.車高が全体的に低い。
3.ホイールのリム高が高い。

だ。

一般的にTTバイクやトライアスロンバイクはフレームが
横方向に広く縦方向に狭い細長い形状だ。

車高が全体的に高いとやはり早いバイクに見えない。
だからシートポストの高さと車体の長さのバランスは
車体の長さの方が長ければ長いほど速そうに見える。

shivはその特徴的なダウンチューブの太さのせいで
だから、横から見たときに、ホイールの太さと
フレームの太さに差があればある程バランスが悪く見えてしまう。

それにあわせて、エアロハンドルも完成車は上を向いてる。
そのせいでどうも車高が高く見えてしまう。
これは、横方向の長さが短くみえてしまうのだ。


だから、エアロハンドルに手を入れて真横を向いている
セッティングにしていると車体が長く見えてかっこいい。
同時にリムを高くしておけば完璧だ。


だいたい、こんなところだろうか?

そもそもこういうバイクは早く楽に走るためにつくられていて
カッコよく見える車体である必要はない。
shivはある意味実用性を中心に作っている感があるので
どうも、完成車そのままだと格好がよくない気がする。

格好良くするには手を入れないと・・・・
等と考えていると空想上とはいえ、予算がガンガン掛かってしまう。
う~~ん。なんとも・・・である。

格好だけだったら、2011年のshivや shiv TTを考えればいい。
これは無条件にカッコよい。
上記の条件にも良く合致している。

でも・・・・やはり、UCIを無視して作っていて
電動化をそもそも考えて作っている車体にはやはりエンジニアとして
惹かれるものがある。
はてさて、どうしたものか?
こんなことを考えているうちが楽しいというのはわかっているのだが。


走行時間  : 2:27
走行距離  : 64.1 km
平均速度  : 25.8 km/h
最高速度  : 47.5 Km/h
消費カロリー: 1964 KCal

体重    :71.9 Kg
体脂肪率  :24.7 %
内臓脂肪  :11.0 %
体幹皮下脂肪:15.6 %
BMI   :25.5
基礎代謝  :1621 KCal
骨格筋率  :30.7

今日:  65km
今月: 284Km
通年:16122Km



登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/340-ad6b55f8