FC2ブログ
2013.04.03(Wed):日々の日記
次期TTバイクに装着しようとしていろいろ検討している
Shimano DI2.
いろいろなサイトを見て、改造をして内装化したり
多スイッチ化しようと頑張ったのだがどうしても駄目。
極細配線の半田などはできないわけではないのだが、とても
実用に対応できるように思えない。

屋内で静的に利用するPCとかであれば問題ないとは思うのだが
自転車の走行環境、特に振動環境や雨や埃の環境を考えると
いかに内装するからといってまともに動作し続けることは
難しいように思うのだ。

もう1つ難しいことが、内装化するときのクリアランスの問題。
狭い空間(DHバー、ブルホーンバー、各種カバー&穴類)の中に
配線を収めきらないといけないのだがこれが難しい。
一般の配線、たとえば自動車に使うような配線では太すぎるのだ。

自転車の走行環境問題、自転車のクリアランス問題の2つを
突き詰めると、はやりDi2そのものの姿を使うのがもっとも
良い解になってしまう。

だてに10年、DI2は研究開発されたものではないなぁ~と
ひたすら感心してしまった。

ネットで盛んにDi2の改造、Di2DIYの記事がでているのだが
改造そのものは、いいのだが、そのご長期間正しく運用できて
いるものがどのくらいあるのか、是非追跡調査をしてみたいものだ。

勘ではあるのだが、最初はうまく動いていてもそのうち故障がおきて
結局DI2を買いなおす羽目になっているのではないかと想像している。
Di2が結構いい値段をしているのは、「それなり」のものを使って
いるからだとわかるのには、非常に良い経験をしたと思っている。



やはり、自分でやってみないとその意味がわからないことは多い。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/451-ba94a43e