FC2ブログ
2013.04.07(Sun):日々の日記
今日は大雨・・・ではなく、朝からいい天気だった。
風だけは猛烈に吹いて、おかげで自転車にはのれない。
3日間連続でトレーニングしていたので、丁度いい休養日と
することにした。

さて、次期TTバイクについてだが。
Di2の組み込みに関して最も悩んだ、いや正確にはもっともなやんでいる。
ポイントは、スイッチの形状とその配置だった。
DHハンドル、ブルホーンハンドル両方にDi2の変速用のスイッチを
設置するのであるが、まずどんなスイッチにしたものかというのが
非常に悩ましい。

既存のDi2のスイッチをそのまま使うのがもっとも単純な解になるのだが
その厚みや形から到底、既存のブレーキへの追加設置は難しい。

SWR600.jpg


これなどはサイズ的には丁度いいくらいなのでが、厚みと
Di2のケーブルの短さでそのままでは使えない。

ST-7971.jpg

このままでは使えないが、このスイッチ部を分解してそしてつなげる
という手もないわけではないが、結構スイッチ部がでかくて応用が利かない。

CAT_EYE_169-9200.jpg

これなんかがDIY結構使われているのだが・・・
このまま使うことができないこと(I/F部が特有)から微細な配線をいじって
しかも、配線の圧着や半田が必要になってしまう。

前に書いたように、防水、防塵、振動という3つの要素を満たすレベルの
DIYは非常に難しい。

また、たとえば小さなスイッチを準備してもそれをどのように
ブレーキ部に接合するかも問題になる。
スイッチのキーの部分(突起の部分)をどうするか
キーを押しやすい設置部分はどこなのか
脱落しにくい固定(接着含む)はどのようにしたらいいのか。

どれもこれも考えつくしたものの、結論はでなかった。
いろいろ調べつくしたのだけれどもこればっかりはわからなかった。
結局、Hi-Bikeの中村店長にお任せということで、私の任は
終わってしまった。


納車は恐らく1ヶ月以内程度だ。
店長にもゆっくり工作してほしいとお願いしている。
さて、どんな仕上がりになって帰ってくるやら。

ぼちぼち、明日以降に今日以外のここ2ヶ月のTTマシン構築の苦悩の結果でも
書き残そうと思っている。



体重    :69.6 Kg
体脂肪率  :19.1%
内臓脂肪  :10.0 %
体幹皮下脂肪:12.3 %
BMI   :24.7
基礎代謝  :1614 KCal
骨格筋率  :33.3


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/454-c8edc156