FC2ブログ
Hi-Bikeさんには過去に一度お邪魔したことがある。
私のパナモリ(パナソニック クロモリバイク)のリアエンド幅135mmの相談をしにいったことがあるのだ。
今の主流のロードバイクはリアエンド幅が130mmのものだ。135mmはいわゆるMTBの規格と言われている。本当に最近になってロード用のディスクブレーキが取りざたされるようになって、135mmは復活の可能性がでてきたが、この相談に行ったときは、全然そんな話はなかったころのことだ。

「大丈夫、クロモリだったら135mmでも130mmのリアホイールは入りますよ」

若い技術者はそういった。出会ったときはとてもこの人が店長さんだとは思えなかった。
リアエンドが135mmと聞いて、「変わったバイクですね?」という人はいたが、大丈夫と言う人は初めてだった。
無理かな?と思いながら事情を話して分岐の相談の電話をかけてみると

「是非、実物を持ってきてください。私も勉強になるのでやってみたいです。」

そう。今思えばこの「勉強」という言葉が私の頭の中で何度もリフレインされた。
こういうことを言う人は少ない。しかも、プロであるのに、だ。
実物を持ち込んで話をすると、一声でやりましょうということになった。
何度も私は自分でやって失敗している。アウターケーブルが折れてしまい大きなフリクションがかかって、分岐した方のブレーキレーバーを引いてもブレーキとして機能しないのだ。

1日預かります。とのことだったが、その日の遅くにはすでに完成していた。
私はすぐに取りに行った。夜の10時くらいだったような気がする。

見事にできていた。すごい。店長と思わずはなしこんでしまった。
技術の話は面白い。いろいろなプロのテクニックを教わった。教わってもすぐに私が真似できるようなものではないが。
しかも、料金はワイヤー代しかとらない。どう考えてもおかしい。この作業は大変だったはずだ。コストがかかっておかしくない。

「いえ、私も勉強になりましたから」

店長は笑って、労働代金を受け取ることをやんわりと拒否した。
Hi-Bikeさんの中村店長との付き合いはここから始まった。
彼の技術力と協力はなかったら、私はスーパーバイクを本当に買おうなどとは思わなかっただろう。

でも、まだこのときはスーパーバイクを彼に頼むことになるとは思っていなかった。


(つづく)

走行時間  : 2:41
走行距離  : 67.9 km
平均速度  : 24.0 km/h
最高速度  : 47.0 Km/h
消費カロリー: 2040 KCal

体重    :69.2 Kg
体脂肪率  :21.4 %
内臓脂肪  :10.0 %
体幹皮下脂肪:13.5 %
BMI   :24.5
基礎代謝  :1594 KCal
骨格筋率  :32.1

今日:  68km
今月: 439Km
通年: 5062Km

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/483-33ab4c01