FC2ブログ
Di2の設定方法。

20130515-1.png


SM-EW67-A-E
SM-BTR1
SM-BMR1
SMJC41
EW-SD50-I
FD-6770
RD-6770

までは、この図と一緒。
違うのはSM-EW67-A-E(ジャンクションA)から先。
Amo号のダブルDi2(エアロバーとベースバー両方にDi2スイッチをつける)
では、SM-EW67-A-E(ジャンクションA)の先にST-6770のような
ダブルコントロールレバーをつけない。
つけてしまうと、ダブルDi2ではなくシングルDi2になってしまう。

そこで、SM-EW67-A-E(ジャンクションA)の2つのコードにそれぞれ
左用、右用のSMJC41(ジャンクションB)を接続する。
SMJC41(ジャンクションB)は、単にE-tubeを4分岐しているだけのもの。
4つの分岐のうち1つをSM-EW67-A-E(ジャンクションA)に接続。
2つを自作Di2スイッチに接続。
残り1つはフリーにしておく。

自作Di2スイッチは、SWR600を分解する。

20130516IMGP0008.jpg


ST-6770だろうが、SWR600だろうが、全てのE-tube用の自立系
スイッチにはこのRT(写真上の端子)がついている。
このスイッチをエアロバーとベースバー両方にせつぞくすればいい。
ただし、SWR600は、接続コードの流さが短いのでエアロバーには
ぎりぎり届くが、ベースバーの接続には少々長さがたりなくなる。

そこで、MCXというコネクタを使う。MCXオスーオス端子を使う。
SMJC41(ジャンクションB、オス)の先に適当な長さのE-tubeコードを
接続(メス、メス)し、そしてCXオスーオス端子を接続し最後に
SWR600(メス)を接続する。

MCXオスーオス端子は簡単に外れてしまうのでここは熱圧縮チューブ
処理する。
これで、全てDi2部品で4つのスイッチを接続することが可能になる。

(つづく)


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/509-2e3a7d1a