FC2ブログ
2013.07.16(Tue):日々の日記
長期的なトレーニングの効果が大体6週間を目途に
成果として出てくることを考えると、今回の6月から
現在までのトレーニングを振り返るのは非常に意味の
あることだろう。

トレーニングの原則から考えて前のエントリーから
トレーニング指標からずれてしまっているところが
ポイントになる。
ずれているポイントは以下の通り。

R1 :1日のTSS平均は100~150TSS内 (△ 低い→順調へ)
R3 :ATL > CTLが長い期間続いていない。(× 続いている)
A1 :10日に1回以上のペースでTSBが-20未満に落ちない(× NG)

この事態が起きた原因は簡単に理解できる。
それは、今回のトレーニングの開始時期である6月初旬の
トレーニングレベルが低く、7月に入るにしたがって
トレーニング強度が高くなった。

体ができていないうちに、少しずつトレーニング強度が高くなった
せいで、疲労の蓄積がかさんでいった。
大体こうなる。

では、どうすべきだったのか?
確かに
「R4 :CTLの1週間当たり上昇率3~7TSS程度」
は、守ってはいる。

しかし、この上昇をずっと続けてしまったせいで
後半、疲労が蓄積し続ける結果になってしまった。

だから、最初からもう少し強度を上げてスタートして
上昇量をもう少し抑えてゆっくりとトレーニング
強度と体力を上げていくべきだった。

また、週末に一気にTSSを稼ぐようにするのも
もう少し体ができてから実施するようにして
1,2日で大きくTSBが落ち込みすぎることがないように
するべきであった。

トレーニングは、本当に少しずつだ。
少しずつ変化させるからこそ、順応できる。
一気にやってはいけない、というのは本当だ。

ローマは1日にして成らず。
無事これ名馬。

本当にその通りだ。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村



登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/615-acc76277