FC2ブログ
2013.07.19(Fri):日々の日記
つくづく思うのだが。
3本ローラーでインターバルトレーニングをする際の
あの10分間の苦痛をなんとか紛らわす方法はないものだろうか?

実走をしている時には、いろいろな刺激があってそこそこ耐えられる
インターバルトレーニングも、3本ローラー上でじっとGarminと
にらめっこすると急にきつくなる。
これは錯覚なのだろうか?

実走をしているときは、実際はちょくちょく脚を休めているので
本当は楽をしているとの話もあるが、トレーニングでそこまでの
精度を気にする必要があるのかは私にはよくわからない。

いろいろ考えている。
もう少し負荷を落として、まずは時間だけ達成できるようにして
少しずつ負荷を高めて、必要なワット数まであげていけばいいの
ではないか?
あるいは、負荷は上げておいて少しずつインターバルの時間を
延ばして最終的は10分にすればいいのではないか。

などなど。

3本ローラーではなく、インターバルをする方法も考えた。
坂道を利用する手も考えたのだが、問題は10分も長続きする
坂まで到達するのの時間がもったいない。
一番近い場所でも不動峠までいかないとだめそうだ。
週末の練習ならともかく、普段の練習で確実に実施するのなら
やはり3本ローラーがいいということになる。

何か気を紛らわすような映像、音楽でごまかせないか?
ハンディーの液晶付きDVDはどうだろう?
はやりのタブレットPCなら、ナビにも使えるけれど?
いろいろ考える。でも、そんなものに集中できるのだろうか?
そもそも3本ローラーに乗りながらきついパワーを出して
できるのか?

なんか、どれもやはり難しい気がする。
これだ!というごまかし方法は見つからない。


今、候補として考えているものが1つだけある。
じゃぁ、普段気にしているものを気にしなくなったらどうだろう?
要は、インターバルトレーニングは「時間」と「パワー」を
規定したプログラムだ。
これを気にしているから、きつい。なかなか終わらない。

気にするものを、ペダリングにして、ペダリングの
改善だけに集中してみてはどうか?
もっともパワーがでて、しかも楽にこげる方法を探索する。
それを探して、掴んで、確実にするためだけのトレーニング
にしてみる。
それが1セットで10分。そして、その探索の結果として
目標の出力を達成する。

こんな形にできないだろうか?
とにかくいろいろ考えてみよう。


走行時間  : 2:16
走行距離  : 60.6 km
TSS     : 143
TSB     : -6.5

体重    :69.8 Kg
体脂肪率  :19.5 %
内臓脂肪  :10.0%
体幹皮下脂肪:12.5 %
BMI   :24.7
基礎代謝  :1615 KCal
骨格筋率  :33.1

今日: 187km
今月: 900Km
通年: 8580Km

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村



登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/622-121eb3a7