FC2ブログ
2013.12.11(Wed):日々の日記

私の目標は20kmという比較的短距離のTTレースで好成績をあげることだ。
このレースは時間にして30分たらず。
だから、この短い時間に自分の限界のスピードで一定ペースで
走ることが求められる。

必要な技能はなんだろう?

・CP30(≒FTP)の向上。
・zone4~5a領域での30分間の心拍数維持
・FTP領域でのカーディアックドリフト対策
・空気抵抗の低いポジションの維持
・風対策
・ペダリング効率の向上
・ペーシング技能
・スタート時の加速技能
・折り返し点でのターン技能
・自分の最適ケイデンス、ギアの決定

とにかく、TTは単純作業だ。
ひたすら時間内に同じことをし続けるだけだ。
パワーや心拍数の上げ下げはしてはいけない。
それも、とにかく30分だ。1時間ではない。

とすると。
大事なのはこの「30分」という時間だ。
ここに集中することに慣れておかないといけない。

私は、昼間明るい時に屋外を走るのが好きだ。
気持ちいいし楽しい。気が付くと時間が経っている。
いい練習になっている。
家で3本ローラーをこぐのは正直好きではない。
思ったより疲れるしパワーはでないし疲労感が大きい。

でも、レースは30分でいいわけだ。
トレーニングも1セットの単位は30分で、量を多くしたいの
ならこの回数を増やせばいい。
10分以上の単位でトレーニングしているから十分に有酸素運動
のトレーニングとしては成立している。

冬の間の寒さとその対策の為の準備時間、そして日照時間の減少
そういう条件は屋外での練習に対して大きなリスクと負担を
押し付けることになる。
また、今の私の生活パターンからするとは、週末以外に
1時間以上の長い練習時間を確保することは困難だ。
一方、隙間のように使い方が難しい1時間未満の時間が
散在しているのも事実だ。もし時間を集めることができれば
それは合計で2時間半程度までになる。

まず、30分単位でこまめに3本ローラーでトレーニングをする
という習慣を立ててみるのがいいのかもしれない。
量の増減はセット数を増減させることを考えて
負荷の増減は、セット間の負荷の増減でコントロールして。

3本ローラー(平日)
 ・心拍、パワー、エアロ姿勢の「維持」に注目した技能
 ・最適ケイデンス・ギア、最適ポジション探求、ペダリング技術探求
  などの最適解探し

屋外ロング走(土日)
 ・持久力、筋持久力、坂道トレ
 ・スタート、折り返し、風対策などの技術

で実施するといいように思われる。
今のトレーニング計画で不足している部分を基礎期の今から
計画的に潰していく努力をする必要があるだろう。
早速、計画立案に反映をしてみようと思う。

単に、「耐久走2時間」と規定するよりも
どの方法で、どの耐久能力をあげるのか、どの技能に注目して改善するのを
細かく意識しながら練習をするようにしてみたいと思う。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/871-aa37a314