FC2ブログ
2014.02.07(Fri):日々の日記
明日は天気予報では大雪なのだそうだ。
外にでるのは無理と思ったほうがいいようだ。
となると、ひたすら家に閉じこもるということになる。

体調は悪くない。
ひたすら、3本の上でペダリングの試行錯誤をしてみようかと
思っている。



風邪で休んでいる間、ひたすらに考えたことは1つ。
一体何が一番正しいペダリングなのか?ということ。

ペダリングを最も適切に実施するために必要なステップは3つ。

1.正しいペダリング方法を知ること。
2.知ったとおりに体を動くようにすること。
3.正しい動きで反復練習をして身に付けること。

こうやって書くと当たり前のように思えるけれど、実はこの3つ
全てが非常に難しいことだと思う。

まず1。 
果たして正しいペダリング、理想のペダリングとはなんなのか?
これの答えを知っている人というのはいるのか?

世に出回っている多くの情報は、相互に矛盾していたり、根拠の
ない憶測だったり、なんとなく流行っていたりすることが非常に
多い。
一体、何が正しいのか? これは今のところ本当は良くわかって
いないのではないだろうか。


次に2。
できるようでいてできないのがこれ。
「武井壮が語るスポーツが上手になるコツが説得力ありすぎ!」を
検索すればわかる。
人間は、自分がコントロールできていると思うほど自分の体を
きちんとコントロールできていない。
これは、体の筋肉をコントロールする神経中枢が
「なるべくうまく体をコントロールしようとする」傾向ではなく
「なるべくいい加減な制御でいいやとサボろうとする」傾向を持って
いるからだ。
意識してコントロールしようとしないと、どんどんコントロールが
大雑把で下手になるという傾向。全く困ったものだ。
これのお陰で、自分の体のコントロールは常にほっておけば下手になる。
だから、知っていても思ったとおりに動かないというのは
むしろ当たり前だと考えた方がいい。

次に3。
正しい方法を知って、正しく制御できるようになっていて
そして、それを反復練習で身につける(神経中枢に覚えこませる)
これでようやく、正しいスキルが身につく。
でも、このスキルは常に磨いて置かなければ錆びついてダメになる。
そういう代物だ。

1~3どれもが私の場合、わかっていない、できていないこと。
こいつを1つづつなんとかしないと話にならない。


風邪を引いて体が動かないことは非常にいいタイミングだった。
間違えた反復練習をすることなく、ステップ1に集中をすることができた。
これに関しては、多分これが正解なのではないか?という解が
ようやくわかってきた。
いや、正確には最も説得力のある解説を見つけることができたというべきだろうか。
今後の練習はとりあえずこれをバイブルにしてみようと思う。

明日の反復練習はとにかく同じことを何度も何度もやって
体で実感して覚えることに集中しようと思う。




登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/955-75a2fdb9