FC2ブログ
2014.02.08(Sat):日々の日記
風邪を引いた後、なかなか元のトレーニング計画に復帰できていない。
体がついてこないというよりも、気持ちがついてこない感じだ。
なんとか、うまくコントロールしていたCTLが、ばっさり落ちてしまって
もう、パワーメータの数値を見るのも億劫になってしまっている。

これではいけない。

まずは、計画の立て直しからなのだが、これが結構気が重い。
現実を直視することになるのでそれが辛いからだ。

そこで、今、すぐにやるべきことの1つをこなしている。
それは、下手糞ペダルの矯正。

先日、妻にカメラで3本ローラーのペダリングをビデオに
とってもらった。
自分のペダリングを目の当たりにするのは初めて。
どんなものかと、ワクワクしてみたのだが・・・・

これが酷いものだった。
左右に体全体が揺れて、上体が上下に動いている。
ペダリング毎にふらふらしてしまっていて、体の力特に
上半身の力が全く下半身に伝わっていない。
上半身がふらついてしまっているので下半身の力が
不安定な上半身ににげてしまっている。

3本ローラーにはよく乗れるようになったし
結構安定してエアロハンドルも握れているので
すっかりペダリングはまずまずと安心してしまっていたの
でショックをうけた。

目だけはよく肥えているので、酷さだけはよくわかる。
これはいけない。


慌てて、Wifiのウェブカメラを調達して、スマホで見れるようにして
3本ローラーの上でリアルタイムにチェックできるようにしてみた。

ひどい・・これはひどい。


まずは、ペダリング矯正をしようということになった。
改めて、サイクリストトレーニングブックを読み直すと
実はペダリングの練習プログラムが準備されている。
なのに、いい加減に読んでいてちっともその通り
トレーニングしていないことに気がついた。

S1:高回転ペダリング:
1分かけてケイデンスを限界(ケツ跳ね無し)まで徐々にあげる。
ケイデンスを上げて、下肢、足首、特に足先をリラックス。
可能な限り限界のケイデンスを保つ。
3分以上休憩を挟んで何度か繰り返す。

S2:片足ペダリング:
片足に90%のちからをかけて回す。反対は惰性で回す。
通常よりも高いケイデンスで回す。疲れたら足を交代。
ペダルが上下するときに、トルクがかからない瞬間がないように意識を集中する。

これは、なかなかだ。
ペダリングを変えて、6時の踏み込みを無くして以来
今までうまく使えていなかった太ももの筋肉を有効につかえる
ペダリングの感覚が少し見えてきた。

まずは数日、体が練習に慣れてくるまでこのペダリング練習に
集中してみるつもりだ。



登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/956-8c721167