FC2ブログ
2014.02.09(Sun):日々の日記
ペダリングの矯正をずっとしていて、ふとパワーが出やすい
ペダリングを偶然発見した。

正確にはある程度狙っていたのだが、いままでうまくできなかった
体の動きが突然できるようになったのだ。

太ももを腸腰筋で持ち上げて、持ち上げきったところから
太ももの前の筋肉を使って踏み降ろそうとすると、もうそれは
2時を過ぎていて踏み込みのタイミングを失している。
つまり、遅すぎだ。

かといって、11時位から急に太ももに力をいれようとしても
ちっとも入らない。上死点の12時でガクンとしてしまって
ペダリングがスムースにならない。

そう、とにかくスムースにならない。


なら、最初から太ももで膝を展開しておく準備をしておいて
腸腰筋で膝を持ち上げながら徐々に太ももにパワーをかけて
いったらどうなる?

そう。これがうまくいく。
感覚としては、足の根元から膝に向けて力を入れるポイントを
少しずつずらしていくような、ムチをしならせるように力をいれて
足を蹴りだすように動かしてみる。

おおおおお?!
グインと力が入る。パワーも300Wをゆうに超える。
両足の片足ペダリング(S2:完全に反対足をはずさない方法)で
練習してみてから両方の足で蹴りだしてみる。
いける。これはいける。

3分間、思い切りこいでみる。
脚の根本から膝にかけて熱い感覚がじわっと走る。
でも、きつくはない。340W??これはすごい。
継続できる。してみる。
あ・・・・でも、心拍がガンガンあがってしまう。
もう少し、もう少し・・・・3分で心拍が178bpsに。
きっつ・・・フォームが崩れてしまいダウン。

すぐにパワーメータで確認すると、12月15日のHi-Bike杯
に数ワット劣るものの非常によいCP3の数値がでていた。
いける、これはいける。

こんな全然心の準備も体の準備もできていないで
一気にあげたパワー計測でここまで出る。


その後もこのペダリングを体に覚えこませようと練習をして
妻にペダリングとファンの音を聞いてもらう。

「体の揺れも少ないし、ファンの音(ペダリングスピード)も
 一定でいい感じだよ?」

おお、転んだけれども何かを拾ったかもしれない。
もう少し、もう少し探求をしてみたい。


登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/957-cb251952