FC2ブログ
2012.01.17(Tue):日々の日記
昨日吹っ飛んでしまったケイデンスセンサーの磁石だが
調べてみるとこれは本当に普通の磁石であることがわかった。
普通の磁石であるにもかかわらず、付属の磁石は小さくて
磁力が弱い。

センサーとの距離を3mmにするように説明書に支持がされているが
これはこの磁石の弱さによるものなのだろう。

だとすれば、磁石は強いものを使えばもっと余裕をもった
設置ができるということになる。

また、磁石の設置場所にも工夫ができるようだ。
ネットではペダルの固定部、ペダルの取り付けの反対側の
丸いくぼみに丸い磁石をはめ込む例があちこちに見れた。

これだと磁石の力でペダルに吸着していてそのうえで固定が
できる。2重に安定して固定ができるわけだ。

どうも、昨日の磁石のふっ飛ばしは

1.路面が荒いところで足がペダルから離れる
  (まだ、ビンディングをつけていないから。)
2.離れた足を無意識にペダルにつけるようにもがく
3.間違えてペダルではなくクランクを蹴飛ばす
4.けどばしたところに丁度磁石を固定している
  結束バンドがあった。
5.結束バンドは足の力であっという間に切れる。
6.磁石が自転車から脱落する。

という過程をたどったような気がしている。
というにも、やはりクランクに時々足が接触している
のは自覚しているので、昨日の破断がこの過程と
関係なくしても、いずれはこういうことが起きることが
簡単に予想できる。

だから、できれば、足に引っ掛かるような磁石の
固定の仕方を避けたいと思うのだ。

なので、足が接触しない場所に、引っかからない状態で
磁石を固定するということでペダルの固定部の反対側の
くぼみが適当だと思った。

磁石でくっつけた上には透明なテープで固定した。
これで吹っ飛ぶことはかなり少なくなるだろう。
もっとも、ふっとんでも所詮数十円の部品なので
それほど痛くもない。
予備を沢山買い込んでおいたので困ることはないだろう。


また、ケイデンスセンサーの方(計測部本体)も
ネットを見ているとずれたり回転したりしてホイールに
巻き込まれて破損する事例も見られた。

なんとか、これも避けたいのだが、チェーンステーに
固定する以外に自転車に固定する方法はなさそうだ。
とはいえ、結束バンド細い2つだけで固定するのは
あまりにも不安定だ。

そこで・・・・

1.厚めの両面テープをシートステーと
  ケイデンスセンサー本体に挿入。
  回転防止と、自転車の振動の軽減をする。
2.ケイデンスセンサーを取り付けて結束バンド
  2本で固定する(これはそもそもの固定法)
3.その上にサランラップを多重にしてから
  チェーンステーとケイデンスセンサー本体を
  ぐるぐる巻きで固定する。
  (これは、このあと固定する透明テープの
   粘着面が直接ケイデンスセンサーと接触
   しなくすることを主目的にする。)
4.サランラップの上から透明テープを巻き付けて
  本留めをする。

という方法をとった。
こあれで、雨風や泥や石からケイデンスセンサーを
守れるし、固定が2重3重になるので振動でずれる
こともなくなりそうだ。

見た目は・・・・ちょっとだが(笑)ま、これで
安心だろう。
妻には
「これ、買ってきてパッケージのついたままで
 とりつけたみたいだよ」
と笑われた。ま、そんな風に見える。

朝走ってみると、非常によく動いている。
当分これで様子を見ようと思っている。


走行時間  :1:48
走行距離  :43.4 km
平均速度  :23.9 km/h
最高速度  :41.4 Km/h
消費カロリー:1381 KCal

体重    :75.6 Kg
体脂肪率  :24.7 %
内臓脂肪  :13.0 %
体幹皮下脂肪:15.9%
BMI   :26.8
基礎代謝  :1681 KCal
骨格筋率  :30.9

本日: 44 Km
今月:871 Km



登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

登録してみました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://javision.blog.fc2.com/tb.php/99-c4aa45b1